【富山】富山北部高等学校の校則

富山県に対する情報公開請求により開示された2022年度の校則を掲載しています。

生徒心得

1 礼儀

(1) 登下校ならびに校舎内では、挨拶・会釈を積極的に行う 。
(2) 言動は丁寧・明 瞭・活発であるように心がける。

2 服装 ・ 頭髪

(1) 服装は服装・頭髪基準 (別記) に従い、登下校時は制服を着用する。
(2) 外出時は高校生らしい服装に留意する。
(3) 頭髪は清潔で簡素な髪型にし 、 高校生として見苦しくないようにする。

3 学業及び学習態度

(1) 時間を有意義に活用し、自学・自習の態度を身に付ける。
(2) 学習環境の整備に努める。
(3) 始業前に着席し、学習の準備をする。
(4) 学習上、不必要な書籍・用具類は持ちこまない。

4 通学

(1) 時間にゆとりをもって登校し、遅刻をしないように心がける。
(2) 通学途中、車内や公共の場では交通規則やマナーを守り、他人に迷惑をかけることのないように
する。
(3) 自転車は道路の左側を通行し、並列走行、二人乗り、信号無視、一時不停止、無灯火、路面
凍結時の運転、傘さし運転、携帯電話・スマートフォン・イヤホン等使用 な ど交通規則 に反することはしない。
(4) 雨天時の自転車通学には、レインウェアーを着用する。
(5) 身分証明書は常に携行する。
(6) 交通違反、事故に関係した場合(加害・被害ともに)は、直ちに担任に申し出て生徒指導部に届ける。

5 校内

(1)8時30分の朝学習開始に遅れないように教室に入る。
(2)登校後、下校まで許可なく校外には出ない。やむを得ない場合は、外出許可を受ける。
(3)校舎内では静粛にし、秩序を乱すような行動をとることのないようにする。
(4)飲食は指定の時間・場所(教室)で行う。
(5)貴重品は常に身につける。現金・物品を拾得または紛失した場合は、担任あるいは生徒指導部に届け出る。
(6)施設設備・器具・図書等は大切に取扱い、誤って破損した場合は直ちに担任あるいは関係教職員に届け出る。
(7)教室および担当区域の清掃は責任をもって行い、終了後は直ちに担当者に連絡し、点検を受ける。
(8)火災その他の事故災害が起きた場合は、直ちに教職員に通報すると共に、指示に従って行動する。
(9)校内では携帯電話の電源を切り、カバンの中に入れ、使用しない。

6 校外

(1)常に本校の生徒としての自覚をもち、社会規範に反する行動をとることのないようにする。
(2)外出するときは、あらかじめ用件・行き先・同伴者・帰宅時間を保護者に告げる。
(3)夜間の外出はつとめて避ける。やむを得ない場合でも午後9時までには帰宅する。女子生徒の夜間の単独外出は絶対にしない。
(4)友人宅での外泊はしない。
(5)パチンコ店・居酒屋等、高校生として好ましくない場所への出入りはしない。
(6)交通事故・街頭補導・その他の事故があった場合は、直ちに担任または学校に連絡する。
(7)アルバイトは原則として禁止する。やむを得ず行う場合は、必ず「アルバイト届」を提出する。
(アルバイトについてはp23参照)

