【長崎】長崎東高等学校の校則

長崎県に対する情報公開請求により開示された2022年度の校則等を掲載しています。

生徒心得

学校の校則及び諸規程を尊重し、「ひがし」の生徒としてふさわしい行動をとること。

校内生活

1自転車・バイクによる通学は許可しない。また、タクシー・自家用車による登校の必要がある場合は、「タクシー・自家用車登校願」を担任を通じて生徒指導部に提出し、許可を得ること。
2校舎への出入りは、中央出入口(下足室)を使用する。玄関(1・2号館入口)からの昇降は原則として禁止する。
3登下校の際の服装は、別途「服装規定」によること。
4けが、その他の事由で制定以外のものを着用する場合は、「異装届」を担任を通じて生徒指導部に提出すること。
5病気、その他の事情で欠席する場合は、必ず保護者(これに準ずる者)が担任に届けること。
6遅刻・早退・欠課をする場合は、必ず担任に届けること。また、以下の手続きをとること。
遅刻・欠課……職員室で「入室許可証」の交付を受け、教室に入り、授業の先生にそれを提出すること。
早退……担任(養護教諭)に届けて許可を受けること。
7放課後までは無断で校外に出てはならない。やむを得ず外出しなければならない場合は担任を通じて「外出許可証」の交付を受けること。
8下校時刻は,次のとおりである。
3月~4月午後7時00分5月~7月午後7時10分
8月~10月午後7時00分11月~2月午後6時30分
ただし、休日及び祝祭日は午後5時。なお、天候等の特別な事情により下校時刻を変更することがある。
9一般生徒が、下校時刻以降、又は休祝祭日に校内において諸活動をする場合は、事前に「集会・施設使用願」を担任を通じて生徒指導部に提出し、許可を得ること。
10校舎内では制定の上履きをはくこと。上履きと下履きの所定の使用区域を厳守すること。
11校内で物品等を紛失又は拾得した場合は、直ちに担任を通じて生徒指導部に届けること。
12学校の施設備品等はていねいに取り扱うこと。もし破損した場合は、直ちに職員及び生徒指導部に届け(「破損届」)、その指示を受けること。
13許可なく、学校の施設に手を加えたり、備品の移動をしてはならない。
14許可なく、寄付行為や販売行為、及びこれに類する行為を行ってはならない。
1518歳未満の者は政治活動を行ってはならない。また投票権を持つ者も、学校内での政治活動は認めない。
16校内掲示物は「掲示物に関する使用規程」(本冊子P26)によること。
17同人雑誌およびこれに類する出版物を刊行する場合、あるいはアンケート、ビラ配布、署名等を実施する場合は、以下の手続きをとること。
(1)ホームルームや部活動で実施する場合は、事前に原稿を担任又は部顧問に提出し、その指導を受けること。
(2)個人又は任意の団体で実施する場合は、事前に原稿を生徒指導部に提出し、その指導を受けること。
18ホームルームや部の親睦会、あるいは歓送迎会、その他各種の集会や催事を行う場合は担任、部顧問、又は関係の職員の指導を受け、その出席を得た上で実施すること。また、事前に「集会・施設使用願」を生徒指導部に提出し、その許可を得ること。
ただし、ホームルームや部等のこれらの催事については、次の各項による。
(1)校内で開くことを原則とする。ただし、家庭科関係の施設は使用しないこと。
(2)会の終了時間は、下校時間までとする。日曜日は午後5時までとする。
(3)費用は、できるだけ低額にすること。(4)火気の使用は禁ずる。
19交友関係は、良識あるものとなるように努めること。男女の交際は、相互の家庭の理解に基づくものでなければならない。
20自動販売機の使用は、昼休みと放課後とし、マナーを守ること。
21全校行事などで、誰もいない教室に入るときは、必ず付添い職員と一緒に行動する。

校外生活

1校内外を問わず、「懲戒規程」にふれるような行為をしてはならない。
2無断外泊は禁止する。
3日没後の外出は、事故や犯罪に巻き込まれる恐れがあるので、保護者の同意の下に、行動には十分に気をつけ、早めの帰宅を心掛けること。
4バイク等の運転免許の取得は許可しない。ただし、特別の事情がある場合には、免許取得及び運転を所定の願いにより許可することがある。
5アルバイトは禁止する。ただし、特別の事情がある場合には、「アルバイト許可願」により許可することがある。
6校外諸団体の催しや活動に参加を希望する場合には、ひがしの生徒にふさわしい活動であるかを考え、担任にも相談をすること。
7「学生証」は3年間を通した身分証である。常に携帯しておくこと。

服装規程

すべて服装は高校生らしく質素と清潔を旨とし、華美にならないように注意すること。
1登下校及び校外における学校行事などの際は、本校制定の制服・制靴(黒の革靴又はグラウンドシューズ)とする。
2本校の制服細則は次項に定める。
3防寒用コート及びレインコートは、紺・黒・グレー・ベージュ系統の無地のコートを許可する。なお、着脱は下足室で行うものとし、校舎内では着用しない。
4マフラーは登下校時の防寒用とし、華美でないものとする。なお、着脱は下足室で行うものとし、校舎内では着用しない。期間は11月下旬から3月初旬までとする。
5セーター類の色は紺・黒・グレーの無地とし、学生服の上着からはみ出さないもの、手の甲にかからないものとする。
6頭髪については、端正で清潔感のある髪型を旨とし、次の項目を原則とする。特別な配慮が必要な場合には、個別に申し出ること。
(男子)
1目にかからないこと。
2耳にかからないこと。
3襟にかからないこと。
4パーマ・染色・脱色等の、特別に手を加えた髪型にしないこと。
(女子)
1目にかからないこと。
2後ろ髪は襟にかかる長さまでとする。
3長い髪は一つ又は二つにしてうしろで束ねること。
4パーマ・染色・脱色等の、特別に手を加えた髪型にしないこと。
5リボンをつける場合は黒・紺・茶で、幅2cm位のものに限る。

