【神奈川】舞岡高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。
この学校の校則は公式に公開されています。参照: 生徒心得|神奈川県立舞岡高等学校

神奈川県から情報提供された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

出欠席

朝 8 時 30 分までに登校すること。ホームルーム開始のとき、教室にいない場合は遅刻とする。
2.早退・欠課
病気などのやむを得ない理由で早退をしたり、授業に出られないときは、あらかじめクラス担任に届け出て許可を受けること。
3.欠席
欠席をするときは、8 時 25 分までに保護者が電話で学校に連絡すること。また、必要がある場合には医師の診断書等を提出すること。
4.忌引
忌引は原則として次の日数以内とする。
父母…………………7 日
祖父母、曾祖父母、兄弟姉妹………・3 日
その他の近親者……………・1 日
5.学校感染症と出席停止
学校感染症に罹ったら、学校に連絡すること。(学校感染症の種類は別途提示する)省令で定める基準による期間は出席停止扱いとする。ただし、『学校感染症による欠席届』を提出した場合に限る。

通学方法

1.通学は徒歩、自転車、バス、電車によるものとする。通学に際しては、社会規範を遵守し、一般の方への迷惑となるような行為をしてはならない。
2.通学経路は学校に届け出ること。
3.けがなどにより、保護者の送迎を必要とする場合は担任に届け出ること。
4.自転車通学をする場合には自転車保険に加入後、自転車通学届をクラス担任に提出し、学校指定のステッカーを自転車に貼ること。自転車に乗車するときは交通ルールを守ること。
5.バス通学する場合には、あらかじめ道路の渋滞や雨天時の遅れを考えて登校すること。バス停では整列乗車を励行すること。
6.帰宅した後や休日においても、制服によるバイク・自動車の運転、および同乗は禁止する。

校内生活

1.授業に対して積極的、意欲的に取り組むこと。
2.校外には無断で出ないこと。やむを得ない理由で外出する必要があるときは、あらかじめクラス担任に届け出て許可を受けること。
3.生徒間における金銭や物品の貸し借り、売り買いはしないこと。
4.必要のない現金や貴重品、勉強に関係ない雑誌やゲームなどを学校に持参しないこと。
5.携帯電話の持ち込みは禁止していないが、使用する場合はマナーを守ること。授業及び試験中や集会のときは、電源を切り、カバンの中にしまうこと。
6.部活動などの特別な事情がない限り、平日は17 時までに下校すること。部活動終了後の完全下校時刻は19 時とする。

校外生活

1.公共物を大切にし、社会の一員として自覚と責任を持って行動すること。マナーを守ること。
2.旅行やアルバイトをする場合には、保護者が同意の上で、あらかじめクラス担任に届け出ること。
3.何らかの事故があった場合には、学校に連絡すること。
4.各種大会への参加や練習試合の申し込み、外部との交流活動などは校長、顧問を通して行うこと。
5.携帯電話・インターネット利用については、情報モラルを守り、個人情報の掲載や不適切な書き込み等は行わないこと。

服装等

1.本校規定の制服を着用すること。
2.校章は常に定められた位置につけること。
3.休日の部活動や校外行事に参加するときにも、制服をきちんと着用すること。
4.原則として 6 月 1 日から 9 月 30 日までは夏服着用、10 月 1 日から 5 月 31日までは制服着用とする。
5.移行期間を5 月1 日~31 日・10 月1 日~31 日とする。移行期間中にセーター・カーディガン・ベストの着用を認める。ただし、制服のベスト以外を着用する場合は無地で紺・黒・茶・白・ベージュ・グレーとする。夏服着用期間について
・ポロシャツ(白でワンポイントまで可、大きさは5cm✕5cm以内とする)の
着用を可とする。
・期間中、制服べストの着用を可とする。
・舞岡高校生として外部の機関を訪問する際は、ワイシャツを着用すること。
制服着用期間について
・制服着用の期間は、制服の上着を着用すること。
・セーター・カーディガン・ベストの着用を可とするが、登下校の時には制服の上着の下に着用すること。ただし、無地で紺・黒・茶・白・ベージュ・グレーとする。
・制服の上着に防寒着としてコートを着用する時は、無地で地味なものとする。ただし、登下校時に限る。
6.上履き、下履き、体育館履きの区別を明確にすること。
7.登下校時には革靴もしくは運動靴を使用すること。
8.パーマ、エクステ、髪の染色や脱色、化粧、ピアス等のアクセサリーは禁止する。
9.特別な事情の場合は、事前にクラス担任に届け出ること。

タイトルとURLをコピーしました