7 交友

(1)思慮分別をもって友人と関わり、互いの人格・友情を高めるように努める。
(2)異性との交友は明朗・健全で、他人から誤解をまねくような行動をとらない。

8 願い出

(1)欠席・忌引をする場合は、保護者から学校(担任)に連絡する。(8時30分まで)
ア病気で一週間以上欠席する場合は、医師の診断書を添える。
イ忌引日数の基準は、次のとおりとし、授業日数から差し引かれる。
(1)父母の死亡(7日)
(ii)祖父母・兄弟姉妹の死亡(3日)
(iii)3親等の親族死亡(1日)
(2)遅刻した者は、職員室で「入室許可証」(様式1の左半分)をもらい、授業担当の先生に提出する。
(3)早退・外出については、必ず担任に申し出て「外出·早退許可証」(様式2)を受ける。
(4)掲示・集会・印刷物に閉しては、あらかじめ学校の許可を得る。
(5)身体の怪我等の理由で異装をする場合は、担任を通じ学校の許可を得て、当期間中は許可証を携行する。
(6)旅行をする場合は、事前に学校へ届け出る。
(7)自転車通学を希望する生徒は、自転車通学許可願を提出し、本校指定のステッカーを貼る。登校時には、所定の場所に置き、施錠する。
(8)バイク・オートバイ等の免許取得・乗用・購入は絶対にしない。
(9)運転免許取得を希望する場合は、自動車学校入校許可願を学校に提出し、学校長の許可を得る。
入校の時期は3年生の2学期末考査以降の決められた日からとし、運転免許センターでの学科試験は卒業後とする。

9 特別指導としての懲戒規定について

(1)校長は、校則違反、本校生徒としての本分に反した者に懲戒処分を行う。
(2)懲戒処分には、内規に従い退学、停学、謹慎および訓戒がある。
(3)懲戒処分の申し渡しは保護者同伴で行う。
(4)停学または謹慎の申し渡しを受けた者は、その期間中、担任または生徒指導部の指導を受ける。

◎服装・頭髪規準について

1 上衣〇冬・合・夏服すべて本校で定められたものを着用する。式等の際には正装とする。
〇ベスト及びカーディガンは、本校指定のもの以外は認めない。
〇冬服時は校章を付け、ネクタイを着用し、前ボタンを留めて登校する
2 スラックス(男子・女子)
スカート(女子)
〇本校指定のスラックス・スカートを着用する。
〇変形は認めない。
〇スカートの丈は直立の状態で膝が隠れるように着用する。
3 コート〇コート・ジャンパー等は高校生らしい色・型のものを選び、華美なものや余分なアクセサリーのついたものを着用しない。
4 靴通学用〇色·形とも高校生らしいものとする。
校内用〇学校指定のものに限る。(靴ひもは必ずつける)
5 ソックス
タイツ(ストッキング)
〇ソックスは白・紺・黒色を基調とし、華美なものは認めない。
〇タイツ(ストッキング)は黒色を基調とし、華美なものは認めない。
6 頭髪〇パーマ、変形カット、着色・脱色、その他の加工は認めない。
〇前髪は、眉にかからない程度。
〇髪は耳にかからないようにする。(男子)
〇もみ上げは、耳の中程。(男子)
〇後ろ髪はブレザーにかからない程度。(男子)
7 その他〇カバン類は高校生らしい色、型のものを選び、華美なものや余分なアクセサリーのついたものは用いない。
〇不必要な装身具は用いない。(ピアス、指輪等)
〇眉を剃ったり、化粧をしない。

※冬服・夏服・合服の着用期間については、その年の寒暖に応じて別途指示をする。

◎アルバイトについて

高校生のアルバイトについては、アルバイトの意義、効果といったものと、高校生に及ぼすいろいろな悪影梱などとの比重を考慮し、本校においては、原則として禁止している。やむを得ない場合として届け出制をとっている。ただし、1年生は学校生活及び学業に専念させることの主旨から、2学期末まで全面的に禁止している。また、課業中は全学年とも全面的に禁止している。
経済的な理由などでアルバイトをする場合には、アルバイト先について仕事の内容、職場の環境が生徒にふさわしいか、雇主が裔校生に理解があるかなどを調べたうえで、学校へ「アルバイト届」を提出する。
ただし、次の条件がある。
(1)家庭の事情などで、保護者からの願いのあった者。
(2)生徒本人に学習成績・学習態度上問題がなく、かつ学習に支障をきたさないこと。
(3)生徒本人に素行上の問題がないこと。
(4)仕事の内容が健全なものであり、危険を伴わないこと。職場は、衛生上、風紀上有害でないこと。
また、仕事が午後6時までに終わるものであること。
(5)雇用者との間に、傷害事故などの補償についての雇用契約がかわされていること。

タイトルとURLをコピーしました