【香川】農業経営高等学校の校則

香川県に対する情報公開請求により開示された2022年度の校則を掲載しています。

生徒心得

本校生徒は、校則に基づき、生徒の本分を自覚するとともに、常にその人格と資質の向上のため明朗にして健全な心身と秩序ある環境の樹立に努力しなければならない。

1 学習

学習に励むことが生徒の本分である。
1学習は、自発的・継続的・計画的に行う。
2授業は、始業に遅れることなく教室に入室し、定められた座席で静粛に受ける。
3「実習心得」を守る。

2 礼儀

礼は、他人に対する尊敬の念の表現であるとともに、自己修養の道でもある。また、円満な社会生活を営み、品位のある人格を形成するために大切である。
1礼儀の基本である挨拶を励行し、言葉や態度を品位あるものに高める。
2職員に対する礼儀はもちろん、生徒間においても相互尊重の態度をとる。
3外来者に対しては、親切、明朗、敬意をもって接する。
4常に端正な姿勢を保ち、明朗で節度のある言動をとる。

3 服装

服装は、本校生徒としての品位を保ち、清潔、端正であるよう心がけ、華美にならないようにする。
1通学時(休業日の登校、部活動等を含む)の服装は、制服とする。
2男子の制服
(1)黒色の標準型学生服に校章入りのボタンをつけ、左襟に校章、右襟に組章をつける。
疇に大きいもの、丈の長いもの芍豆いもの店着用しない。ベルトは、無地の黒色で装飾のないものとする。
(2)夏の略装期間は、原則として6月1日から9月30日までとし、白色のカッターシャツを着用し、裾は出さない。
3女子の制服
(1)冬の制服は、規定の白色のブラウスに赤色のネクタイを着用する。規定のブレザー、ベスト、プリーツスカート(膝丈)を着用し、左胸部中央に校章、組章をつける。
(2)夏の略装期間は規定の白色のブラウスに規定のべ9ストを着用する。ただし、ネクタイは着用しなくてもよい。
4靴は、ローヒールの黒色の革靴又は白もしくは黒を基調とした運動靴とし、いずれも華美でないものとする。
5校内では、指定のスリッパを使用する。
6頭髪は、流行を追わず、常に清潔で、生徒らしい品位を失わないようにする。加工(パーマ、脱色、染色、付け毛、一部分を極端に短くするなど)などこれに類することは禁止する。
(1)男子は、前は眉に、後ろは襟に、横は耳にかぶさらない程度とする。
(2)女子は、眉、肩の線を越えない程度とし、これより長いときは結ぶ(ヘアゴム、ヘアピンは、黒、紺、茶色のものを用いる)。
7靴下は、無地の白、黒又は紺色とする。ストッキングは、無地のベージュ又は黒色とする。公式行事には黒色の靴下を着用する。
8眼鏡を使用する際は、華美でないものとする。カラーコンタクトレンズは使用しない。
9体育及び実習時には指定の服を着用する。
10マニキュア、ピアス、化粧等は禁止する。また、眉を剃って細くしてはいけない。
11健康上等の理由によって異装をする場合は、申し出て許可を受ける。

4 所持品

諏に持ち込む所持品は、学校生活に必要な最小限とし、大切に使用・保管しなければならない。
1生徒手帳は、常に携行する。
2所持品には、氏名を明記しておく。
3学習に不必要な物品は、持参しない。、
4所持品の保管には常に注意し、紛失、拾得の際は速やかに届け出る。
5危険を伴うもの、身体に有害なもの、法で禁じられているものなどを所持してはならない。
6携帯電話・スマートフォン等の情報端末、ゲーム機及びカメラ機能・通信機能を有する機器の校内持ち込みは、禁止する。ただし、携帯電話等の校内持ち込みは、登下校時の安全確保やその他やむを得ない事情により、保護者がその所持が必要であると判断した場合に限り、別に定める規程を遵守することを条件として校内への持ち込みを許可する。

