【岩手】沼宮内高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒指導部に関する規程

生徒心得

(1)一般心得
常に高校生としての品位を保ち、本校生徒として規律ある生活をするために、次の事項を守ること。
ア 来校者には勿論、教職員、学友、家族に対しても誠意をもって接し、礼を失わないようにすること。
イ 生徒相互は学校の内外を問わず、常に挨拶を交わし、明るく生活すること。
ウ 上級生は下級生を善導し、いささかも威圧を与えてはならない。また下級生は上級生を尊敬し、その善導にこたえなければならない。
エ 男女間は、共学を通じて相互の人格を高めるようにつとめること。男女の交際は良識にもとづき、明朗な態度で行わなければならない。
オ 生徒会、HRの役員はよくその使命を自覚し、他よりの信頼にこたえなければならない。
カ 生徒は常に生徒手帳・身分証明書を携帯すること。
(2)校内生活
生徒は平等の精神に立脚し、協力し合い明るい学校にするようつとめなければならない。
ア 登校、下校、通学
(ア)通学は交通道徳を守り、乗り物を利用する時には特に気をつけ、事故のないようにつとめること。
(イ)登校は時刻を厳守すること。
(ウ)履物は所定の下足箱に入れ、よく整頓しておくこと。
(エ)下校時刻は特に決められた日を除き原則として17時30分までとすること。
(オ)不慮の出来事により帰宅時刻がおくれる時は家庭と連絡をとること。
(カ)土曜日、日曜、祝日、その他の休日など授業のない日には原則として登校しないこと。
イ 学習時間
(ア)授業にはまじめな態度をもって臨み、学習効果を十分あげるようにつとめること。
(イ)始業のベルまでに静かに教室に入り、学習の準備をととのえること。
(ウ)時間割に注意し、教室の移動は静粛迅速に行うこと。
(エ)登校後、放課時限までに、外出の必要が生じた場合は、学級担任に申し出て許可を得ること。
(オ)遅刻、欠席、欠課、早退の必要のある場合は、学級担任に申し出て許可を得ること。
ウ 所持品
(ア)所持品には必ず、学年、組、氏名を記すこと。
(イ)所持品は質素にして華美に流れぬよう心がけること。
(ウ)学習に必要な物品以外は学校に持参しないこと。
(エ)教科書類はロッカー等に放置せず、毎日持ち帰ること。
(オ)校内での紛失物、拾得物は直ちに届出ること。多額の金銭や貴重品は携帯しないこと。
エ 健康生活
(ア)すすんで身のまわりや学校の美化につとめ、清潔、整頓に気をつけること。
(イ)定められた清掃区域は責任をもってあたり、終了後は管理担当教員に報告すること。
(ウ)各自の体質、趣味に応じた運動につとめること。
(エ)校内においては、互いに安全につとめるとともに不慮の傷害や急病の起きた場合は、ただちに保健主事ならびに養護教諭に連絡し、適切な処置をうけること。
オ 校舎、校具
(ア)校舎、校具は大切にし、充分活用するようつとめること。
(イ)火気の取り扱いは学校の指示に従い常に最大の注意をすること。
(ウ)校舎、校具をあやまって破損したり、汚損したとき、または移動しなければならないときは、管理担当教員に届出、指示をうけること。
カ 掲示、連絡
(ア)学校の掲示連絡にはよく注意すること。
(イ)生徒の掲示はすべて関係職員を経て生徒指導部に届出て、必要な期間後は撤去すること。
(3)校外生活
校外の生活は、社会の秩序に則り、常に高校生としての誇りをもって行動しなければならない。
ア 外出は行先、目的、帰宅時間を保護者に連絡すること。
イ 夜間外出は慎むこと。やむを得ず夜間外出する場合でも21時までには帰宅すること。
ウ スナック、パチンコ店、その他、未成年者にふさわしくない場所には立入らないこと。
エ 外泊はしないこと。やむを得ず外泊する場合には必ず保護者に連絡すること。
オ 生徒が他団体に加入したり、行事などに参加する際には、学校長の許可を得ること。
カ 本校以外の人との交際については、学則並びに生徒心得に示されていることを守って行動すること。
キ 長期休業中の生活並びに校外でのレクリェーションは綿密な計画のもとに行動し、常に本校生徒としての自覚を持つこと。
(4)服装
服装は常に端正にし、清潔であるように心がけなければならない。
I 平成17年度入学生からジャケット型の新制服が制定されたことにより以下のとおり規定する。
(ア)男子
(1)冬服(冬期【10月1日から5月31日まで】)
1 ジャケット
濃緑色、シングル3つボタン・袖3つボタン、センターベンツ
2 スラックス
グレータータンチェック(小柄)、縦ポケット
3 長袖ポロシャツ
ホワイト、スリット入り、左胸ポケット部にN字の緑色刺繍入り、下前は緑色
4 セーター
指 定:グレー、ラインはダークグリーン、14ゲージ
指定以外:グレーのVネック(ワンポイントラインは可とする)
5 ネクタイ
ワンタッチネクタイ、4色ストライプ(アイボリー・イエロー・ブルー・ダークグリーン)
6 ベルト
合皮、ダークグレー(※黒・紺・茶の無地も可とする)
(2)夏服(夏期【6月1日から9月30日まで】)
1 スラックス
冬期に同じ、または同型のサマースラックス
2 半袖ポロシャツ
冬期に同じ
(イ)女子
(1)冬服(冬期【10月1日から5月31日まで】)
1 ジャケット
濃緑色、シングル3つボタン・袖2つボタン、センターベンツ
2 スカート
グレータータンチェック(大柄)、右脇ポケット、フロントオーバーロックルイス仕上げ、ウェストカーブベルト仕様、両脇吊りテープ付き
3 長袖ポロシャツ
ホワイト、スリット入り、左胸ポケット部にN字の緑色刺繍入り、下前は緑色
4 セーター
指 定:グレー、ラインはダークグリーン、14ゲージ
指定以外:グレーのVネック(ワンポイント、ラインは可とする)
5 リボン
ワンタッチリボン、
4色ストライプ(アイボリー・イエロー・ブルー・ダークグリーン)
6 ハイソックス
チャコールグレー、基準丈36cm、両面窓付N字グリーン刺繍入り
7 スラックス
ジャケットと同色のプライムグリーン、防寒用
(2)夏服(夏期【6月1日から9月30日まで】)
1 スカート
冬期に同じ、または同型のサマースカート
2 半袖ポロシャツ
冬期に同じ
3 ニットベスト
グレー、ラインはダークグリーン、14ゲージ
(ウ)冬服・夏服の着用
衣替え(6月1日と10月1日)に合わせて下記表に示す。

