【埼玉】松山女子高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

服装規定

登下校および授業時は、本校の規定に従った制服を正しく着用すること。また、休日に補習授業や部活動等で登校する際も同様の扱いとする。やむを得ず制服外の着衣を用いるときは必ず校長宛に異装願を提出すること。

冬服

冬の通学服はセーラー型上衣とひだスカートとする。

  • 生地は濃紺のサージとする
  • 襟には白線を3本つけ、規定の襟章2個をつける
  • 胸開きに共布の胸当てをつける(白線はつけない)
  • リボンは黒で規定の形態のものをつける

夏服

夏の通学服は長袖(または半袖)のセーター型上衣とひだスカートとする。

  • 生地は白のブロード、襟および袖先は濃紺サージとする
  • 襟,袖先には白線3本つけ、襟には規定の襟章2個をつける
  • 胸開きに白布の胸当てをつける
  • リボンは冬服と同様とする

オーバーコート

色は黒,茶,紺(濃紺),グレー,ベージュとし、デザインの派手でないものとする。オーバーコートとしてパーカー,ジャンパー類は不可とする。

セーター,カーディガンおよびベスト

色は黒(真黒),紺,濃紺,白いずれかの無地とし、デザインは派手でなく、ワンポイント(4cm×4cm以内)のみ可とする。また、編み込み,カラーボタン,変形ボタンは不可とする。

靴下

ソックス,ハイソックスは無地の黒,紺,白としワンポイントまで可とする。踝の見えるものは不可とする。タイツ,ストッキングは無地の黒,紺(濃紺),ベージュとする。装飾のあるものは不可とする。防寒用のレッグウォーマー類は無地の黒,紺(濃紺)とし、厚手,たるみのあるものは不可とする。

校章

規定のものを上衣左胸部につける

頭髪・化粧

パーマ,染色,脱色,アイロン,加工,化粧,装飾品(ピアス,ネックレス,指輪など),カラーコンタクト,グロス,色付きリップを厳禁する

履物

  • 登校用履物は生徒としてふさわしい靴(ローファーを基準とし、履きづらい場合は単色の黒,茶,白のいずれかで踵の高くないもの)とする
  • 上履は学年別に色のついた白のズック靴とし、踵をつぶして履かないこと。。なお、上履での体育館・小体育館・格技場への立ち入りは禁止とする

体育時の服装

  • 体育時の服装(シューズ,水着,帽子等含む)は全て学校指定のものとする
  • 体育館シューズは体育館,部室棟で運動をするとき、または指示されたときに使用し、他の場所での使用は禁止する
  • 体育時の服装の更衣は次の通りとする
    • 5月1日より10月32日までの期間
      学校指定の半袖シャツと短パンを着用する
    • その他の期間
      学校指定のトレーニングウェアを着用する

異装許可

やむを得ず制服外の着衣などを用いるときは「異装許可願」を提出すること

備考

  • 更衣の期間
    夏服:6月1日  冬服:11月1日
    ただし、5月1日より5月31日までおよび10月1日より10月31日までは冬服、夏服の何れかでも可とする。
  • ベルト使用の場合
    色は単色の黒とする
    • スカートを短くする目的の仕様を禁じる
    • スカートサイズが合わなくなった場合のみ使用を認める
タイトルとURLをコピーしました