5 生活

本校生徒であることの自覚と誇りをもっとともに、社会の一員としての責任と義務を果たすものとする。いやしくも生徒としての本分に反する行為があってはならない。
1遅刻・欠席はしない。
2諏指導下の生徒の自治的活動に対しては、相手の立場を理解し、よく協力し、積極的に参加する。
3諏の教育活動の場を利用した選挙運動や政治的活動を禁止する。また、放課後や休日等であっても、校内での
選挙運動や政治的活動を制限または禁止する。
4交友関係は、友情を育てるよう努め、互いの人格を尊重し、他人の誤解を招くことのないよう注意する。
5理由のいかんを問わず、私的制裁、暴力、強迫行為、飲酒、喫煙、有害薬品等の使用はしない。
6生徒相互で物品の売買や金銭等の貸借はしない。
7諏の麟・備品を無断で使用してはならない。また、その取扱いは大切にし、むやみに移動しない。
8実験・実習、部活動等は、担当教師の指導のもとで行う。
9考査は、厳正な態度で受験し、不正行為は絶対にしない。
10登校後は、無断外出をしない。外出が必要な場合は、許可を得る。
11娯楽施設及び飲食店への出入りについては、次の場所を禁止とする。
(1)麻雀クラブ、パチンコ店、酒類を提供する店や風俗営業等を行っている場所、その他生徒が立ち入るのにふさわしくないと思われる場所
(2)香川県青少年保護育成条例及びその他の法令で観覧・立ち入り等が禁止されている場所
(3)深夜の映画、演劇の観覧場所やボーリング場、カラオケ店、ゲームセンター、まんが喫茶、インターネットカフェ等
12深夜外出はしない。午後11時以降は、保護者同伴とする。外泊は、原則として禁止する。

6 願及び届

次に該当する場合は、事前に所定の願及び届を提出し、許可を受け又は受理されなければならない。
1次の場合は、願を提出し、許可を受けなければならない。
(1)校内行事の企画・実施
(2)校外団体への加盟、校外行事への参加
(3)合宿・会合・対抗試合等の計画・実施
(4)校内での物品の販売
(5)署名活動
(6)印刷物等の配布、掲示
(7)アルバイト従事
(8)諏備品の麟への持出し
(9)運転免許証の取得並びに自動車教習所への入校
(10)携帯電話等の校内持ち込み
2次の場合は、届を提出し、受理されなければならない。
(1)欠席は、事前にその理由を保護者を通して届け出る。
(2)遅刻(登校後の授業時間中の遅刻を含む)したときは、「遅刻届・入室許可証」に必要事項を記入し、許可を得て入室する。入室後、授業担当教師に「遅刻届・入出許可証」を提出し、座席に着く。前時との間の休憩時間に入室する場合も同様とする。
(3)欠課は、学級担任・授業担当教師に届け出る。
(4)早退するときは、「早退届」に必要事項を記入し、許可を得てから帰宅する。後日、保護者が押印した「早退届」を学級担任に提出する。
(5)その他、次の場合は、すみやかに届け出る。
1忌引により休むとき。
2親権者・保証人・居住地の変更があったとき。
3登山、海外旅行をするとき。

7 通学

登下校は、制服で、特に態度を厳正にし、交通法規を守り、事故のないよう交通安全を心がける。
1自転車は、道路の左側を一列で通行し、2人乗りはしない。
2雨降りの自転車運転は、必ずレインコートを着用し、傘さし運転はしない。
3通学に使用する自転車は、車体検査を受けステッカーを貼付したもののみ認める。
4登下校の際に事故が発生したときは、安全確保をした後、直ちに家庭と学校に連絡し善処する。
5登校後放課後までは、農場等への移動に自転車を利用してはならない。
6下校時刻は、17時とし、遅くまで居残らないこと。やむを得ず居残るときには、関係職員に届け出る。

8 保健及び清掃

常に心身の健康・衛生に留意し、身体及び衣服の清潔を保持するように努める。また、学校では整理整頓と美化を心がけ、快適な学習環境を維持するよう努力する。
1実験・実習、部活動等において負傷その他の事故を生じた場合は、直ちに学級担任・担当教師に届け出る。
2清掃は、放課後全員で行う。

9 運転免許証の取得と運転(原付自転車を含む)

