【埼玉】狭山経済高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

1. 通学

(1) 登下校の際は交通道徳を守り、安全に徹し、他に迷惑をかける行動を慎む。
(2) 始業時刻前に余裕をもって登校し、下校時刻を守りすみやかに帰宅する。
(なお、下校時刻は、担任、顧問等指導教員のいる場合はその指導が終わる時刻、いない場合は 17時とする。)
(3) 自転車通学を希望する者は、願い出て許可を受ける。通学に使用する自転車には所定の「ステッカー」を貼ること。また、駐輪場所は各学年所定の場所に止めること。
(4) バイク等による通学は禁止する。バイク・自動車の免許取得については別に定める規程による。

2.授業

(1) 始業のチャイムが鳴ったら直ちに授業が開始できる態勢を整える。
(2) 授業には真剣に取り組む。
(3) 自習時間は有効に活用し、みだりに出歩くなど他に迷惑をかけない。
(4) 遅刻・早退・欠課・外出の場合は教科担当又は学級担任に申し出て必要な許可証の交付を受ける。
(5) 教科書その他必要な教材を忘れた場合は教科担当に申し出て指示をうける。

3.礼儀

(1) 粗野・乱暴な言動は厳に慎み、常に品位を保ち、相互の立場を尊重する。
(2) 職員・来客の応対には失礼のないよう注意する。

4.清掃

(1) 学校を常に清潔に保つよう心掛ける。
(2) 清掃分担区域は毎日清掃する。
(3) 終了後は監督者に報告する。
(4) 火気・電気等を扱う場合は関係職員の指示に従う。

5. 交際

(1) 交際は公明・明朗で節度のあるものとする。

6.服装

(1) 服装・頭髪・所持品等は清潔で品位のある端正なものとする。
(2) 細部については別に定める「服装規程」による。

7.携行品

(1) 金品の所持は必要最小限にとどめ、また、学校生活に不必要なものは持ち込まない。
(2) 所持品は記名し、保管に留意する。
(3) 生徒手帳・身分証明書は常に携行する。
(4) 盗難・紛失・拾得の際は関係職員に直ちに届け出る。

8.施設・設備の使用

(1) 学校は機械警備であるので、下校時刻を守り、施錠後は校舎内に立ち入らない。
(2) 校舎・用具・教材は丁寧に扱い、破損・損傷した場合は、関係職員に申し出て指示を受ける。
(3) 自分のホームルーム以外の教室等には授業と必要な場合以外はみだりに出入りしない。

9.集会及び文書配布等

(1) 許可なく団体を組織し、集会を開いたり、文書を配布または掲示し、或いは
金品を集めたり、物品を販売してはならない。

1 0.校外生活その他

(1) 外出する場合は保護者に必ず連絡をしておく。夜間の外出お睦ける。やむをえない場合以外は外泊しない。
(2) 事故・災害及び伝染病が発生した場合には、速やかに学校に連絡して指示を受ける。
(3) 生徒としてふさわしくない喫茶店・飲食店・娯楽場等への出入りはしない。
(4) 飲酒・喫煙・薬物の乱用その他法に触れる行為をしてはならない。
(5) 学校の内外、理由のいかんを問わず暴力行為は禁止する;
(6) SNSなどインターネットを適切に使用すること。誹謗・中傷、他人の個人情報、自身の個人情報を公開することを禁止する。

1 1. 届・願の提出

(1) 各種届・願は別に定める様式により、すべて保護者より担任を経て校長に提出する。
(2) 長期休業中等に旅行する場合は、 「旅行届」をHR担任に提出する。
(3) アルバイトをする場合は、別に定める「アルバイげ規程」に従い、手続きをとる。

服装規定

制服(男子)
学校指定の紺色スーツ上下とし、正しく着用する。校章を左襟につける。
夏季 (6月~ 9月)は上着を着用しないでよい。
ズボンのベルトは黒・紺・茶系統の単色とし;過度な装飾・加工が施されたものは禁止とする。
制服の加工は、おこなわない。細部は制服規格による。

制服(女子)
学校指定の紺色ベスト付きスーツとし、正しく着用する。 スカート丈は膝丈とし、膝頭に裾がかかるものとする。校章を左襟につける。
夏季(6月~ 9月)は上着を着用しないでよいが、ベストは着用する。
制服の加工は、おこなわない。細部は制服規格による。

シャツ 
学校指定のもの。下に色柄の強いTシャツなどを着用しないこと。

ネクタイ 
学校指定のもの。夏季 (6月~ 9月)は着用しなくてもよいが、上着やセーターを着る場合は着用すること。

セーター等
学校指定のもの。原則として冬季 (10月~ 5月)に限り、上着の下に(女子はベストに替えて)着てよい。ただし、セーター姿での登下校は認めない。校内ではセーター姿のままでも可とするが、儀式的行事の際は着用を認めない場合がある。
手袋・マフラー・レッグウォーマー等の防寒具は、華美でないものとし、登下校時のみ可とする。

靴下
白・紺・黒系統のもので、無地のもの。ただし、ワンポイントが入っていてもよい。冬季(10月~5月)にストッキングやタイツを着用する場合は、肌色または黒系統で無地のものとする。

コー卜
原則として冬季(10月~5月)に限り、以下に示す基準を満たすコートを上着の上に着てよい。
形状はピーコートやダッフルコート等。色はグレー・黒・紺系統とし、無地であること。
また、長さ(丈)は膝ぐらいまでを標準とする。

通学靴
黒または茶の標準革靴侮靴…足首から下の浅い靴)。または華美でないスポーツシューズ。サンダルや下駄、ブーツなどは不可とする。

上履
学校指定のもの。

運動用靴
学校の指導するもの。

通学用鞄
黒またi誌甘の標準学生應または良識のあるスポーツバックなど

体育着等
学校指定のもの(体育科の指示に従うこと)

頭髪
清潔・端正を旨とし、パーマ加工・縮毛矯正・染色・脱色・エクステンション着用・剃り込み等、特殊な髪形は禁止する。

その他
ネックレス・ピアス・指輪・マニキュア・化粧・カラーコンタクト等、身体に不必要な装飾を施すことは一切禁止する。

※入学後、制服・指定セーター・ワイシャツ・ネクタイ・上履・体育館履・体育着を補充、再購入する場合には、各自で来店し購入してください。校章とボタンについては学校でも取り扱っていますが、在庫がない場合もあります。詳しくは職員室まで問い合わせてください。

タイトルとURLをコピーしました