【宮城】登米高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

  1. 長上に対しては礼を尽くし、学友は互いに親しみあい、礼をかわすものとする。
  2. 室内における礼は正しく受礼者に向かって行い、廊下においては軽く会釈をする。
  3. 授業の開始ならびに終了時の礼は起立して行う。
  4. 校内において来客にあったときは本校職員に対すると同様に礼を行い、生徒の品位をおとすような態度はつつしまなければならない。

服装・身だしなみに関する規程

  1. 服装は制服とし、常に質素清潔にし、生徒としての品位をそこなうもの避けなければならない。
  2. 通学時のコート類は、上段1に準ずるものとする。
  3. 髪型は高校生らしく清楚にすること。パーマ・アイパー・カール・染色・脱色をしてはならない。女子が髪を結ぶ場合は、黒・紺の紐とする。
    ※頭髪の一部を長く伸ばしたり、逆に刈り込むなどしてはならない。
    ※予備登校時の頭髪確認において、縮毛(天然パーマ)や赤毛の申請を行うこと。
    ※ドライヤー・アイロンの使用による頭髪の変色も指導対象となるので注意すること。
    ※装飾や髪型を変える目的でウィッグやエクステ等の付け毛を用いてはならない。
  4. 額を剃り上げたり、眉を剃ったりしてはならない。
  5. 化粧やマニキュア・カラーコンタクトをしてはならない。
  6. 指輪・ペンダント・髪飾り・その他の装飾具は禁ずる。
  7. 爪は短く切り、常に清潔に保つ。
  8. 本徒の服装を次のように規定する。
    [夏季・冬季の区分]
    夏季は、6月 1日~ 9月末日、冬季は 10月 1日~5月末日とする。
    [冬季の服装]
    冬季は、通学時にコート類の着用を認める。コート類に関しては高校生にふさわしいものとする。着用する際は、制服の上にコート類を着用すること。
    [バイク通学者の服装]
    バイク通学生は安全確保のため、季節にかかわらず、通学時に運動着ズボンを着用すること。
    [男子生徒制服(正装)]
    本校指定の詰襟タイプの制服
    (1)上衣
    本校指定の詰襟5つボタン(校章入り)、襟の左側に校章のバッチをつける。
    (2)シャツ
    本校指定の長袖シャツ及び半袖シャツとする。
    (3)スラックス
    本校指定のワンタックスラックスとする。サイズは体型に合ったものとし、裾はシングルで体型に合った長さとする。黒・茶系統のベルトを着用する。右腰(前方)に本校の刺繍が施されているもののみとする。
    (4)ソックス
    白・黒・紺系統とする。
    [女子生徒制服(正装)]
    本校指定のブレザータイプの制服
    (1) 上衣
    本校指定のブレザー2つボタン(校章入り)、襟の左側に校章のバッチをつける。
    (2) シャツ
    本校指定の長袖シャツ及び半袖シャツとする。
    (3)スカート
    本校指定のプリーツスカートとする。スカート丈は膝頭に掛かる長さとする。ミニスカート・ロングスカートに見えるものは着用してはならない。左腰・左裾(前方)に本校の刺繍が施されているもののみとする。バイク通学生は安全確保のため、季節にかかわらず、通学時に運動着ズボンを着用すること。
    (4) リボン
    本校指定のものとする。長さを変えて着用してはならない。
    (5) ソックス
    白・黒・紺(ワンポイント可)とする。ストッキングは肌色・黒とする。入学式など儀式の際に、防寒のためストッキング及びタイツを着用する場合は、肌色とし、必ず紺色のハイソックスを履くこと。(ミドルソックスも可)
    [男女共通制服]
  9. (1) セーター
    本校指定のニットセーター(濃紺・ ネック・本校刺繍入り)とする。指定のセーター以外は着用を認めない。
    (2)ベスト
    本校指定のニットベスト(濃紺 ・Vネック・本校刺繍入り)とする。指定のベスト以外は着用を認めない。
    ※1 上衣を着用していない状態を略装とし、年間を通して略装を認める。
    ※2 冬季における女子の略装は、リボンを着用すること。頃季と移行期間における女子の略装は、リボンを着用しなくてもよい)
    ※3 冬季における登下校 ・SHR 時及び式即時は、正装とする
タイトルとURLをコピーしました