【埼玉】鷲宮高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

1.一般心得
(1)本校生徒は学則その他の規程にしたがい、生徒としての本分に反しないように常に心がける。
(2)身分証明書、生徒手帳は常に携行し、紛失した場合には学級担任に届け出る。
(3)他人に迷惑をかけず、団体生活に積極的に協力する。
(4)心身の健全な発達を妨げるような外部の団体、クラブ、会などに加入してはならない。
(5)喫煙、飲酒、薬物乱用、暴力行為等の非行は、理由の如何を問わず、学校の内外の別なく厳禁する。

2.校内生活
(1)校舎内では静粛を旨とし、他に迷惑をかけるようなことがあってはならない。
(2)始業時刻、下校時刻を厳守する。
(3)やむを得ない事情により、欠課・早退もしくは外出する場合は、必ず学級担任に届け出て許可を得る。
(4)病気その他の事情により授業、学校行事を見学するときは、あらかじめ願い出て許可を得る。
(5)校舎を常に清潔に保ち、校具その他を大切に扱う。
(6)施設備品等を破損した場合は、学級担任または関係職員に申し出て指示を得る。
(7)教科書、教具、被服その他の所持品には、学年、組、氏名を明記する。
(8)貴重品は必ず身につけるか、貴重品バッグを利用して学級担任に保管を依頼する。
(9)火類を使用する場合は、学級担任または関係職員に届け出て許可を得、常に火災予防に注意する。

3.校外生活
(1)常に本校生徒としての名誉を重んじ誇りを失わないように心がけ、品位のある行動をする。
(2)通学途上においては生徒心得、交通法規、公衆道徳を守り、いやしくも他から非難をうけないように心がける。
(3)登下校の時刻を規則的に一定させ、特に帰宅時刻が遅れるときは保護者に連絡する。
(4)外出の際は行き先、帰宅時刻等を明らかにし、服装は高校生としての節度を保つ。
(5)夜間の外出は、やむを得ない事情がある場合のほかは、してはならない。
(6)風紀上好ましくない飲食店、喫茶店、娯楽場等に出入りしてはならない。
(7)保護者の承諾なしに外泊してはならない。
(8)互いに向上しあう真の友人関係を育むように努める。

4.自転車等による通学
(1)登録制により自宅から学校までの自転車通学が認められる。電動機付自転車は許可の上使用が認められる。
(2)運転操作上安全性を欠く自転車は許可されない。
(3)自転車利用者は下記の事項を厳守し安全運転につとめる。
1. 自転車利用者は毎日カッパを携行し、雨天時はカッパ、レインコート等を着用す
る。(傘さし運転は絶対にしない)
2. 2人乗り(サイドステップはつけない)・並進をしない。左側通行、夜間点灯など、自転車運転のルールを厳守する。
3. ライト、ブレーキ、ベル等の安全点検を怠らない。
4. 本校指定のステッカー(有料)を貼付する。
5. 故障等で、許可されている自転車以外で登校した場合は、必ずその旨を担任に報告すること。
6. ヘッドホンステレオや携帯電話を使用しての運転は法律で禁止されている。
(4)以上の規程に著しく違反した者は、自転車登録を取り消しされる場合がある。
(5)自転車を除く車両等(バイク、自動二輪車、軽・普通自動車等)による通学は一切認められない。

5.アルバイト
(1)アルバイトを行うときは、所定の用紙により許可願を提出し、事前に許可を得ること。
(2)アルバイトの許可は、年度当初またはアルバイトを始める時に得ること。
※長期休業中のみのアルバイトの許可は、各長期休業中ごとに得ること。
※考査1週間前から、アルバイトを全面禁止とする。
※成績不振(欠点)の場合には、それ以降の学期で成績不振(欠点)が解消されるまでアルバイトを禁止する。
(3)アルバイトの許可は長期休業及び土曜・日曜・祝日に限る。ただし特別の理由がある場合には、保護者の申し出により、上記以外のアルバイトが許可される場合がある。
(4)アルバイトを許可された者には、「アルバイト許可証」が発行される。この許可証は常に携行し、期限終了後は必ず返還すること。
(5)必ず22:00迄に帰宅を完了すること。
(6)無許可でアルバイトを行った者は、相応の指導措置をうける。
(7)職種について下記のものは許可されない。
1風紀上不適当な飲食店、娯楽施設等
2労働条件が「基準」に適合しないものおよび危険を伴うもの
3宿泊を要するもの
4その他、心身の健全な発達に悪影響を及ぼす恐れのあるもの

6.旅 行 等
(1)個人またはグループ(部活動等を含む)で旅行するときは、保護者の承諾書を添えて所定用紙を以て学校に届け出て許可をうける。
(2)学校行事、部活動等を除く男女混成の旅行グループは許可されない。
(3)旅行届の提出がなければ学割(生徒旅客運賃割引証)は発行されない。
(4)旅行中は「生徒心得」を守り常に本校生徒としての自覚を保持する。

