【埼玉】誠和福祉高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

1 服装・身だしなみ
(1) 服装規程を守り、高校生らしく爽やかな身だしなみを心がける。
(2) 上履きや体育館シューズをきちんと履き分け、汚れを持ち込まないようにする。

2 所持品の管理
(1) 現金・貴重品は必ず身につけておく。
(2)所持品には必ず氏名を明記する。 (制服やジャージにも)
(3) 自転車には必ずカギをかける。
(4) 学業に必要でないものは持参しない。

3 登下校
(1) 自転車の安全運転を心がける。 (歩行の際も安全を確保する)
※守るべき事=雨カッパの着用、交差点での一時停止
※禁止事項 =二人乗り、傘さし、並列走行、携帯使用、ヘッドホン、無灯火
(2)防犯を心がけ、必ず 2人以上で下校する。非常時はすぐに 11 0番すること。
(3) 登下校時の服装は制服が原則。 (通常はジャージ姿などを認めていない。)

4 欠席・遅刻・早退・外出について
(1)欠席、遅刻をする場合は、保護者から学校へ連絡してもらう。
(2) 早退する場合は、担任から早退許可書をもらい、帰宅したら確認の電話連絡を学校にする。
(3) 登校後、やむを得ず外出するときは担任から外出許可書をもらう。

5 ルール違反の際には「預かり指導」がある。
(1) 携帯電話は校内では使用禁止。登校前に電源を切りバッグにしまっておく。校内で手にとったり、授業中に呼び出し音を嗚らしたりした場合は預かりとなる。
(2) 自転車の二人乗りや傘さしで運転をした場合は、自転車を預かる等の指導をする。
(3) アクセサリー(ピアス等)や違反の服装等をしていた場合、それらを預かる。

6 テスト欠席の際の注意、作品製作やレポート製作についての注意
(1)病気等で定期考査を欠席した場合には、その日の日付が記入されている証明書(レシートや薬袋)
を提出しなければならない。
(2) 作品製作(家庭科や美術等)や課題レポート等は、自力でやること。保護者や友人等に手伝ってもらった場合は不正行為(カンニングと同等)となる。

7 携帯サイト(インターネット)の利用
個人情報を安易にネット上に流してはいけない。問題のあるプログ・プロフ等をつくってはいけない。また、それらを見たり、書き込んだりしてもいけない。

8 アルバイト・旅行について
(1) アルバイトは原則として禁止とする。家庭の事情により必要な場合は保護者からの「アルバイト
許可願」を提出すること。ただし、成績不振、 21時以降の勤務は認めない。
(2)旅行は、保護者またはそれに代わる指導者の同伴がない場合は、 「旅行願」を提出する。

