【茨城】大子清流高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒指導規程

服装・容姿

1 つめ襟上着・スラックス
(1) 服装は、本校指定の制服を着用し、左襟に校章をつける。
(2) 冬季 (10月 1日~5月 31日)の服装は、指定の上着とズボンと、白色ワイシャツとする。
(3) 夏季 (6月 1日~9月 30日)の服装は、指定のズボンと、白色ワイシャツとする。
(4) ソックスは黒・紺・白色のものを着用する。かつ、くるぶしが十分に隠れること。
(5) ワイシャツをズボンの中にきちんと入れること。
(6) ズボンの裾を引きずらないこと。

2 セーラーブラウス・スカート
(1) 服装は、本樹昔定の制服を着用し、左胸に校章をつける。また、指定のリボンをすること。
(2) 冬季 (10月 1日~5月 31日)の服装は、指定の上着、ブラウス、スカートとする。
(3) 夏季 (6月 1日~9月 30日)の服装は、指定のブラウスとスカートする。
(4) ソックスは指定のもの、又は黒・紺・白色のものを着用する。かつ、くるぶしが十分に隠れること。防寒用としてタイツ・ストッキング(黒色または肌色)を認める。
(5) 式典時は指定のもの又はハイソックスとする。上記タイツ・ストッキングも可。
(6) スカート丈の目安は、チェックのラインが 3本以上(上着を脱いだ時は 4本以上)見えるか、飾りベル
トの見える長さとする。
(7) スカートの下にジャージ等を着用することは禁止とする。

3 共通
(1) 改造した制服の着用は禁止する。
(2) ボタンやファスナーは一番上まで閉めること。
(3) カバンは教科書の入るものを所持する。
(4) 装身具(ピアス・イアリング・ネックレス・ペンダント・ブレスレット・指輪・エクステンション等)は禁止する。
(5) 化粧・マニキュア・色つきリップクリーム等の使用を禁止する。
(6) パーマ・カール・アイパー・脱色・染色等を禁止する。
(7) 上着の下の防寒用としてセーター・カーディガン・ベストは黒・紺色とする。上着の裾や袖から出ないようにきちんと着こなすこと。また、パーカーは禁止とする。
(8) 冬季は、オーバーコート・ジャンパー・マフラー等上着の上から着用するものを使用ができる。ただし、色、デザインや模様なども奇抜・派手でないものを着用する。
(9) 頭髪はきちんと整え、他人に不快感を与えないようにする。左右不均等、一部長髪、ライン、デザインカット等奇抜な髪型は禁且こする。(一般的な面接試験に行くときの髪の長さを原則とする。例 前髪は目にかからない等)
(10)下履き(靴)は、学生らしいものとし、上履きは本校指定のものを使用する。

4 服装・頭髪指導において、繰り返し指導しても改善されない生徒は、次の指導を行う。
(1) 家庭に連絡し、学年と協力して、直させる指導を継続して行う。
(2) 生徒指導部で指導する。
(3) 保護者同席のもと、学校の指導方針に対する協力依頼と、改善の指導を行う。
(4) 指導部立案のうえ、職員会議で協議し、特別指導をする。

校内生活

  1. 欠席、遅刻、早退は所定の様式により届けを担任に提出する。
  2. 下校時刻は午後 5時 00分とする。もし、これより遅くまで残る必要が生じたときは、関係の先生の指導を受ける。
  3. 登校後、無断外出はしない(昼休みや休憩時間含む)。止むを得ず外出(昼食など飲食物の購入を含む)する場合は、必ず外出許可を受ける。
  4. 物品等の自己管理を徹底し、盗難防止に努める。
  5. 生徒間の金銭及び物品の貸借は絶対にしない。
  6. 定期試験中、教科書・ノート・参考書等を一括してカバンに入れ、教室の前後に置いて受験する。
  7. 携帯電話・スマートフォン・タブレット等は、集会中及び定期試験中は電源を切り、ロッカーに入れておく。※【 9】を参照
  8. 身分証明書は必ず携帯する。破損紛失した場合は再交付願いを提出する。

校外生活

外出時の服装は、高校生らしさを失わないように留意する。
暴走行為、無謀運転、無免許運転等は絶対しない。
男女交際は、相互の人格を尊重し節度あるものとする。
不健全な娯楽場(パチンコ・雀荘・居酒屋等)への出入りは禁止する。
夜間外出及び外泊はしない。止むを得ない場合は保護者の承諾を得る。

各種許可の申請(願)