高校生の無免許運転、法令違反等によるいたましい死傷事故が少なくない。これらのことから以下のことを守り、交通事故を未然に防がなければならない。
1運転免許証取得を希望する生徒の保護者は、「運転免許証取得許可願」を学級担任に提出し、校長の許可を得なければならない。許可された場合は「運転免許証取得許可証」を受ける。
2運転免許証の取得に際しては、公安委員会指定の自動車教習所で、正規の教育指導を受けることとし、学校の授業に支障をきたしてはならない。
3自動車教習所入校許可の時期は、第3学年2学期末考査最終日以降とする。なお、入校予約申込みは、第3学年の9月1日以降とする。
4運転免許証取得許可の時期は、原則として第3学年卒業式以降とする。

附則

この心得を令和2年2月14日に改正し、令和2年4月1日から施行する。

農業経営高校の服装基準 (R2改訂)

【1】頭髪について

前髪は、眉にかからない程度にする。
(男子)
後ろは襟にかぶさらない。横は耳にかぶさらない。
(女子)
後髪が肩より長い場合は、ゴム(黒、紺、茶)等で結ぶ。

【2】してはいけない頭髪

1整髪剤等で髪を立てる。→すぐに洗い落とす。
2髪に段をつけたり線を入れる。
→短い部分にあわせて切りそろえる。
3一部だけ刈り上げる。左右非対称にする。
→短い部分にあわせて切りそろえる。
4パーマ、脱色、染色などの加工
5付け毛 →すぐに外す。担任が預かり保護者に返却。

【3】制服について

(男子)
・校章:襟の左側
・組章:襟の右側
・ボタン:大5個、袖2個ずつ
・学生服:極端に長い、短いものは不可
・ズボン:極端に太いものは不可
腰ばきや裾をするはき方はしない
・ベルト:無地(模様や編み込みがないもの)
の黒で装飾(華美なバックル、不必要な穴やリベット)のないもの
(女子)
・校章:ポケットの右側
・組章:ポケットの左側
・ネクタイ:夏の略装時は着用しなくても可
・ベスト:学校指定以外は不可
・スカート:膝丈(腰などで折り込まない)
・ストッキング:黒、ベージュ
(共通)
・インナーシャツ:白もしくはベージュの無地のシャツ(ハイネックは不可)
・靴下:無地の白、黒、紺(式典の時は無地の黒)
・靴:ローヒールの黒の革靴、白もしくは黒を基調とした運動靴

【4】その他

1爪は長く伸ばさない。→すぐに切る。
2マニキュア、化粧等をしない。→すぐに洗い落とす。
3眉を細くしない。→経過観察。繰り返すようであれば指導。
4ピアスをしない。→経過観察。繰り返すようであれば指導。
5カラーコンタクトをしない。→すぐに外す。担任が預かり保護者に返却。
6指輪、ネックレス等はしない。→すぐに外す。担任が預かり保護者に返却。

制服(夏の略装)について

男子は白色カッターシャツ(開襟シャツも可。ただし、裾はズボンの中に入れる)を着用する。
女子は規定のブラウス(長袖、半袖どちらでも可)に必ずベストを着用する。ネクタイは着用しなくてもよい。

注意
1所定の位置に校章・組章を着用すること。
2第ーボタン以外は必ず留め、端正にしておくこと。
ネックレス、ブレスレット等の装飾品(磁気ネックレス等を含む)の着用を禁止する。
3長袖のカッターシャツおよびブラウスを着用する場合、袖ボタンを留めること。
4無地の白もしくはベージュのインナーシャツを着用し、清潔さをたもつこと。ハイネックシャツは着用しない。
5無地で白、黒、紺の靴下を着用すること。終業式等の式典時は無地の黒とする。
6ズボンは、極端に太いもの、裾を絞ったり加工したものは認めない。特別な体型を除きタックは1つまでとする。ベルトは、無地(模様や編み込みがないもの)の黒で装飾(華美なバックル、不必要な穴やリベット)のないものする。必ず腰骨で留め、裾をするはき方をしないこと。カッターシャツの裾は必ずズボンの中に入れること。
7女子のスカート丈は“ひざ’’程度とすること。ブラウスの裾は必ずスカートの中に入れること。