男子制服冬服夏服女子制服冬服夏服
ジャケットジャケット
スラックススカート
長袖ポロシャツ長袖ポロシャツ
半袖ポロシャツ半袖ポロシャツ
ネクタイリボン
ソックス※※
※セーター※セーター
※サマースラックス※ニットベスト
※ベルト※サマースカート
※スラックス

【備考】
1. 着用期間
・冬服 10月1日から5月31日
・夏服 6月1日から9月30日
2. 記号表記
◎=必ず着用
◯=寒暖等に応じて着用できる
△=指定に加えて、各自が白・黒・紺・グレー等を用意する
※※=12月〜3月は黒色タイツとする
※=希望購入して着用
II 校章
校章バッジをジャケット左襟に付す。
III オーバー・コート類
黒または濃紺を原則として、華美にならないものとする。
IV 履物
上履と外履は区別する。上履は学校指定とする。
V 頭髪
簡素で高校生にふさわしいものであること。脱色・着色等の一切の加工を禁ずる。
VI スカート丈
女子スカート丈は膝頭上部に接する長さを基準とする。ミニスカートは指導の対象とする。
VII 化粧・装身具等
化粧等やピアス着用等の一切の装身具着用を禁ずる。
VIII その他
ソックスについては、冬服・夏服の着用表に規定したほか、女子の盛夏時には白・黒・紺・グレー色等のソックス、また冬期間は黒色タイツを着用する。男子は、白・黒・紺・グレー等とする。
IX 平成17年度以降入学生の制服についての規定は、制服仕様書(男子制服・女子制服)に基づいている。
付則
この規定は、平成17年4月1日より施行する。
この規定は、平成19年4月1日より施行する。
この規定は、平成21年4月1日より施行する。
この規定は、平成23年4月1日より施行する。
この規程は、平成26年4月1日より施行する。
この規定は、平成29年4月1日より施行する。

諸届・諸願

諸届、諸願は、定められた様式により確実に行わなければならない。
(1)文書をもってクラス担任を通して届け出るもの。
ア 旅行届
イ 受診連絡票
ウ 転部届
(2)文書で願出、許可を得るもの。
ア 携帯電話持込み許可願
イ 異装願
ウ 車両等運転免許取得許可願
エ 車両等運転免許証取得届
オ 車両通学許可願
カ アルバイト許可願
キ プール使用許可願
ク 下宿(自炊)許可願
(3)責任者を通して届出、許可を得るもの。
ア 校地、校舎、工具等の使用
イ 団体行動
ウ 集会(合宿)願
エ 対外活動参加願(保護者承諾書)
オ 土・日・祝日等の部活動許可願
カ 長期休業中における部活動許可願
キ 部活動時間延長許可願