7.服装・頭髪等
(1)服装は服装規程を守り、常に質素で品性を保つよう心がけ、華美にならないよう注意する。
(2)登下校の際等で、やむを得ない事情により制服を着用できないときは、異装願を学級担任に提出し許可を得る。
(3)高校生らしい清潔な髪型を保ち、次のような異様な髪型や頭髪にしてはならない。
1パーマやカール・ウェーブ(ドライヤー・カーラー・こてなどによる)
2染色・脱色(ドライヤ-のかけすぎによるものを含む)
3男子の長髪(前髪は目の上、横は耳がかくれない程度まで。後髪はYシャツ・ジャケットの襟までとする。)
4その他、高校生らしくない髪型
(4)眉毛(まゆげ)を剃ったり、剃り込みを入れたりしてはならない。
(5)制服の着替日は原則として下記の通りとする。
冬季 10月1日~5月31日
夏季 6月1日~9月30日
ただし、その年度の気温等により柔軟に対応する。
(6)細則については別途、伝達する。

8.集会及び掲示
(1)集会またはその他の活動を行う場合は、必ず事前に学級担任または関係顧問職員に届け出て許可を受ける。
(2)文書、印刷物を発行配布するときは、関係職員の許可を受ける。
(3)校内に掲示、貼紙、陳列、配布等をする場合は、関係職員の許可を受ける。
(4)対外試合、対外的集会その他校外の催し物に参加する場合 は、学級担任または関係顧問を経て、学校長の許可を受ける。

9.諸願届
(1)欠席、欠課、遅刻、早退、忌引等をする場合は、その理由を学級担任に申し出るとともに、定められた届を提出する。届は事前に提出しなければならないが、やむを得ない場合は事後直ちに申し出、提出する。
(2)病気欠席が1週間以上にわたる場合は、医師の証明書を添える。
(3)保護者、本人または保証人が、転籍、転居、氏名変更などをした場合は、直ちに届け出ること。

10.そ の 他
(1)自宅または近隣に感染症が発生した時は、学校に連絡して指示を得る。(2)目上の者に対してだけでなく、友人相互の礼儀を重んじ、正しい言葉づかいをするとともに、挨拶を励行する。
(3)休日等に登校し、学校の施設・備品を使用する時は、事前に学級担任または関係職員に申し出て許可を得る。

服装規程

 男子女子
上衣(指定業者)学校指定のもの(夏季は省略してもよい)
スラックス(指定業者) 学校指定のもの 
共地ベスト・スカート(指定業者)  学校指定のもの
Yシャツ白無地(夏季は半袖のものでよい)のスクールワイシャツ。ボタンダウンは不可。
ネクタイ(指定業者) 学校指定のもの 
リボン(指定業者)  学校指定のもの
オーバーコート
レインコート
黒・紺・灰・茶で無地のスクールコート・トレンチコート・Pコート・ダッフルコート
靴下地味な色(白、黒、灰、紺)

黒又は肌色のストッキングまたは白、黒、灰、紺のソックス。ルーズソックスは不可。

黒、紺、茶の標準的な短靴、体育の授業の時に認めているスポーツシューズ 

防寒用セーター(指定業者)

 学校指定のもの
ニットベスト(指定業者) 学校指定のもの
防寒用マフラー派手でないもの。但し、登下校時のみ着用
ベルト黒、紺、白、茶の単色で柄のないもの。素材は革、合成皮、布で幅2cm以上。 
通学バッグ学生カバン、スポーツバッグ、デイバッグ

注: 夏季は女子は必ずベストを着用すること

着用規定

【制服着用基準】
1.「制服着用基本一覧」を基本とする。
2.夏季略装時は、女子は共地ベストまたはニットベストを必ず着用する。冬季はセーター着用も可。
3.夏季略装時はブレザーを着用しなくても良い。
4.夏季略装期間に於いてネクタイ・リボンは着用しない。(ブレザー着用時は着用)

【行事・集会時の服装】
1.入学式・卒業式は正装で臨む。
2.第1学期の始業式・第2学期の終業式・第3学期の始業式 ・終業式にはブレザーを着用する。
3.第1学期の終業式・夏休みの全校集会・第2学期の始業式には「制服着用基本一覧」の夏季略装で臨んでもよい。
4.その他の集会・行事に於いては、気候にあった服装を各分掌 ・係が適宜提案する。

【制服着用基本一覧】

 正装10月~5月夏季略装(6月~9月)
基本パターン応用パターン1応用パターン2基本パターン応用パターン1
男子制ブレザー  
ズボン
ネクタイ着用しない
シャツYシャツ
指定セーター     
指定ニットベスト    
女子制ブレザー  
スカート
共地ベスト   
リボン着用しない
シャツYシャツ
ブラウス
指定セーター     
指定ニットベスト    
タイトルとURLをコピーしました