【宮城】泉高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

本校生徒は、泉高等学校生徒としての誇りをもち、高校三年間の生活が、人格の完成に向かう最も重要な時期にあることを自覚し、自主・自律・協調の精神をもって責任ある行動をとり、ひたむきに、かつ主体的に真理を追求し、心身を練り、情操を陶冶して豊かな人間形成をめざして努力しなければならない。

1.礼儀

礼儀作法は社会生活の秩序と融和の根本であることをよく自覚し、礼の精神に欠けることのないように心掛ける。
(1) 目上の人に対する敬意はもとより、生徒相互間においても常に人格を尊重し、敬愛の情を失わず、礼儀を忘れぬこと。
(2)挨拶、応答社、高校生らしい態度で、明るく、はっきりとする。
(3)学校来訪者には、特に礼を失わぬよう注意する。
(4)校外においても、常に泉高等学校生徒としての自覚をもち、本校関係者以外に対しても、礼を失することのないようにする。

2.規律

規律は秩序ある生活には欠くことのできないものである。本校生徒は、規律を守り、節度ある生活態度をとること。
(1)風紀
1 生徒は校内外を問わず、常に生徒手帳、身分証明書を携帯すること。
2 本校生徒として、誇りと品位をもって行動し、好ましくない場所に出入りしないこと。
3 喫煙は固く禁ずる。
4 暴力行為は絶対に行わないこと。
5 男女の交際は、互いに人格を尊重し、異性を正しく理解して、清く、正しく、明るく交際し、いやしくも世間の誤解を招くことのないようにする。
(2)校内生活
1 下校その他定められた時間を厳守すること。
2 「朝学習」開始時刻よりも前に登校し、遅刻ぱ絶対にしないこと。登校後は放課後まで許可なく外出しないこと。
3 早退・欠課をする場合は、事前にホームルーム担任に届け出ること。欠席・遅刻をする場合は、保護者が学校へ連絡すること。
4 生活環境の清潔、整頓整備に努め、分担区域の清掃美化は責任をもって行うこと。
5 規律正しく節度ある行動をとるとともに、教室、廊下においては、静粛にすること。
6 所持品は必ず記名し、物品の紛失、拾得の際は、すみやかにホームルーム担任または関係職員に届け出ること。
7 生徒相互間の物品、金銭の貸借は行なわないこと。
8 火気の取扱いは、指示された場合のみとし、許可なくして火気を使用しないこと。
9 校内での会合は、事前に係職員に届け出ること。ただし、学校の構内における選挙運動及び政治的活動等に関するものは許可しない。
10 生徒会、部所有以外の物品を使用するとき、および授業以外に部活動等で教室を使用するときは、関係職員の許可を得、使用後は必ず整頓し、その後報告すること。
11 活動等で、休日・休業中に校庭、教室、物品等を使用する必要のあるときは、あらかじめ関係職員の許可を得てから使用すること。
12 部活動の活動時刻は18時40分までとする。(部活動終了後は速やかに下校すること。)
13 主要大会(総体・新人・国体など)に向けての強化練習など,顧問が必要と認めた場合のみ、原則として1カ月前から大会終了まで、19時10分まで活動できる。校門を出る時刻は19時30分である。
(3)校外生活
1 常に公衆道徳、交通道徳を重んじ、他人に迷惑をかけないようにすること。
2 アルバイトを行う場合は届け出て学校の許可を得ること。アルバイトは長期休業中(夏季休業・冬季休業・学年末休業・学年始休業)に行うものとし、各休業の一週間前までに届け出ること。期間は休業期間の3分の2を限度とし、午後8時以降のアルバイトは許可しない。但し、生活指導上問題となる生徒、直前の考査で欠点を所有している生徒は許可しない。
※家庭の経済的理由等で長期休業中以外のアルバイトを希望する場合は、保護者連署の上、別途願い出ること。
※3年生については、学年末考査終了後、進路の決まった生徒(推薦、就職等)が希望する場合は、放課
後の時間帯で許可することを原則とする。
3 夜間の外出は、できるだけさけること。やむを得ない用件等の場合の夜間外出も、単独行動をとらないこと。
4 直前の考査で欠点を所有している、または生活指導上に問題がある場合は放課後や休日等に学校の構外における選挙運動や政治的活動を制限する場合がある。
(4)考査
1 考査を受ける態度は、公明正大であること。
2 考査中、教科書・ノート等はカバン等に入れて、机の下におくこと。
3 考査中、用具・物品の貸し借りは行なわないこと。
4 下敷きは、使用しないのを原則とする。
5 特別の事情がある場合を除き、遅刻者は入室を許可しないことがある。