その他
1タオル等を首からぶら下げない。
2授業中に団扇、扇子等を使用しない。
3半袖カッターシャツ・ブラウスのインナーシャツとして、長袖のシャツを着用してはいけない。
4頭髪は、清潔・端正にする。女子で髪が肩より長い場合は、ゴム(黒、紺、茶)で結ぶ。
5登下校時の靴は、ローヒールの黒の革靴又は白もしくは黒を基調とした運動靴とする。
6通学用鞄は華美でないものを使用する。原則、教科書は持ち帰る。
7健康上等の理由よって異装をする場合には、申し出て許可を受ける。
※夏の略装期間は、別途指示する。
※夏の略装期間およびその準備期間以外で授業中に上着を脱ぎたいときは、必ず授業者の許可を得て脱ぐこと。
その際、上記制服(夏の略装)でなければならない。

制服(冬の制服)について (R2改訂)

男子は、黒詰め襟の標準型学生服を着用し、極端に大きいもの、丈の長いものや短いものは着用しない。
女子は、白のブラウスに赤のネクタイを着用し、ブレザー、ベスト、プリーツスカートを着用する。
(すべて規定のもの)

注意
1所定の位置に校章・組章を着用すること。
2男子:ズボンは、極端に太いもの、裾を絞ったり加工したものは認めない。特別な体型を除きタックは1つまでとする。
学生服のボタンをすべて留め、その下に白のカッターシャツを着用すること。
ベルトは、無地の黒色で装飾がないものとする。ボタンは本校のものを付ける。袖ボタンは各2個とする。(他校のものや、押しつぶしたり加工したものはすぐに再購入する。)
冬季には、学生服の下に防寒着を着用してもよい。ただし、学校指定のVネックセーターもしくは黒、紺等の華美でないもので、襟、袖、裾から見えないものとする。
3女子:スカート丈は膝程度にする。極端に長いもの、短いものは認めない。
ブレザーの下に必ずベストを着用する。スカートの下に無地無柄の黒、ベージュのストッキングを着用してもよい。ただし、靴下を必ず着用する。厳寒期には、黒のタイツも可とする。
冬季には、防寒着として上着の下に学校指定のVネックセーターもしくは無地の黒、紺のVネックセーターを着用することができる。ただし、襟のVゾーンが極端に狭いものは不可とし、袖、裾から見えないものとする。式典(始業式、終業式、卒業式、賞状授与式等)の時は、防寒着を着用せず、必ずベストを着用すること。
4長袖のシャツ、ブラウスは、袖ボタンを留め、裾はズボンやスカートに入れる。
5ハイネックのシャツ・セーター等は着用しない。
6無地で白、黒、紺の靴下を着用すること。終業式等の式典時は無地の黒とする。

その他
1厳寒期には、登下校時に防寒着(手袋、マフラー、コート、ウインドブレーカー)を着用することができる。
手袋、マフラー:華美でないもの
コート、ウインドブレーカー:高校生らしい端正なもの
就職試験や進学試験で着用するのに適しているもの
場合によっては、担任または生徒指導部で点検し、許可しない場合がある。
ただし、登校後、教室に入室したらすぐに脱ぎ、放課後までは着用禁止とする(清掃時も含む)。
運動場や農場への移動は校内移動と見なすので着用禁止。
2校内での防寒具(膝掛け等)は認めない。特別な理由により使用が必要な場合は、申し出て許可を受ける。膝掛けは、華美でないものとし、持ち運ぶ際には折りたたむこと。
3頭髪は、清潔・端正にする。女子で髪が肩より長い場合は、ゴム(黒、紺、茶)で結ぶ。
4登下校時の靴は、黒の革靴又は白を基調としたスニーカーとする。
5通学用鞄は華美でないものを使用する。原則、教科書は持ち帰る。
6健康上等の理由よって異装をする場合には、申し出て許可を受ける。
※授業中に上着を脱ぎたい時は、必ず授業者の許可を得て脱ぐこと。その際、夏の略装でなければならない。
※冬の制服の期間は、原則として、11月1日から5月31日までとし、令和3年度の更衣準備期間は、10月1日から10月31日までとする。

タイトルとURLをコピーしました