下記の各種許可は、所定の様式(学校備え付け用紙)により申請(願)する。
自転車通学許可申請書・交通安全誓約書 ······ 様式1
バイク通学許可申請書・交通安全誓約書 ······ 様式2
普通自動車運転免許取得許可申請書・誓約書、入校許可証・合格通知書 ······ 様式3
アルバイト承認申請書・アルバイト指導について(依頼)・アルバイト許可書 ······ 様式4
外部団体所属承認申請書・外部団体所属について(依頼)・外部団体所属許可書 ······ 様式5
旅行許可願 ······ 様式6
登山・キャンプ許可顛 ······ 様式7
異装許可願 ······ 様式8
原動機付自転車免許取得届 ······ 様式9
普通自動車運転免許取得届 ······ 様式 10

自転車通学

1 許可条件
(1) 防犯登録をすること。また、駐輪の際には施錠すること。
(2) 許可された自転車(点検を受けてステッカーを添付したもの)以外心勇学に使用することを認めない。また、自転車を変更した場合は、速やかに再点検の上許可を受けること。
(3) 改造した自転車は許可しない。
(4) 自転車の貸し借りをしてはならない。
(5) 必ず届け出た通学路区間を利用する。
(6) 任意保険・ヘルメットの着用は、県の条例に従う。
2 通学許可手続き
(1) 「自転車通学許可申請書」を、担任を通じ生徒指導部自転車係へ提出する。
(2) 生徒指導部で許可条件等について審査を行う。
(3) 条件が満たされた場合は、係より点検を受ける。
(4) 点検に合格した者は規定のステッカーを自転車の後部泥除け等見やすい部分に貼り、自分の置き場を確認する。

原付バイク通学

原付バイクの免許取得について
原付バイクの免許取得は、原則として 1年生の夏休み以降とし、授業や学校行事に支障のない時に許可をへて取得すること。(長期休業日等を利用して取得すること)
免許を取得するときは、担任に申請し、取得したら速やかに取得届を提出すること。
1 一般許可条件
(1) 原則として原付バイク通学は 2年生からとする。
(2) 自宅~学校の通学距離が 5km以上 20km以内とする。
(3) 自賠責保険及び任意保険には必ず加入するものとする。
(4) 原付バイクの排気量は 50CC以下とする。
(5) ヘルメットは白系単色のフルフェイスのみ(シールドは顔が確認できるもの)とする。
(6) 改造された原付バイクや整備不良の原付バイクについては許可を認めない。
(7) 安全運転実技講習会等は、必ず出席するものとする。
(8) 許可された原付バイク(点検を受けてステッカーを添付したもの)以外は通学に使用することを認めない。ヘルメットについても同様である。
(9) 原付バイクの貸し借りをしてはならない。
(10) 必ず届け出た通学路区間を利用する。
2 特別許可条件
(1) 部活動及び特別な事情が生じた場合、担任を通じ生徒指導部へ申し出る。(生徒指導部で審議)
(2) 1年生は、 10月以降のバイク通学を許可する。
3 通学許可手続き
(1) 所定の様式2 「原付バイク通学許可申請書」・「交通安全誓約書」及び、下記の書類を添付し、担任・学年主任確認(押印)の上、生徒指導部バイク係まで提出する。
<添付書類> ・免許証コピー ・任意保険証コピー ・自賠責保険証コピー
(2) 生徒指導部で許可条件等について審査を行う。
(3) バイク通学許可式に保護者同伴の上出席し、許可を受ける。
(4) 許可式終了後、原付バイクの点検を受ける。
(5) 点検に合格した者については、原付バイク、ヘルメットそれぞれ見やすい場所にステッカーを貼り、自分の置き場を確認する。
<その他>
(1) 通学用自転車 ・原付バイクは所定の場所に置く。
(2) 平常授業時における原付バイクの運転免許取得は禁止する。
(3) 自動二輪免許の取得は禁止する。
(4) 許可条件に違反した場合や、実技講習会、安全点検等を無断で欠席した場合は、通学許可を、取り消すことがある。

