【宮城】宮城工業高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

教育方針

教育基本法並びに学校教育法にのっとり,一般教養を高め,専門的な知識・技術の習得を図るとともに,勤労を愛好し,旺盛な責任感と自律・協同の精神を涵養し,国歌及び社会の発展に寄与する,心身ともに健全な工業技術者の育成を期する。
このため,次の三綱領を日常生活の実践目標とする。
誠実 節度 創造

第6章 賞罰

第21条校長は他の模範となるような生徒に対しては褒賞することがある。
第22条校長および教員は教育上必要があると認めるときは生徒に対し懲戒を加えることができる。ただし退学,停学,訓告の処分は校長が行う。
2 前項の退学は,次の各号の一つに該当する生徒に対してのみ行うことができる。
・性行不良で改善の見込みがないと認められた者
・学力劣等で成業の見込みがないと認められた者
・ 正当の理由がなくて出席常でない者
・ 学校の秩序を乱し,その他生徒としての本分に反した者

生徒心得

我々は,本校における3ヶ年の学校生活を通して,常に宮工生としての自覚と誇りをもって行動し,次の心得を遵守して,人格豊かな社会人としての完成に努力しよう。

礼儀

礼儀は社会生活における融和と秩序の基である。
1.挨拶を正しくしよう。
いついかなる場所においても,教師,上級生に対してはもちろん,同級生,下級生に対しても.礼を失わぬよう心掛ける。
朝の元気な明るい挨拶。校内における来客への会釈。授業の姶終には一斉起立しての正しい挨拶。路上での親しみある挨拶。
2.校内では静粛にし,規律正しくしよう。校舎内では必ず帽子をとり.静粛にする。机に腰掛けたり,放歌,高声,喧喚な振舞をしない。
廊下を通る時は右側通行を守り,走らない。集会などの入退場は秩序正しく,速やかに行動する。

服装

服装は自己の品位を示すものであるから,本校生徒にふさわしい容儀を保っため,常に清潔,質素,端正を旨とする。
1.登下校時並びに本校生徒として活動する場合は,次の定める正規の服装とする。
(男子)
制服 所定の黒の詰襟学生服とし,右襟に校章,左襟に科章をつける。
帽子 所定の丸型学生帽とするが,その着用は自由とする。(所定以外の帽子は禁止する)
履物 スニーカー,雨靴.または黒・茶系統の短靴とする。
雨具・防寒具 レインコート,オーバーコートまたは布製ジャンバーとし、派手な色,柄,型のものは禁止する。(皮ジャンは禁止する)
頭髪 後髪は襟にかからない程度とし.パーマ,染毛,脱色は禁止する。
その他 ピアス,ネックレス,指輪等は禁止する。ひげは剃り清潔を心掛ける。
(女子)
制服 所定の紺のブレザー,チェックスカート.ベスト,白ブラウスとし.スコットタイをつけ,上衣の左襟に校章をつける。
履物 スニーカー,雨靴,または黒・白・茶系統の短靴とする。ストッキングは肌色とし,ソックスは白色を原則とするが,紺色等派手でない他の色も許容する。
雨具・防寒具 レインコート,オーバーコート,半コートとし,派手な色,柄,型のものは禁止する。セーターは所定の紺・グレー及び黒のセーターに限る。
頭髪 パーマ,カール,染毛.付け毛,髪飾りは禁止する。
その他 ピアス,ネックレス,指輪等は禁止する。
2.夏季(6月~9月)は上衣を着用することなく,次の略装をすることを認める。
(男子)所定の夏季制服(シャツ)とする。
(女子)白のブラウスまたは白の開襟シャツとし,スコットタイの着用は自由とする。
その上に所定のベストまたはセーターを着用する場合は,左胸にバッジをつける。
3.その他
・実験,実習,体育の際の服装は所定のものとし.その他の時は正規の制服とする。
・化粧,装飾品着用,ハンドバッグ,他校指定のバッグの使用は禁止する。
・やむを得ず異装する場合は所定の様式により担任に申し出て生徒指導部の許可を受ける。
・学校生活に必要のない物(ゲーム機,マンガ本,大金,高価な物)の持込を禁止する。
・スカートの中にハーフパンツやトレーニングパンツを着用することは禁止する。
4.禁止事項を守らない生徒は厳重に注意し,違反が再三に及ぶときは保護者を召喚し,生徒指導部長が訓戒する。
上記事項は昭和54年4月8日より実施する。

タイトルとURLをコピーしました