3.服装

服装は、清潔、質素で、本校生としての品位を保ち、むやみに流行を追うことなく、端正でなければならない。
(1)登下校の際、および学校行事または本校生徒として参加、行動する場合は、原則として正規の服装とする。
(2)夏季(6月~9月)は、上衣を着用しなくてもよい。(6月1日の前及び10月1日の後それぞれ1週間を衣替え移行期間とする。)
(3)特に指示があるときは、略装も認める。
(4)頭髪は本校生徒にふさわしく、清潔・清楚・端正でなければならない。染色・パーマ等は禁止とする。
(5)化粧およびネックレス・ピアス等の装飾品を身につけることは禁止とする。
(6)上記については、身体等の理由により、事前許可を得た場合を除く。

本校生徒の服装は、次のとおりとする。
(1)男子生徒服装
1 上着 所定の紺色のブレザーとし、所定のボタンと襟章を付ける。
2 スラックス 上着と同色の所定のスラックスとする。
3 ワイシャツ 所定の白の長袖ワイシャツとする。(ワンポイントマーク付)
4 ネクタイ 所定の紺色のネクタイとする。(ワンポイントマーク付)
5 通学靴 短靴とする。
6 ソックス 白又は紺・黒とする。
(2)女子生徒服装
1 上着 所定の紺色のブレザーとし、所定のボタンと襟章を付ける。
2 スカート上着と同色、箱ひだの所定のスカートとする。
3 ブラウス 所定の白の長袖ブラウスとする。(ワンポイントマーク付)
4 リボン 所定のリボンとする。
5 通学靴 短靴とする。
6 ソックス 白又は紺・黒とする。
7 ストッキング 肌色とする。
8 タイツ 防寒用として着用を認めるが、無地の黒色のものとする。
(3)その他
1 男女共に、肌寒いときには、派手でない無地(ワンポイントのもの可)のVネックセーターやベスト、カーディガンを制服の中に着用してもよい。色は黒・紺・グレー・茶・白のみとする。ただし、登下校時や授業時等校内生活では制服(上衣)着用である。
2 ワイシャツ、ブラウス、ネクタイについているワンポイントマークは、泉高等学校の「泉」の文字をアレンジしたものである。

4.上履等

(1)上履男女共、所定の上履とする。
(2)運動靴屋外用:男女共、運動に適したシューズとする。
体育館用:男女共、所定のものとする。

5.学習

学業は高校生の本分である。常に基礎学力の充実向上をはかるとともに、一般的教養を深めるように努力すること。
(1)将来の目標を確立し、基礎学力を充実向上させ、その実現に最善の努力を尽くすこと。
(2)学習計画を作成し、これを実行すること。
(3)予習復習を確実に行い、学習の効果を高めるとともに、学習事項の定着をはかること。
(4)進んで問題を見出し、友人間で討議し、また教師の指導を受ける等、積極的に問題解決にあたること。
(5)図書館等を利用し、自ら研究する態度を養うこと。

6.特別活動

特別活動として、ホームルーム活動、生徒会活動、および学校行事の 3分野がある。これらは、温かい人間関係のもと、望ましい集団活動を通して、自律的、自主的、かつ責任を重んじ、協力する生活態度の育成と、民主的な社会の形成者として必要な資質の基礎を養うのがねらいである。
この目標を達成するため、教師の指導のもとに、自主的、積極的、協力的に参加し活動すること。
(1) ホームルーム活動
ホームルームは、学校における基礎的な生活の場であり、主として次の活動を行なう。
1 集団生活の充実に関すること。
2 学業生活のあり方に関すること。
3 進路の適切な選択決定に関すること。
4 健康で安全な生活に関すること。
5 人間として望ましい生き方に関すること。
(2) 生徒会活動
生徒会は、全校の生徒を会員として、教師の指導のもとに、主として次の活動を行なう。
1 学校における生活の改善と向上を図る活動。
2 ホームルーム活動および部活動における生徒の活動の連絡調整。
3 学校行事への協力に関する活動。
(3)学校行事
学校行事は、主として全校又は学年、あるいはそれらに準ずる集団による活動とし、学年の年間計画により、次のことがらを行う。
1 儀式的行事
2 学芸的行事
3 体育的行事
4 旅行的行事
5 保健・安全的行事
6 勤労・生産的行事

