【埼玉】吉川美南高等学校(全日・定時)の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

全日制

生徒心得

整容

  1. ブレザー、スラックス、スカート、シャツ、ネクタイ、リボン 、セーター、ベストは指定の物を着用する。変形は厳禁。
  2. ベルトは皮革または合成皮革のもので、黒か茶のものを使用する。華美な装飾(バックルやスタッツ等)のものは不可。
  3. 靴下は白、紺、黒、グレーで、無地またはワンポイントの物。くるぶしが隠れる長さ。
  4. 黒、ベージュ、紺の無地ストッキングまたはタイツは使用して良い。
  5. 登下校の靴は学生用革靴(黒または茶、かかとの高い物は不可)または運動靴を使用する。
  6. 正しく着る

正しい着方(普段の生活)

冬服
  • シャツは第一ボタンまでしめる。
  • ネクタイ・リボンはシャツの第一ボタンが隠れるようにしっかり結ぶ。
  • スラックスをはく場合は、ネクタイを着用する。
  • スラックスは腰骨の上できちんとはく。
  • スカートは膝がかくれる長さとする。
  • セーター・サマーベストは適宜着用してよいが、だらしなくならないようにする。
  • ブレザーは適宜脱ぎ着して良い。ただし、着用しない場合も登下校時は必ず持ち歩く。
  • 職員室、教官室、準備室等に入室する際はブレザーを着用し、ボタンを全てとめる。
  • 考査時、スラックスをはく場合はネクタイ、スカートをはく場合はリボンを着用する。
夏服
  • シャツは第二ボタンまでしめる。
  • ネクタイ・リボンはしない。
  • スラックスは腰骨の上できちんとはく。
  • スカートは膝がかくれる長さとする。
  • ブレザーは着用してもよいが、その際は冬服の規定に準ずる。(ネクタイ・リボン、シャツのボタン)
  • セーター・サマーベストは適宜着用してよいが、だらしなくならないようにする。
  • 職員室、教官室、準備室等に入室する際は袖を伸ばしてボタンをしめる。

正しい着方(正装)

式典等の全校で集まる場では正装とする。普段の正しい着方に加えて以下の項目も守る。

冬 服
  • ブレザーを着用する。
  • ブレザーのボタンは全てとめる。
  • スラックスをはく場合はネクタイ、スカートをはく場合はリボンを着用する。
  • セーター・サマーベストは着用しない。
夏 服
  • 長袖シャツの場合は袖を伸ばしてボタンもとめる。
  • 長袖セーターは着ない。
  1. 5月1日~10月31日までを夏服の期間とする。(移行期間は特に設けない)
  2. 学習活動に適した大きさのカバンを持ってくる。(目安はA4のファイルが入る大きさ)
  3. 教室内では防寒具(コート、手袋、マフラー、ネックウォーマー、耳あて等)を着用しない。
  4. その他整容に関する禁止事項
    • 装飾品(ピアス・指輪・ネックレス・ミサンガ等)※ピアスの穴を空けることも厳禁
    • 化粧(色付きリップ、色付き日焼け止めを含む)
    • マニキュア・ペディキュア・髭
    • 整形、アイプチ・入れ墨・長い爪
  5. 頭髪は男女共、学校生活にふさわしい髪型とし清潔を保つ。
    【頭髪の目安】
    (男子)-目と耳にかからず、後ろ髪が襟にかからない長さ
    (女子)-前髪は目にかからないようにする(切るかピンでとめる)
  6. 頭髪に関する禁止事項
    • 染色・脱色・パーマ・付け毛(エクステ)
    • 巻き髪・極度の色落ち(ドライヤーやヘアアイロンによる傷み等も含む)
    • 派手な髪型(ツーブロック・ライン・ドレッド・整髪料・モヒカンなど)

定時制

生徒心得 第二章 整容

1 . ブ レ ザ ー 、 ス ラ ッ ク ス 、 スカート 、 シ ャ ツ 、 ネ ク タ イ 、 リ ボ ン 、 セーター 、 ベストは指定の物を着用する。変形は厳禁。
2 . ベ ル ト は 皮 革 ま た は 合 成 皮 革 の も の で 、 黒 か 茶 の も の を 使 用 す る 。 華 美 な 装 飾(バックルやスタッツ等)のものは不可。
3 . 靴下 は 白 、 紺 、 黒 、 グ レ ー で 、 無 地 ま た は ワ ン ポ イ ン ト の 物 。 く る ぶ し が 隠 れる長さ。
4.黒、ベージュ、紺の無地ストッキングまたはタイツは使用して良い。
5 . 登 下 校 の 靴 は 学 生 用 革 靴 ( 黒 ま た は 茶 、 か か と の 高 い 物 は 不 可 ) ま た は 運 動 靴を使用する。
6.正しく着る
~正しい着方(普段の生活)~

