【栃木】鹿沼南高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

服装

(1) 服装は、各自の精神・家庭の品位・学校風紀の現れであるから、質素清潔を心がける。
(2) 制服・運動着・実習着・上履・実習靴等は、 指定のものを用いる。
(3) 夏服着用期間は、 6 月1日から 9 月30日、 冬服着用期間は、10月1日から 5 月31日を原則とする。
(4)コートは11月から3月末の期間。 タイツ、 ストッキングは冬服の期間着用しても良い。
(5) 規定以外の服装を着用するときは、 異装許可願いを出す。
(6) 制服
冬服
本校指定のシングル3ボタンス ーツ、 指定シャツ、 ネクタイ、 リボンを
着用する。 指定セーター 、 指定ベストを着用してもよい。
夏服
夏用のズボン(スカ ー ト)、シャツとする。指定ベストを着用しても良い。
靴下
 男子 紺(ワンポイント可)とする(式典時は学校のイニシャル入りを使
用する)。
 女子 紺のハイソックス(ワンポイント可)とする。 タイツ、 ストッキン
グは黒・肌色のものを着用する。(式典時は学校のイニシャル入りハイソックスまたはタイツ、 ストッキングを使用する)
ベルト
色 黒、 茶等地味なもの(柄、 金具など装飾のないもの)
コート
 色 黒、 紺等地味なもの
 型 スク ー ルコート、 ハー フコート

黒のコインロ ー ファ ー(革製か合皮製)または華美でない運動靴
(7) 頭髪 常に高校生にふさわしく、 清楚に整えるものとする。 パー マ ・ 染色・脱色
・エクステンション(付け毛)等を厳禁する。 また、 髪止めは黒 ・ 紺 ・ 茶色系のもののみとし、 その他アクセサリ ー を付けることは厳禁とする。

風紀

(1) 携行品 ・ 所持品
1学校生活に必要な物以外は学校に持参しない。
2生徒手帳と身分証明書は常に携行する。
3自分の所持品には、 記名をし、 貴重品の管理に十分留意すること。
4多額の金銭は学校に持参しないこと。
5携帯電話は学校内では使用しない。
(2) 遺失物、 拾得物
1金品を紛失、 盗難にあった場合、 および拾得した場合は速やかに関係教師に届ける。
2生徒間で金品を賃借したり;金銭を集めることはしない。
(3)懲戒事項
次の各号に該当する者は処罰の対象となる。 (弁償・訓戒・謹慎・ 退学)
1他人に暴力を加えた者。
2故意または過失により構内の器物を破損した者。
3校内所定の場所以外で火気を使用した者。
4試験の際、 不正行為を行った者。 または行おうとした者。
5飲酒 ・ 喫煙した者。
6凶器 ・ 不要の薬物を所持した者。
7学校の授業・集会・行事等を故意に妨害した者。
8不健全な飲食店・娯楽場・その他生徒として不適当な場所に立ち入りした者。
9服装規定に違反した者
10その他生徒としてふさわしくない行為をした者。

アルバイトについて

(1)原則として禁止する。
経済的にどうしても必要である場合は、 保護者からの願い出により保護者と十分相談の上、 学業成績、 事業所の様子などを検討して総合的に許可する。 (原則として土日 ・ 祝日のみ、 また、 長期休業中とする)
(2)アルバイトの内容は、 各種法令に適合するものであり、 以下の条件を満たすものとする。
1酒席に接する仕事をしない。
2危険物の取扱いをしない。
3危険と思われる場所での仕事をしない。
4衛生上有害であると思われる仕事をしない。
(3)定期試験において30点未満の教科科目があるものは認めない。 (学習に支障があると判断)
学期末評点で30点未満の教科科目があるものはアルバイト許可を中止する。
(4)学校生活・学習に支障がある場合は許可せず、 また許可を中止することもある。
(5)テスト ー 週間前からテスト終了まではアルバイトは禁止とする。
(6)アルバイトを実施する場合は、 1年の1学期終了後とする。 (学校生活に慣れるため)

運転免許証について

(1)原付免許取得は許可しない。 同乗もしない。
(2)自動二輪車免許取得は許可しない。 同乗もしない。
(3)普通自動車免許は第三学年の11月1日から入所手続きができる。
1許可条件
ア)生徒指導上問題のない生徒。
イ)進路が内定している生徒を原則とする。
ウ)成績不振(3 0点未満の科目がある)、 欠席過多など、 卒業が危ぶまれる要件がないこと。
エ) 2学期末以降については、 進路先での必要性を考慮し欠点を解消した生徒を許可の対象とする。
2免許取得の手続き
ア)自動車教習所入所届を提出すること。

タイトルとURLをコピーしました