賞罰に関する基準

学則第41条、第42条及び第43条にもとづき、賞罰の基準を次のとおりに定める。
(1)表彰について
ア 生徒の活動において他の生徒の範とするに足ると認めるものがあるときは、その該当者を随時表彰する。
イ 特別活動及び学校行事において特にその功績顕著なる者は、これを表彰する。
ウ 表彰及び表彰の方法は、その都度職員会議の審議を経て校長が決定する。
(2)懲戒について
ア 懲戒はあくまで教育の方法として行うものであって、本人の更生を期待するものでなければならない。
イ 学則第42条、第43条に定める懲戒は、すべて職員会議の審議を経て校長が決定する。
ウ 懲戒の審議に必要な資料は生徒指導部でまとめ、あらかじめ校長の承認を得て、職員会議に提出するものとする。

施設設備の管理

(使用の許可)
第36条 本校の施設設備を本校の教育の目的外に使用しようとする者は、教育財産使用許可申請書(様式第8号)を提出し、校長の許可を受けなければならない。
2 校長は、次の各号の1に該当するときは、その使用の許可を取消すことができる。
(1)許可目的以外に利用し、又使用権利を譲渡若しくは転貸したとき
(2)使用許可以外の施設設備を使用したとき
(3)毀損したとき
(4)指示した事項に違反したとき
(5)その他緊急の事態が発生したとき
(原状回復及び賠償)
第37条 本校の施設設備の使用許可を受けた者は使用後すみやかに原状に回復しなければならない。
2 前項の許可を受けた者は、施設設備を汚損若しくは毀損し、又は滅失したときは、原状に復し、又は賠償しなければならない。
(防火管理)
第38条 消防法第8条の規定に基づき、本校に防火管理者を置く。
2 防火管理者は教職員のうちから校長が定める。
3 その他防火管理に関する事項については別に定める。
第11章 入学選考料、入学料等
(入学選考料等)
第39条 入学選考料及び入学料の徴収の額及び方法等については、県立学校授業料等条例(昭和38年岩手県条例第16号)の定めるところによる。
(生徒会費等)
第40条 生徒は、生徒会費、図書費その他校長が教育上必要と認める諸費を納入日に納入しなければならない。

賞罰

(表 彰)
第41条 校長は、教育上必要と認めるときは、生徒を表彰することがある。
(懲 戒)
第42条 校長及び教員は、教育上必要と認めるときは、生徒に懲戒を加えることができる。
2 懲戒のうち、退学、停学及び訓告の処分は校長が行う。
(懲戒の種類等)
第43条 懲戒の種類は、次のとおりとする。
(1)退学処分は、本校(当該学校)に在籍する権利を剥奪すること。
(2)停学処分は、一定期間、学校の施設を使用させないこと。
(3)訓告処分は、問題行動に対する注意を与え、反省を促すこと。
(4)謹慎は、保護者の理解を得て、授業への出席を自粛させるとともに、交友を絶って問題行動の反省を深める。
(5)厳重注意は、問題行動を戒め、反省を促すこと。
(6)説諭は、問題行動を認識させ、反省を促すこと。
2 懲戒は、問題行動の内容、障がい等心身の状況、過去の指導履歴等を考慮して行うものとする。
3 停学及び謹慎の期間は、問題行動の内容、生徒の反省状況等を考慮して定めるものする。
4 停学処分を受けた者及び謹慎に付された者に改悛の情が顕著と認められたときは、これを解除するものとする。
5 校長は、退学、停学及び訓告の処分を行うに当たっては、被処分者に対し処分通知書を交付するものとする。
6 退学、停学及び訓告の処分は、指導要録に記載するものとする。
(指導の基準)
第44条 問題行動を起こした生徒に対して、初回・単独の場合は、次の基準に従って指導するものとする。
(1)殺人・放火・強姦は、退学。
(2)その他の重大な犯罪行為は、退学・停学。
(3)いじめ・暴力・傷害・威圧・金銭強要・わいせつ行為・性非行・児童ポルノの製造および提供は、退学・停学・訓告・謹慎・厳重注意・説諭。
(4)窃盗(万引き)・占有離脱物横領は、停学・訓告・謹慎。
(5)その他の犯罪行為は、停学・訓告・謹慎。
(6)酒・喫煙は、謹慎。
(7)その他の不良行為は、謹慎・厳重注意・説諭。
(8)授業妨害・暴言・器物損壊は、謹慎・厳重注意・説諭。
(9)無免許運転は、謹慎。
(10)その他の交通違反は、謹慎・厳重注意・説諭。
(11)交通事故は、内容により他の問題行動に準ずる。
(12)無断免許取得は、謹慎。
(13)その他本校の規則に違反する行為は、内容により他の問題行動に準ずる。
(14)考査等における不正行為は、謹慎。
(15)服装規定違反は、謹慎・厳重注意・説諭。
(16)アルバイト規定違反は、謹慎・厳重注意・説諭。
(17)その他本校生徒としてふさわしくない行為は、内容により他の問題行動に準ずる。

2 問題行動が複数に及ぶ場合や、過去に指導歴がある者が再び問題行動を起こした場合は、(1)の指導内容より厳しい指導をするものである。

タイトルとURLをコピーしました