7靴下は白を基本とし、安全上、くるぶしよりも長いものとする。(ワンポイント程度は可)
8膝掛けの使用は、色・柄とも華美でないものとし、教室以外では使用しない。

服装規程細則 男子

冬服
黒の詰襟学生服。ボタンは指定の紋章入り。襟に指定のバッジをつける。カラーをつける(白縁になっていれば可)。ズボンは黒のストレート学生長ズボンとし、変形のものは不可。

夏服
学校指定の白の半袖の開襟シャツ。上衣の下端はズボンの中に入れる。ズボンは冬服に同じ。

移行期間
(4月下旬~6月上旬及び9月下旬~11月上旬)
冬服・夏服、どちらでも可。

服装規程細則 女子

冬服
白の長袖カッターブラウスに、紺のダブル背広型上着。紺のスカートまたはスラックス。
上着の両脇のバンドにエンジの線3本を入れる。胸に指定のバッジをつける。スカートの長さはひざが隠れる長さとする。冬服の下にセーターを着用する場合は、紺・黒・グレーの無地とし、襟はV型のものとする。また、裾からはみ出さないもの、手の甲にかからないものとする。防寒のためのタイツは、黒・ベージュとする。

夏服
白の半袖開襟のカッターブラウス。両脇のバンドに白線3本を入れる。スカートは冬服に同じ。

移行期間
(4月下旬~6月上旬及び9月下旬~11月上旬)
冬服・合服・夏服いずれも可。合服は、白の長袖カッターブラウスに、紺のシングルV型襟ぐりのベスト。両脇のバンドにエンジの線3本を入れる。胸に指定のバッジをつける。スカートは冬服に同じ。ボタンダウンのシャツは禁止する。

※服装及び防寒具の規定について、校則の運用に支障が生じた場合には、以前の規定に戻す等、規定の見直しを行うものとする。

懲戒規程

校長及び教員は、教育上必要と認めるときは、生徒に懲戒を加えることができる。懲戒のうち退学・停学(謹慎)及び訓告の処分は、校長がこれを行う。ただし、校長が退学を命ずる者は、次の各項のいずれかに該当する者とする。
1性行不良で改善の見込みがないと認められた者。
2学力劣等で成業の見込みがないと認められた者。
3正当な理由がなくて、出席常でない者。
4学校の秩序を乱し、その他生徒としての本分に反した者。
さらに、次の各項のいずれかに該当する者には懲戒を加える。
1暴力行為をした者。
2窃盗行為をした者。
3恐喝脅迫行為をした者。
4男女生徒間の風紀を乱した者。
5カンニング、不正乗車等の不正行為をした者。
6喫煙、飲酒した者。
7凶器を所持した者。
8公共物を故意に汚損又は破壊した者。
9次の場所に出入りした者。
(1)マージャン店、パチンコ店、クラブ。
(2)スナックなどの風俗営業店。
(3)その他高校生として出入りしてはならない場所。
10交通法規及び交通に関する校則に違反した者。
11長崎県少年保護育成条例に違反した者。
(1)有害興業を見た者(第3条)
(2)有害図書類を見た者(第4条)
(3)有害がん具類を所持した者(第6条)
(4)シンナーなど特定薬品類を不健全に使用した者(第7条)
(5)保護者の同行がなく深夜に外出した者(第13条)(深夜とは午後11時から翌日の午前4時までをいう)
(6)その他この条例に触れる行為をした者
12その他本校の生徒として本分を守らない者。

長崎東安全の日

1設定日
各月23日とする。
2目的
学習活動の全領域及び学校・家庭など生活のあらゆる場において心身の安全意識を高め、実践する態度を養う。

通学路

通行禁止道路
1学校周辺の道路に関して、通行禁止区域を設定する。
(1)立山公園内の道路
(2)浜平への裏山道路
(3)日昇館(にっしょうかん)への学校グラウンド沿いの道路
(4)諏訪神社内全通路
(5)金比羅山通り抜け
2各地区における社寺、公園、墓地等の通路の利用を避ける。

登下校時の注意事項
1下校の場合、3名以上のグループであることが望ましい。(特に女子の場合)
2早朝に登校する場合も細心の注意をし、事故等がないよう努めること。
3遅刻・早退など単独の通学になる場合は、家庭・学校(担任)間の連絡を密にし、事故等がないように細心の注意をはらうこと。
4交通ルールを守り、交通マナーの向上に努めること。
5事故があった場合は、大小漏らさず速やかに担任(学校)に連絡すること。
6登下校時には、必ず防犯ブザーを携帯すること。

学校周辺の進入・通行禁止区域

・やむを得ず自家用車で送ってもらう場合も、周辺住民の皆さんのご迷惑にならないよう立山公園入口より内側に進入してはいけません。また、それ以外の場所で降車する場合も、周囲の邪魔にな らないよう、細心の注意を払いましょう。
・やむを得ず自家用車で送ってもらう場合も、周辺住民の迷惑にならないよう、立山公園入口より内側に進入しないこと。ただし、病気やケガ等の場合には、必ず学校に連絡をした上で、学校敷地内に乗り入れること。また、それ以外の場所で降車する場合も、周囲の邪魔にならないよう、細心の注意を払うこと。

タイトルとURLをコピーしました