【神奈川】横浜氷取沢高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

神奈川県から情報提供された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

高校生活の基本的な心構え

(1)本校生徒としての誇りと自覧を持ち、心身ともに健全な人間になるように努めること。
(2)学習は高校生の本分である。常に自主的な学習に励み、学習の充実に心がけること。
(3)学校生活は団体生活であることを自覚し、他人の迷惑になることや、集団の秩序を乱すような行為ば慎むこと。
(4)常に礼儀をもって人に接するように心がける。お互いに人格を尊重し、先生や生徒相互間は言うまでもなく、来校者に対しても礼儀正しくすること。特に、言葉はその人の人格をも表すので下品な言葉を慎むこと。
(5)公共物を大切にする精神を養い、共同生活に適した人物となるように努めること。
(6)社会の一員としての自覚と責任をもち、ルールを守って行動するよう心がけること。
(7) 18歳以降の有権者にふさわしい知識・教養,思考・判断力,人格を身につけるよう努めること。

登下校

(1)登下校においては、自己の品位を汚すような言動ば慎み、交通規則を遵守し、他人の迷惑にならないように配慮すること。
(2)登校後、下校時までの間の外出は認めない。やむを得ない理由で外出の必要がある時には、ホームルーム担任の許可を受けること。事後の届け出は認めない。

自転車通学

(1) 自転車通学を希望する者は、自転車通学および校内駐輪届を担任まで提出すること。
(2) 自転車通学許可者にはステッカーを交付するので,これを自転車に貼付すること。自転車は校内の駐輪場に施錠して僅き、校外等に放僅してはならない。また、道路交通法に則り、安全に十分配慮した乗り方をするとともに、近隣住民の迷惑にならないように走行すること。

学校生活【横浜氷取沢 1、 2期生】

(1)服装は、 清楚端正にし、本校指定の制服を着用すること。
(2)夏季服装期間 (5月初旬から 10月中旬まで)は、つめ襟・ブレザーは着用しなくてもよい。 Yシャツ、ブラウス、開襟シャツに替えて白のポロシャツを着用してもよい。また、防寒等のために、黒、紺、茶、灰、白の単色無地のセーター、カーディガン、ベストを着用しても良い。パーカー、 トレーナー、スウェットは禁止する。
(3)冬季服装期間(11月上旬から 4月下旬まで)に、防寒のため指定のセーター及びセーターに準じたベストを着用する場合は制服の上着の下に着用すること。

学校生活【横浜氷取沢 3期生以降】

(1)服装は、清楚端正にし、本校指定の制服を着用すること。
(2)夏季服装期間(5月初旬から 10月下旬まで)は、ブレザーは着用しなくてもよい。 Y シャツ、ブラウス、開襟シャツに替えて、指定のポロシャツを着用してもよい。また、防寒等のために指定のセーター、指定のベストを着用してもよい。指定以外の服等の着用は禁止する。
(3)冬季服装期間(11月上旬から 4月下旬まで)に、防寒のため指定のセーター、指定のベストを着用する場合は制服の上着の下に着用すること。
(4)
1 頭髪は地毛を加工することはできません。高校生にふさわしい,社会に出ても通用する頭髪であること。
2 ふさわしくないと判断される頭髪である場合、保護者へ連絡をし、家庭とも連携を取りながら改善していく。改善が見られない場合は、保護者面談等を通して改善する。
(5)校内においては、上履・体育館履は、指定されたものを使用すること。
(6)集会の実施、掲示、貼紙、印刷物の配布、金銭物品の収集は係の先生の指導を受け許可を得ること。
(7)他校との練習試合及び交流等は、学校及び顧間を通じて行うこと。

テスト

(1)定期テスト 1週間前からテスト終了時までは原則として部活動を禁止する。
(2)テストを受ける際には、以下のテスト時の心得を厳守すること。

タイトルとURLをコピーしました