【茨城】取手第一高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

校内・校外生活

(1)始業時刻から終業時刻まで外出を認めない。ただし,やむを得ない理由で外出する場合は担任等の許可を受ける。
(2)放課後は17:00(部活動については18:00)までに下校する。ただし,課外授業や
部活動等で教員の指導を受ける場合はこの限りではない。
(3)外出の際の服装は,華美にならないようにする。
(4)遊興場等,高校生にふさわしくない場所への出入りはしない。
(5)深夜の外出はしない。
(6)原則として友人宅などへの外泊はしない。
(7)アルバイトを希望する生徒は,必ず所定の手続きを経て許可を受ける。無断アルバイトは禁止とする。なお,アルバイトを許可する時期は,1年次の10月以降とする。
(8)旅行等をする場合は,旅行計画書,保護者承認書を提出する。

服装容儀

(1)服装・頭髪指導について
ア 原則として全校指導は長期休業明け(春,夏,冬)に年次ごとに行うこととする。必要があれば年次集会等で適宜行う。頭髪で指導を受けた生徒は,指定の黒染め液で期限までに自分で黒染めをする。指導に従わない場合は特別指導とする。
イ 普段の指導においては校則違反指導の都度、記録をとる。その指導回数に応じて段階的に指導を行う。
(2) 服装・頭髪等の基準について
ア 履き物
(ア)革靴は,黒または濃褐色のものとする。ブーツやかかとの高いものは認めない。
(イ)運動靴の着用を認める。
イ 上履き
(ア)本校所定の上履きを用いる。
(イ)体育館では,本校所定の体育館履きを用いる。
(ウ)上履き,体育館履きには記名をする。かかとをつぶさず,落書きはしない。
ウ 服装
※ 制服はフォーマルであることを理解し,細部にまで気を遣い正しいマナーで着用する。
(ア)本校所定の制服を着用する。
(イ)改造は禁止する。
(ウ)冬季(11月1日から4月30日)の登下校の際は,原則本校所定の上着を着用する。
何らかの理由で着用しない場合も持参はする。
(エ)夏季(6月1日から9月30日)は略装とし,白ワイシャツまたはポロシャツを着用する。夏季前後1ヶ月も略装を認める。
ネクタイ・リボンの着用は自由とする。
(オ)ワイシャツのすそは,必ずスラックス・スカートの中に入れて着用する。

(カ)女子生徒のスカートの長さは,採寸時の長さ(膝頭程度)とし,短くする行為は一切しない。
(キ)女子はスカートかスラックスを選択できる。また,防寒用としてスラックスの着用を認める。
(ク)インナーシャツはワイシャツから色・柄が透けないように気を遣う。
エ 靴下
男子はレギュラーソックス
女子はレギュラーソックスまたはハイソックスとする。
色は黒・紺の無地(ワンポイント可)とする。
※ タイツ・ストッキングは黒無地のものを着用する。
オ ベルト
ベルトは黒または濃褐色の革製無地のものとする。
カ コート類
(ア)コートを着用する際は,黒・紺・茶・灰色の無地のものとする。
(イ)登下校の際の防寒用に,ウインドブレーカーを着用してもよい。
キ セーター類
指定のものを着用する。セーター・ベストでの学校生活も可とする。
ク 頭髪
(ア) 頭髪は,常に清潔,端正にする。
(部分的な刈上げ,長さに極端な差があるような奇抜な髪型にしない。)
(イ)パーマ,カール,染色,脱色は禁止する。
(ウ)かつらや付け毛は禁止する。
ケ 鞄
教科書・ノートの入るカバンまたはリュックとする。
コ 装身具など
(ア)ピアス,ネックレス,指輪,カラーコンタクト等の装身具はつけない。
(イ)化粧は禁止する。

交通指導

(1)原付自転車の免許取得について
ア 免許取得の時期
1年次10月以降の長期休業及び休校日に限る
イ 免許取得の条件
年齢は満16歳以上で,学習及び生活の面で,特に問題のないこと。
ウ 免許取得の手続き
担任が保護者に確認の上,原付免許取得許可願を指導部に提出する。
エ 免許取得後の処置
免許取得後,速やかに原付免許取得報告書を提出する。
(2) 自動二輪車は,免許の取得を認めない。
(3) 自動車については,次の場合に限り許可する。
ア 原則として進路内定者とする。

イ 時期
3年次10月以降
ウ 手続き
担任を通して,普通免許取得願を指導部に提出する。免許取得後は速やかに報告書を提出し,免許証は保護者管理とする。
(4)指 導
以下の違反があった場合は指導する。
ア 免許を取得するために授業を休んだ場合。
イ 無断で免許を取得した場合。
ウ 保護者管理中に免許証を不正に再発行した場合。
エ 自動二輪,普通車の運転等が発覚した場合。
オ その他,上記の免許手続きに違反した場合。
(5)その他
ア バイク通学については禁止する。
イ 交通違反を犯した場合は担任に申し出る。
ウ 自転車通学をする者は通学届けを提出する。通学用の自転車は指定のステッカーを貼った上で所定の場所に置き,必ず鍵をかける。

外出,早退について

早退・外出許可証明書または生徒手帳にその理由を記し,担任の捺印(署名)をもらうこと。もし,上記の手続きを取らずに外出,早退をした場合は,無断外出,無断早退とみなし,年次により指導を行う。

遺失物について

(1)金品を拾得または紛失したり,盗難された場合は,速やかに担任等に届ける。
(2)引き取り手のない遺失物は適宜処分する。現金は生徒会の雑収入に繰り入れる。

タイトルとURLをコピーしました