【栃木】壬生高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

  1. 授業中はみだりに騒音を発したり, 私語をかわしたり, 座席を変更したりしない。
  2. 授業中の教室の出入は必ず教師の許可をうける。
  3. 試験には公正な態度で臨み, 不正なことはしない。
  4. 図書館では別に定めた規定を守る。

第3章 礼儀

  1. 校内校外をとわず挨拶の励行につとめる。
  2. 言葉遣いに注意し, 人に快い感じを与えるよう心掛ける。

第4章 服装及び頭髪

  1. 本校指定の制服を着用し変形してはならない。 また, 常にその端正と調和を考え ,衛生に気をつける。
    (1) 冬服(着用期間:10月1日 ~5月31日)
    〇男子
    ・ ジャケット, ワイシャツ, スラックス,ネクタイ
    〇女子
    ・ ジャケット, ブラウス, スカ ー ト, リボン
    (2) 夏服(着用期間: 6月1日 ~9月30日)
    〇男子
    ・ワイシャツ, スラックス
    〇女子
    ・ブラウス, スカート
    (3) 指定セーター ・ ベスト
    季節や気温の変化に応じて指定セーター・ベストを着用することができる。ただし, 儀式の時は別に指示する。
    (4) その他
    1 男子のベルトは黒または茶色とし, 革または合皮製で, バックルやベルト部に華美な装飾がないものとする。 ソックスは, 黒の無地とする。ただし,儀式の時は学校指定のソックスを着用する。
    2 女子のスカ ー ト丈は膝頭が隠れるくらい(膝蓋骨上端を基準)とする。 ソックスは, 紺のハイソックス(膝下丈ワンポイント可)とする。 ただし, 儀式の時は学校指定のソックスを着用する。また,11月から3月にかけて黒色のストッキングまたはタイツを使用してもよい。 ただし, 儀式の時は着用しない。
    3 冬服と夏服の移行期は前後1週間とする。
    4 夏服の期間に冬服のワイシャツ ・ ブラウスを着用することは可とする。
    5 防寒コー トは, Pコ ー トまたはダッフルコ ー トとし色は黒, 紺, 茶系とする。
    6 通学時の履物は, 黒及び茶の革靴または華美でない運動靴とする。
    7 上履き, 及び体育実技で使用する体育着体育館シューズ, グランドシューズは本校指定のものを使用する。
    8 通学時には, 学生鞄など教科書類が入るバッグ(華美でないもの)を使用する。
    9 化粧及び, ネックレス, ピアス, ブレスレット, 指輪, カラーコンタクトレンズなどの装飾品は禁止する。
  2. 頭髪は常に清潔に床ち, 高校生らしい髪型とする。
    (1)男子
    1 頭髪は, 目・耳・ワイシャツの標にかからないこと
    2 パーマネント類, 着色, 脱色等人為的に加工しない。
    3 ひさし髪, ソリコミ, マユソリは禁止する。
    (2) 女子
    1 パーマネント類, 着色, 脱色, エクステンション等人為的に加工しない。
    2 前髪は目にかからないこと。
    3 リボンやヘアバンドをつける時は, 黒,紺, 茶など目立たないものをつける。
    4 休日・休業中も登校の場合は制服を着用する。

第5章 保健および安全

  1. 常に健康に留意し必要に応じて健康相談をうける。
  2. 積極的に健康の保持増進をはかり疾病に対し, 安易に薬にたよらず, 身体の自然の治癒力をそなえる。
  3. 疾病は早期発見と早期治療につとめる。
  4. 常に窓の開閉に留意する。
  5. 校舎内外の環境整備に心がけ, 清掃,・ 美化, 安全につとめる。
  6. 毎月大掃除を行う。
  7. 火災その他校内に異常を認めた場合は速やかに教師に連絡する。
  8. 災害時の避難消防等の規定は別に定める。
  9. 常に安全を確認し, 毎月 一 度その点検を行う。

第11章 校外生活

  1. 友人宅への無断外泊は禁ずる。 その他の場合については学校及び保護者の許可を得ること。
  2. パチンコ店等には出入りしない。
  3. 夜間の1人歩きはさける。 (特に深夜の外出は, 栃木県青少年健全育成条例で制限されている。
  4. 他校生との交際にはお互いに問題を起こさぬよう留意する。
  5. 旅行やキャンプ, ハイキング等を計画する場合は, 必ず保護者から担任に届け出て指導助言を受け校長の許可をうけること。
  6. 原則としてアルバイトは禁止である。 但し, 長期休業中においてはその限りではない。 特別な事情がある場合はホームルーム担任に相談すること。

第12章 諸費納入と金品の貸借

  1. 学校に納入すべき諸費は所定の期日を守る。
  2. 金銭および物品の貸借はお互いにしない。

第13章週番

  1. 担任の指示を受け,全員が順番で服務する。
タイトルとURLをコピーしました