【茨城】那珂湊高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

日常の心得

校内生活

1 授業
(1) 毎授業において開始時間 20 分までに入室しない者はこれを欠課とする。
(2) 授業中病気その他緊急の事故がある時は教師に申し出て退出すること。
(3) 授業中、担当教師の許可のない携帯電話の使用を禁止する。
2 学習
(1) つねに校訓をわきまえ、本校生の誇りと自覚をもって修養に精励し人格の向上につとめる。
(2) 学生の本分は勉学にあることを認識し、全力を注いで学習する。
(3) 真面目で自主的な勉学の習慣を身につける。
(4) 予習、復習は必ず実行し、知識の習得につとめる。
(5) 余暇の善用に心がけ、学校生活に備える。
3 礼儀とことばづかい
(1) 生徒は登校の際は勿論、校内においても互いに親しみのあるあいさつをする。
(2) 教師、年長者、来訪者に対して、敬愛の心を失わず礼儀作法やことばづかいを正しくする。
(3) 校長室、職員室、事務室等に用事のある時はノックして許可を得てから戸を開き、挨拶して入る。
(4) 廊下は静かに右側を歩き、先生や来訪者と行き交う時は会釈をする。
(5)「スマホ家庭のルール」を守り、スマートフォンの適切な利用を心掛ける。

4 風紀規律
(1) つねに健全な精神を保持し、品行方正であるようつとめる。

(2) 風紀を乱す者がある時は友情をもって忠告する。
(3) 許可なく禁止された場所に入らない。
(4) 公共物を愛護し建物器具樹木等をき損しない。
(5) 校内では、口笛を吹いたり、大声を出したり騒々しい行為などをしない。
(6) いかなる場合にも暴力行為は絶対にしてはならない。
(7) 喫煙飲酒は厳禁する。
(8) 上履、下履の区別をする。
(9) 登校後は許可なく校外に出ない。
(10) 校舎内外でみだりに火気の使用を禁止する。
(11) 文書の発行、掲示、回覧及び集会については必ず許可を受ける。
(12) 金銭、貴重品の貸し借りはしない。

交友

(1) 交際は正しい友情に結ばれた明朗なものであること。
(2) 男女交際の場合は次の点に留意して慎重に行うべきである。
ア 男女は互いにその人格を尊重する。
イ 異性を正しく理解し、また批判する力を養う。
ウ 節度ある交際を行う。

 

校外生活

校外においても規則的な生活をし、生徒としての自覚をもって行動する。
(1) 外出のときは保護者に連絡し、生徒にふさわしい服装をし、品位を保つようにする。
(2) 生徒にふさわしくない娯楽場、飲食店への出入はしない。
(3) 外泊は保護者の許可を得て行い、生徒手帳を必ず携帯する。
(4) 海や河川、山などへ行く場合、必ず日時や場所、同行者を保護者に伝え同意を得る。
(5) 同窓会、送別会等の諸会合は、昼間行い夜間におよばないようにし、費用は少額で簡素に行う。

 

アルバイト規定

アルバイトは実施させない方針であるが、やむを得ない事情で実施する場合は、保護者の

責任において、学業に支障のないように十分留意して行う。その際、必ず担任に申し出、面
談後に実施届を提出する。(様式コ・様式サ)
許可の基準
(1) 成績、生活面を踏まえ審議の上許可される。ただし、1 年生の 9 月末までは原則として不許可とする。
(2) 実施日は土日祝日のみとする。
(3) 夜は 9 時までとする。
以下の場合は認められない。
(1) 無許可での実施、夜 9 時以降の実施、または学業に著しく影響がでた場合
→アルバイト許可取り消し、生徒指導の対象となる。
(2) 労働基準法違反、風俗営業など非健全、危険を伴う仕事。

交通関係の規定

1 原動機付自転車を使用しての通学は認めない。
2 自動二輪車の免許証を取得したり、乗車することは、いかなる場合も禁止する。
(同乗も禁止)
3 普通車免許取得のための自動車学校の通学は、3 年生の 2 学期中間考査最終日
以降とする。
4 許可期日以降での普通車運転免許取得後の運転については、原則として禁止
する。
5 違反者は学校の規定にもとづき一定の処置をうける。

服装

1 服装は、常に清潔、端正、質素なものとし、高校生にふさわしい態度と品位を
失わないよう心がける。
2 登下校には、必ず本校所定の制服を着用する。
3 制服の着用について
着用期間
冬服は 10 月 1 日より翌年の 5 月 31 日まで夏服は 6 月 1 日より 9 月 30 日
までとする。(但し、寒暖の対応を考慮し調整期間を設ける)

一般事項

(1) 髪
パーマ、着色、脱色、エクステンション、(付け毛)、ツーブロック、左右非対称の刈り込み、ソフトモヒカン等は禁止。流行に左右されず、清楚にする。
(2) 通学靴
黒茶系統の短靴、または運動靴とする。
(3) ソックス

白、黒、紺の無地とする。ワンポイント、2 本ラインまでの飾とする。
(4) 通学カバン
教科書・ノートが入る安全で学生らしいものとする。手ぶらでの登校は認めない。
(4) セーター類
規定のものを着用し、トレーナー、パーカーは禁止とする。
(5) コート類
上衣の上に着用し、あまり華美でないものとする。
(6) 爪
清潔に、短く、マニキュア等はつけない。


男子生徒の場合
○シャツは、必ずスラックスの中に入れる。
女子生徒の場合
○ヘアゴム、ヘアピンは、黒・紺・茶のみ可とする。
(バレッタ、カチューシャ、クリップ等は不可)

タイトルとURLをコピーしました