9 校外生活
(1) 無断外泊は禁止。外泊には必ず保護者の承諾が必要となる。
(2) 学校外の団体の催しに参加する場合は、保護者の承諾と学校の許可を得ること。

服装規定

男子 高校生らしく爽やかに
 規定備考
制服○ジャケット・ズボン(学校指定)
○ジャケットには校章をつける
○登下校時は必ずジャケットを着用のこと
○ズボン等の変形・破れは不可
○ベルトは黒・茶の単色、革・合成皮革(バックルや穴の金属部分が目立たないもの)
シャツ○淡青の長袖シャツ(学校指定)
○夏用は半袖ジャツ(学校指定)
○裾はズボンの中に入れる
○半袖シャツは希望者が購入
○シャツ内の Tシャツ(色物・柄物)等は不可
ネクタイ○綾ストライプ(学校指定)・○10月~5月(夏服期間外)には必ず着用
○6月~9月(夏服期間中)は着用も可
ソックス○白・黒・紺・灰色の靴下
○素足で靴を履くことは不可
○無地(柄物でないもの)、ワンポイントは可
○アンクルソックス等は不可
セーター○学校指定(灰の Vネック)○ジャケットを必ず着用した上で、防寒用としてセーターを着ることを認める。
○授業時間帯(校内)のセーター姿は許可
ベスト学校指定(灰色)○年間を通じて着用可
コート○高校生としてふさわしいもの(黒・紺・茶・灰)○学生向きのダッフルコートやピーコートなど
マフラー○高校生としてふさわしいもの(色・形が奇抜でないもの)○自転車に乗るとき危険のないようにする
体育着○学校指定 
雨合羽○明るい色(クリーム色等)で丈夫なもの○自転車通学者全員
○中学時のものを継続して使用することも可能
頭髪○パーマ、カール、染色・脱色などは一切禁止○特殊な髪型禁止
○長さ、髪形など見苦しくないもの
アクセサリー○一切禁止 
カバン○スクールバック・スポーツバッグ・リュック等で色・形・素材などが華美・奇抜でないもの○勉強用具、体育着、実習着などを入れるための機能的で丈夫なかばん類を使用すること。
履物通学用○学生靴(黒または茶系)
○スニーカー
○スポーツシューズ
○かかとの高くないもの
○華美でないもの
校内用上履き(学校指定)「かかと」をつぶさない。
その他

○眉を細くする事、だらしなくズボンをはくこと、ピアス、化粧、カラーコンタクトなど、本校での生活にふさわしくないことは一切禁止

女子 高校生らしく爽やかに
 規定備考
制服○ジャケット(学校指定)
○ジャケットには校章をつける
○スカート・スラックス(学校指定)
○スカート丈は、ひざ頭の上端にかかる長さ
○通年でスラックスの着用可、スラックス着用時はリボンかネクタイを選択
○ベルトは黒・茶の単色、革・合成皮革(バックルや穴の金属部分が目立たないもの)
シャツ○淡青の長袖シャツ(学校指定)
○夏用は半袖ジャツ(学校指定)
○裾はスカートの中に入れる
○半袖シャツは希望者が購入
○シャツ内の Tシャツ(色物・柄物)等は不可
リボン
ネクタイ
○綾ストライプ(学校指定)
○スラックス着用時のみネクタイ可
○10月~5月(夏服期間外)には必ず着用
○6月~9月(夏服期間中)は着用も可
ソックス○紺・黒のハイソックス
○素足で靴を履くことは不可
○無地(柄物でないもの)、ワンポイントは可
○色・形など推奨品に準じたものを各自で購入
ストッキング○黒、ベージュで無地(ベージュのときはソックスを着用)○すべて無地(目立たなくても柄物は不可)
セーター○学校指定(灰の Vネック)○ジャケットを必ず着用した上で、防寒用としてセーターを着ることを認める。
○授業時間帯(校内)のセーター姿は許可
ベスト学校指定(灰色)○年間を通じて着用可
コート○高校生としてふさわしいもの(黒・紺・茶・灰)○学生向きのダッフルコートやピーコートなど
マフラー○高校生としてふさわしいもの(色・形が奇抜でないもの)○自転車に乗るとき危険のないようにする
体育着○学校指定 
雨合羽○明るい色(クリーム色等)で丈夫なもの○自転車通学者全員
○中学時のものを継続して使用することも可能
頭髪○パーマ、カール、染色・脱色などは一切禁止○髪を結ぶゴムは、黒・紺・茶のみ可
○リボン、飾りは不可
アクセサリー○一切禁止 
カバン○スクールバック・スポーツバッグ・リュック等で色・形・素材などが華美・奇抜でないもの○勉強用具、体育着、実習着などを入れるための機能的で丈夫なかばん類を使用すること。
履物通学用○学生靴(黒または茶系)
○スニーカー
○スポーツシューズ
○かかとの高くないもの
○華美でないもの
校内用上履き(学校指定)「かかと」をつぶさない。
その他

○眉を細くする事、ピアス、マニキュア、爪をのばす事、光沢爪磨き、着色リップ、化粧、カラーコンダクトなど、本校での生活にふさわしくないことは一切禁止

タイトルとURLをコピーしました