冬 服
・ シ ャ ツ は 第 一 ボ タ ン ま で し め る 。
・ ネ ク タ イ ・ リ ボ ン は シ ャ ツ の 第 一 ボ タ ン が 隠 れ る よ う に し っ か り 結 ぶ 。
・ ス ラ ッ ク ス を は く 場 合 は 、 ネ ク タ イ を 着 用 す る 。
・ ス ラ ッ ク ス は 腰 骨 の 上 で き ち ん と は く 。
・ スカート は 膝 が か く れ る 長 さ と す る 。
・ セーター ・ サ マ ー ベ ス ト は 適 宜 着 用 し て よ い が 、 だ ら し な く な ら な い よ う に する 。
・ ブ レ ザ ー は 適 宜 脱 ぎ 着 し て 良 い 。 た だ し 、 着 用 し な い 場 合 も 登 下 校 時 は 必 ず 持ち歩く。
・ 職 員 室 、 教 官 室 、 準 備 室 等 に 入 室 す る 際 は ブ レ ザ ー を 着 用 し 、 ボ タ ン を 全 て とめる。
・ 考 査 時 、 ス ラ ッ ク ス を は く 場 合 は ネ ク タ イ 、 スカート を は く 場 合 は リ ボ ン を 着用する。

夏 服
・ シ ャ ツ は 第 二 ボ タ ン ま で し め る 。
・ ネ ク タ イ ・ リ ボ ン は し な い 。
・ ス ラ ッ ク ス は 腰 骨 の 上 で き ち ん と は く 。
・ スカート は 膝 が か く れ る 長 さ と す る 。
・ ブ レ ザ ー は 着 用 し て も よ い が 、そ の 際 は 冬 服 の 規 定 に 準 ず る 。( ネ ク タ イ ・ リ ボン、シャツのボタン)
・ セーター ・ サ マ ー ベ ス ト は 適 宜 着 用 し て よ い が 、 だ ら し な く な ら な い よ う に する 。
・ 職 員 室 、 教 官 室 、 準 備 室 等 に 入 室 す る 際 は 袖 を 伸 ば し て ボ タ ン を し め る 。

~正しい着方(正装)~
式典等の全校で集まる場では正装とする。普段の正しい着方に加えて以下の項目も守る。
冬 服
・ ブ レ ザ ー を 着 用 す る 。
・ ブ レ ザ ー の ボ タ ン は 全 て と め る 。
・ ス ラ ッ ク ス を は く 場 合 は ネ ク タ イ 、 スカート を は く 場 合 は リ ボ ン を 着 用 す る 。
・ セーター ・ サ マ ー ベ ス ト は 着 用 し な い 。

夏 服
・ 長 袖 シ ャ ツ の 場 合 は 袖 を 伸 ば し て ボ タ ン も と め る 。
・ 長 袖 セーター は 着 な い 。

7 .5 月 1 日 ~ 1 0 月 3 1 日 ま で を 夏 服 の 期 間 と す る 。(移 行 期 間 は 特 に 設 け な い )
8 . 学 習 活 動 に 適 し た 大 き さ の カ バ ン を 持 っ て く る 。( 目 安 は A 4 のファイルが入る大きさ)
9 . 教 室 内 で は 防 寒 具 ( コート 、 手 袋 、 マ フ ラ ー 、 ネ ッ ク ウ ォ ー マ ー 、 耳 あ て 等 )を着用しない。
1 0 . そ の 他 整 容 に 関 す る 禁 止 事 項
・ 装 飾 品 ( ピ ア ス ・ 指 輪 ・ ネ ッ ク レ ス ・ ミ サ ン ガ 等 ) ※ ピ ア ス の 穴 を 空 け る こ とも厳禁
・化粧(色付きリップ、色付き日焼け止めを含む)
・マニキュア ・ ペ デ ィ キ ュ ア ・ 髭
・整形、アイプチ ・入れ墨 ・ 長 い 爪
1 1 . 頭髪 は 男 女 共 、 学 校 生 活 に ふ さ わ し い 髪 型 と し 清 潔 を 保 つ 。

【頭髪の目安】
(男子) – 目 と 耳 に か か ら ず 、 後 ろ 髪 が 襟 に か か ら な い 長 さ
(女子) – 前 髪 は 目 に か か ら な い よ う に す る ( 切 る か ピ ン で と め る )
1 2 . 頭髪 に 関 す る 禁 止 事 項
・染色 ・脱色 ・パーマ ・ 付 け 毛 ( エ ク ス テ )
・ 巻 き 髪 ・ 極 度 の 色 落 ち( ド ラ イ ヤ ー や ヘ ア ア イ ロ ン に よ る 傷 み 等 も 含 む ) ・派手な髪型(ツーブロック・ライン・ドレッド・整髪料・モヒカンなど)

タイトルとURLをコピーしました