普通自動車運転免許取得

1 入校開始時期
自動車教習所入校は第 3学年の 10月第 1週から許可するが、休日との兼ね合いを考慮して早めることも
ある。 12月 1日からは、進路が未定者も入校を許可する。
2 自動車教習所入校許可手続き
(1) 所定の様式3 「普通自動車運転免許取得許可申請書」・「誓約書」を、担任・学年主任確認(押印)の上、生徒指導部普通自動車運転免許係まで提出する。
(2) 現在取得している免許証を提示する。
(3) 「入校許可証」の発行を受ける。
(4) 各自が自動車教習所へ本校の入校許可証を持参の上、自動車教習所の諸手続き書類にて入校手続きをする。
3 教習における遵守事項
(1) 教習は学校の授業に影響のない時間帯(放課後、休日等)で受講する。
(2) 定期試験及び定期試験 1週間前・学校行事(文化祭、体育祭等)及びその準備期間中は教習を受講してはならない。
(3) 高校生としての自覚を持って教習を受講する。
(4) 教習終了(卒業)後は速やかに結果を学佼へ報告する。
(5) 自動二輪免許の取得は原則禁止する。
4 本検定について
(1)本検定受検は自由登校開始以降とする。
(2)免許取得後は速やかに結果を学校へ報告し、普通自動車運転免許取得届を提出する。
5 普通自動車運転免許取得後も高校在学中は運転を禁止する。

アルバイト許可

1 許可内容
(1) アルバイトは、許可制とする。
(2) 申請は、所定の様式4により、保護者の承諾及びアルバイト先の内諾を得て申請する。
(3) 許可条件に違反した場合は、許可取り消しを含め指導する。
(4) 年度を超える場合は年度毎ごと申請する。
2 手続き 8 (1) 長期休業前に行われるアルバイト許可説明会に出席し、内容を確認する。
(2) 所定の様式4 「アルバイト許可願」・「アルバイト雇用について(依頼)」・「アルバイト許可書」により、担任・学年主任確認(押印)の上、生徒指導部アルバイト係まで提出する。
(3) 生徒指導部で許可条件等を確認した上、「アルバイト雇用について(依頼)」・「アルバイト許可書」を発行する。
3 許可条件
(1) 学業、学校行事、部活動等に支障をきたさないこと。定期テスト及び学校行事(文化祭、体育祭等)の1週間前からはアルバイトを禁止とする。
(2) 1年生は、原則夏休み前はアルバイトの許可は行わない。
(3) 登校日や課外・実習・補習などについては、アルバイトよりも必ず優先することとし、欠席などがないようにする。
(4) アルバイト先が変更になる場合は、速やかに生徒指導部アルバイト係に連絡し、新たにアルバイト許可を申請すること。
(5) 許可期間が終了したり、アルバイトを辞めた場合は、学校までアルバイト許可証を返納すること。
(6) アルバイト中の事故やトラプルには十分気をつけること。あくまでもアルバイトは保護者の責任の下に行うこと。
(7) 職種は高校生として適当なものとし、酒類を主に扱う飲食店、危険を伴うものなどの不適当なものは禁止する。
(8) 勤務時間は午後 8時までとする。

校外団体への参加

1 手続き
(1) 所定の「外部団体所属許可顛」を担任・学年主任確認(押印)の上、生徒指導部へ申請する。
(2) 生徒指導部で許可条件等を確認した上、「外部団体所属について(依頼)」・「外部団体所属許可書」を発行する。
2 活動許可内容
(1) 明確な代表者および連絡先を有し、責任の所在が明らかな団体であること。
(2) 次のような団体については、参加を認めない。
1営利を目的として活動するもの。
2反社会的なもの。
3公序良俗に反するもの。
4上記以外で学校が参加すべきでないと判断したもの。
3 活動許可条件
(1) 活動時間は部活動に準じ、かつ学業に影響のない範囲であること。
(2) 活動場所は安全に移動可能で、家庭や学校と連絡できる場所であること。
(3) 活動内容は 2の (2) に抵触しないものであること。
(4) 高校生としての自覚を持ち、それにふさわしい活動をすること。
(5) 学業・学校行事を最優先とすること。
(6) 事件・事故等の際は、すみやかに学校へ連絡すること。

携牝竜話・スマートフォン・タブレット等電子機器の使用

(1) 携帯電話・スマートフォン・タブレット等電子機器の使用にあたっては、ながらスマホ、他人に迷惑・不快感を与える等のマナーに反する行為はしないこと。
(2) 授業担当者の指示に従い、適切な使用をすること。
(3) 定期試験中は電源を切り、ロッカーに入れておく。(机やポケット等身辺に置かないこと。)
(4) 携帯電話・スマートフォン・タブレット等電子機器を使用した、個人情報の投稿・誹謗中傷・ネットいじめ等に該当する行為は絶対にしないこと。
(5) 校内のコンセント等から充電しないこと。

自動販売機利用

1 昼休み、休み時間、放課後に利用すること。
(1) 授業中等の購入や飲用を禁止する。
(2) 授業中、机上に飲み物を置いてはならない。
2 飲んだ後のゴミの処理は、所定のゴミ箱を利用口確実に行うこと。
※ 上記のことが守れない場合は、自動販売機の利用を中止することもある。

タイトルとURLをコピーしました