【茨城】真壁高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

生徒心得

高校生の本分は、多くの仲間と共に学び、共に鍛え、成長していくことである。そのためには、自覚と誇りを持ち、学習活動に意欲的に取り組み、礼儀正しく節度ある学校生活を送ることが大切である。

礼儀

礼儀作法は敬愛の念と親和の情を表すものであるから、常に誠意のある態度を保つように心がける。
(1) 年長者・教師・外来者には節度ある態度で接し、無作法や乱暴な言葉づかいをつつしむ。
(2) 生徒相互の間においても親しみを込めた挨拶をし、相手を思いやり尊重する。
(3) 男女の交際は常に明朗で節度を守り、軽率でつつしみを欠くような態度をとらない。

校内生活

(1) 登 校
ア 所定の通学方法で、始業前に登校し諸準備を完了しておく。
イ 遅刻は怠惰のくせをつけるものであり、他の者の学習の妨げともなるので絶対にしない。
ウ やむをえない事情により遅れる場合は必ず学校に連絡する。
(2) 下 校
ア 校内活動等で下校時刻以降残る場合は、担当教師の指示を受ける。
イ 下校に際しては危険な道を避けるとともに、必ず 2人以上の友逹と帰るよう心がける。
ウ 下校が遅れた場合は、家庭に連絡する。
エ 下校中みだりに飲食店に立ち寄ることなく帰宅する。
オ教室の使用は午後 4:30 とする。
(3) 部活動
ア 部活動に参加する場合は常に顧問教師の指示を受け、部長を中心に規則正しい活動をするとともに安全を心がける。
イ 部活動の終了時刻は下記とし、延長は顧問教師がいるときのみとする。
部活動の終了時刻      男 子     女 子
3月~ 10月         18:30      17:00
1 1月~ 2月        18:00    17:30
ウ 休業中の部活動は顧間教師の指示を受けて行う。
(4) 登校後の外出
ア 登校後やむをえない事由があると認められるほか、原則として外出を認めない
イ 外出するときは必ず担任の許可を受け外出許可証を携行する。
(5) 出 欠
ア 遅刻・早退・欠席などは保護者から電話等で必ずその旨を担任あて連絡し、指示があった場合には届を提出する。
イ 病気で欠席 1週間以上にわたる時は、医師の診断書を添えて届を提出する。
(6) 清 掃
ア 清潔な環境は学習意欲を高揚するものであるから、常に環境整備に留意し、責任を持って各分担の清掃美化にあたる。
イ 清掃用具は丁寧に取り扱い、定められた場所に整頓しておく。
ウ 清掃後は必ず係職員に報告し、点検受ける。
(2) 旅 行
旅行をする場合は事前に所定の用紙に必要事項を記入し、保護者の承認を得て願い出、必要に応じて学割の発行を申し出る。
(3) 外出・外泊
ア 外出する場合は保護者にその目的・行き先・帰宅時刻・同行者の氏名等を知らせておく。
イ 保護者同伴(準ずるものを含む)以外、他人の車に同乗してはならない。
ウ 「茨城県青少年の健全育成等に関する条例」に則り、深夜(午後 11時~午前 4時)の外出はしない(この時間帯の映画館、カラオケボックス等への入場は、保護者同伴でも禁止されています)。
ユ 無断外泊は禁止する。
(4) 休業中
ア 休業中は生活が不規則になりやすいので、高校生としての誇りと責任を自覚し、勉強に励み、規則正しい健全な生活を送る。
イ 万一、事故が発生した場合は直ちに学校へ連絡する。
(5) アルバイト
生徒の本文は学業が第一であり、アルバイトはしないほうが望ましい。しかし、事情によりアルバイトを希望する場合は担任に相談し、許可願・誓約書を提出し、校長の許可を得る。

服装規定

学校の内外を問わず質素、清潔、端正にして高校生としての品位を保つようにする。本校制服は次のようにする。
(1) 制服は本校指定のものを着用する。

ブレザー指定
スラックス・スカート指定
ネクタイ指定
Yシャツ市販、半袖可(白)
夏服ベスト指定(ただし希望購入)
靴下市販(白・黒・紺・グレー)
防寒着ー校舎内(セーター・カーディガン・ベスト)
校舎外(コート・ジャンパー)
市販(Vネック、白・黒・紺・グレー・茶)
市販

(2) 制服の調整については、指定販売店に制服調整許可証を持参して調節する。更新についても同様である。
(3) 体育時・実習時は本校指定のものを着用する。
(4) 服装規定一般の注意
ア 冬服は 10月 1日から翌年の 5月 31日、夏服は 6月 1日から 9月 30日までとする。ただし夏服のネクタイ着用は自由とする。
イ Yシャツは半袖も含め市販のものも認める。ただし白色でレギュラータイプとする。
ウ 夏服の期間中のベスト着用を認める。
エ 防寒着はセーター・カーディガン・ベストとし、形状は ネック、色は白・黒・紺・グレー・茶(ベージュを含む)で無地とする。ただしワンポイントも可とする。
オ コート・ジャンパー類は華美でないものとし、校舎内では着用しない。
カ ベルトの色は黒または茶とし、華美でないものを着用する。
キ 靴下の色は白・黒・紺・グレーとする。ただしワンポイント可とする。

ア 交通法規を厳守し、交通安全に心がける。
イ ヘルメットは、安全基準規格を満たしているフルフェイスタイプのものを使用する。
ウ 通学許可ステッカーを見やすい位置に貼付する。
エ 免許証と通学許可を常に携行する。
オバイクは所定の場所に置く。
力 許可外のバイクを使用しない。
キ校内では徐行する。
ク 通学許可後もバイクの改造は絶対にしない。
(4) 許可停止・および取り消し
交通法規・バイク通学に関する心得に達反した場合には通学許可停止とし、繰り返し悪質な違反があった場合には通学許可を取り消すものとする。

タイトルとURLをコピーしました