【群馬】嬬恋高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

身だしなみに関する規定

服装について

登下校時には、制服、靴(サンダル等は不可)を着用のこと(休業中も同じ)。

学校指定の制服を着用すること。加工等は認めない。場合によっては再購入を依頼することもある。

体育着は、体育の時間に着用する。ただし、その前後1時限に限り着用を認める。(消掃時間は、体育着または部活動のジャージでもよい。)

女子のスカートは、加工をしていないものであること。ひざが隠れないものや極端に長いものは認めない。折り込みにより短くしたものも認めない。場合によっては再購入を依頼することもある。

女子でセーターを着用する場合は、本校指定のものとする。

女子のスカートの下にジャージをはく格好は認めない。

寒いと感じる場合は、ストッキング・タイツをはいてよい。その場合は、ソックスをはかなくてもよい。ただし、校外行事等、指示のあった場合は学校指定の紺のハイソックスとする。

男子は本校指定の学生服を着用し、その下は白のワイシャツ、開シャツとする。下に着るTシャツ等は派手でないものとし、シャツはズボンの中に入れる。

男子の冬服については、学生服の下のみセーター(黒もしくは紺、無地の上、ワンポイントまで)の着用を認める。

制服着用の際のベルトは黒・茶の無地とする。

冬のコートは、黒・紺・茶・グレーの無地とする。

やむを得ない事情により規定に反する服装を着用する場合は、異装願を提出して許可を得ること。身だしなみ指導を行い、違反の服装は学校で預かる。

夏服(6/1~9/30)について
  • 女子は指定のセーラー服を着用する。上に何かを着る場合は、指定のサマーセーターを着用する。
  • 男子は白のワイシャツ、開襟シャツを着用する。ただし、下に着るTシャツ等は、派手でないものとする。シャツはズボンの中に入れる。ワイシャツの上に何かを着る場合は、本校指定の学生服とする。

頭髪について

進路活動を踏まえ、高校生らしい髪型とする。(男子は耳・目にかからない。襟足は襟にかからない)

脱色・染色・パーマ等は認めない。ドライヤー等の掛けすぎによる変色等も含め、元の色に直す。

頭髪を黒く染め直したものが落ちてきて、変色が著しい者は直す。

地毛が茶色等である者については申し出ること。

髪留めについて

黒・紺・茶の無地で派手でないものとする。

装飾品等について

・ビアス・イヤリング・指輪・ネックレス等は認めない。装飾していた場合は学校で預かることとする。

・化粧・マニキュア等も一切認めない。長い爪も認めない。

靴下について

男子は白・黒・紺・グレーの無地のソックスで、ワンポイントまで可とする。

女子は紺のハイソックスで、ワンポイントまで可とする。ただし、校外行事等、指示のあった場合は

学校指定の紺のハイソックスとする。

上履きについて

・かかとを踏みつぶさない。

・落書きや加工してあるものは認めない。

その他

校内でのジャンパー・パーカー類の着用は部活動時を除き、原則として認めない。

生活態度について

アルバイト

アルバイトを希望するものは、必要書類を作成し、学校に届け出をさせた上で、保護者の責任のもとに行わせてください。

校外生活

・校外における各種競技会及び集会への参加又は団体への加入は、届け出て許可を得ること。

・印刷物等に関するものを発行するときは、内容を示し許可を得ること。

・学校名又は生徒会部名で対外交渉する場合は、許可を得ること。

タイトルとURLをコピーしました