7.部活動

部活動は、学年やホームルームの所属を離れて、共通の興味や関心をもつ生徒をもって組織し、部活動顧問の指導のもとに、次の何れかに所属して活動する。
(1)文化的な活動
(2)体育的な活動

8.健康安全

積極的に各自の健康の増進をはかり、保健衛生的習慣・態度を身につける。
(1)自己の健康状態に留意するとともに、あらゆる機会を利用して、積極的に健全な心身を練ること。
(2)環境を整備し、日常の清潔整頓を実践する。
(3)保健衛生は、自己の分だけでなく、広く社会的つながりをもつもので、知識を活用する習慣を養う。
(4)校内外における余暇を善用し、明朗、闊達、溌剌とした精神を体得する。

9.通学および交通安全

交通道徳はもちろんのこと、道路交通法をよく理解し、法規を守って、安全かつ他に迷惑をかけないようにすること。
(1)通学に使用する自転車には、必ず本校のステッカーを貼付し、常時点検整備に心がけ、左側一列通行を励行すること。
(2)運転免許を取得する場合は、保護者が受験許可願いをホームルーム担任を経て生徒指導部に提出し、許可を得ること。
1原動機付き自転車の免許取得については、許可された場合、長期休業中または授業に支障のない日に受験をするものとする。
2自動車普通免許の取得については、進路が内定した者に限り、3年の冬休み以降の自動車学校への通校を認める。この場合、授業に支障のないように通校するものとする。仮検定・卒業検定・本試験を受験する場合は、早退・欠席の扱いとなるが、その旨をホームルーム担任に届け出ること。
(3)運転免許を取得した場合は、所定の登録粟に記入し、届け出なければならない。取得後の運転は保護者の責任において行うものとする。なお、通学には使用できない。
(4)原動機付き自転車などによる通学は、認めない。
(5)万ー違反行為、または交通事故を起こした場合は、すみやかに学校に届け出なければならない。

10.諸届願

生徒の諸届願は、すべてホームルーム担任または生徒指導部を経て、学校長に提出すること。
(1)欠席・早退のときは、事前に、または事後すみやかに事由を付し届け出ること。
(2)病気により1週間以上欠席するときは、医師の診断書を添えて届け出ること。
(3)生徒自身、あるいはその家族内に法定伝染病患者が発生したときは、直ちにその旨を電話等で学校に届け出て指示を受けること。なお、出校の際は、医師の治癒証明書を提出すること。
(4)親族死亡の場合の忌引き日数は、次の通りである。
ア.両親の死亡のとき7日以内
イ.祖父母、兄弟姉妹死亡のとき3日以内
ウ.伯(叔)父伯(叔)母、その他同居の親族のとき葬儀当日
(5)休学・復学・転学・退学する場合は、所定の手続きをとること。
(6)自宅以外から通学する者は、その宿所を保護者及び保証人連署で届け出ること。
(7)旅行、キャンプ(登山)、アルバイト等をしようとするときは、事前に保護者と連署のうえホームルーム担任を経て許可願を出し、必要に応じて許可証を携行すること。
(8)以上のほか、次の場合は届け出て許可を受けること。
1 集会
2 掲示
3 出版物の発行・配布
4 対外試合等校外の体育的行事に参加する場合
5 劇、音楽に出演、および研究会等に参加する場合
6 公共物を借用、使用する場合
7 金品を募集する場合
8 校外の集会、その他の活動に参加し、または団体に加入もしくは団体を作る場合(ただし、学校の構外における選挙運動及び政治的活動等に関するものは除く)

11.その他

(1)スマートフォン・携帯電話等:学校への持ち込みは認めるが,校舎内では電源を切りロッカーにしまうこと。但し,学校から別に指示があった場合はその限りではない。
(2)ロッカー、自転車の施錠:貴重品の自己管理を徹底すること。ロッカーや自転車は必ず施錠すること。
(3)自転車事故防止:登下校時の事故にくれぐれも注意すること。
(4)送迎:自家用車での送迎の場合、校地内に乗り入れることはもちろん、校門前での乗り降りも原則として禁止とする。
(5)売店・食堂利用:売店は14時30分まで利用できる。また、生徒の食堂利用は、昼休み時間のみとする。

タイトルとURLをコピーしました