【山形】鶴岡南高等学校山添校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

正装規程・服装規定

【冬服正装】
・男子 本校指定の学生服・冬ズボン、本校指定のワイシャツ
・女子 本校指定のブレザー ・冬スカート、本校指定のブラウス、ネクタイ着用、無地の黒ストッキ
ングまたはタイツ (2学期始業式は紺のハイソックスとする)
【夏服正装】
・男子 本校指定のワイシャツ(裾をズボンに入れる) ・夏ズボン
・女子 本校指定のブラウス(裾をスカートに入れる)・夏スカート、紺のハイソックス

【男子】
冬服
<上>
①指定の学生服を着用する。 (変形したものは認めない)
②学生服を脱ぐときは学校指定のワイシャツを着用する。
③中に着用するものは上着からはみ出ないものとする。
<下>
① 指定の冬ズボンを着用する。 (腰ばきや変形したものは認めない)
夏服
<上>
①指定のワイシャツを着用する。
②ワイシャツの上に華美でないベストの着用を認める。寒い場合は学生服を着用すること。
<下>
① 指定の夏ズボンを着用する。 (腰ばきや変形したものは認めない)
ベルト 制服にふさわしいものとする。 (黒 ・紺 ・茶系の色で装飾やデザインが華美でないもの)
ソックス 制服にふさわしいものを着用する。

【女子】
冬服
<上>
①指定のブレザー ・指定のブラウスを着用しネクタイまたはリボンを着用する。 (正装時はネクタイとする)
②中に着用するものは華美でないVネックのベスト、セーター、カーディガンのいずれ
かのものとする。 (上着からはみ出ないものとする)
<下>
①指定の冬スカートを着用する。
②丈は膝頭程度とする。 (購入時よりの改造はしないこと)
③冬期は指定スラックスの着用を認める。
夏服
<上>
①指定のブラウスを着用する。
②ブラウスの上に華美でないベストの着用を認める。寒い場合はブレザーを着用すること。その際、リボン・ネクタイ着用のこと 。
<下>
①指定の夏スカートを着用する。
②丈は膝頭程度とする。 (購入時よりの改造はしないこと)
ソックス ①制服にふさわしいものを着用する。
ストッキング ① 厳冬期 (12月~ 3月)は無地ストッキング(黒・紺)または無地タイツ(黒・紺)を着用する。

【その他】
ズック 学校指定のものとし記名があり破損のないもの
つ め 長すぎずマニキュア等は禁止
装身具 ピアス ・ネックレス・指輪などの装身具は禁止
カーディガン 学生服 ・ブレザーの中に着用すること(上着からはみ出ないものとする)

アルバイトに関する規程

(1) 基本方針
①保護者から所定の用紙で届出があった場合、保護者が全責任を負うことを前提に校長が許可する。
② 1年生は原則として夏休みから許可する。
(2) 許可条件
①学業 ・学校生活に支障をきたさないこと。
②教務規程第 5条(進級の認定)に触れる成績不振、欠席、遅刻、授業に集中できないなどがないこと。
③学校生活において校則違反がないこと。
④次の事項に該当しないこと
i. 宿泊をともなうもの
ii. 実働 8時間を超えるもの
iii. 午後 9時以降になるもの
iv. 危険を伴うもの
V . 風俗営業 ・酒類を主として提供するもの
vi. その他、高校生に適当でないもの
(3) 許可手続き
①保護者が全責任を負うことを了承する。
②アルバイト許可願 .誓約書 ・承諾書に必要事項を記入の上、担任へ提出する。
③担任が承認し、アルバイト担当へ提出
④アルバイト担当が承認し、生徒指導主事へ提出
⑤生徒指導主事が承認し、教頭、校長の許可を得る
⑥アルバイト担当が許可証を渡す。
⑦継続して行う場合は、年度ごとに許可の手続きをおこなうものとする。

タイトルとURLをコピーしました