【北海道】中標津高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

1 生徒心得

(1) 礼儀
正しい言葉遣いや清楚な服装に留意し、礼を失することのないよう心がける。
(2) 学習
ア 学習は常に計画的に創意工夫する。
イ 授業は時間を厳守し、静粛にし、常に良い学習環境をつくる。
ウ 授業中の教室の出入りは教師の許可を受ける。
工 家庭における学習計画は、各自の目標により、継続して行う。
オ 休日・その他の余暇は、有効に利用する。
(3) 風紀
ア 高校生としての自覚を持ち、節度ある行動をとる。
イ 校内では所持品の管理に留意し、不要な金銭・物品は持参しない。
ウ 公共物を大切に取扱い、常に環境の美化に努める。
工 男女は互いに敬愛し、正しい理解を持って交際する。
オ過失や事故の場合は、ただちに教師に申し出る。
力 個人的な物品贈答や、金銭・物品の貸借はさける。
キ 夜間外出は 9時までとする。ただし、保護者同伴の場合の夜間外出は 10時までとする。
(4) 禁止事項
ア 学習にふさわしくない物の校内への持ち込み。
(例:トランプ・花札・雑誌・マンガ・飴・ガムお菓子など) ← 時代に即し変更に向けて検討中
イ 高校生の出入りが禁止されている場所への出入り。
(例:パチンコ・スナックなど)
ウ 飲酒・喫煙・薬物乱用・賭事。
工暴カ・威圧行為。
オ 朝の SHRから帰りの SHR終了までの間の携帯電話の使用。なお、校内に持ち込んだ場合は、携帯電話の電源を切り、盗難防止のために担任に預けるか携行する。

2 服装・頭髪等

(1) 着用する服装によって、制服を次のように分類する。
ア 「正装」は、全員が所持し、着用しなければならない機会がある制服。
イ 「略装」は、必要に応じて所持・着用すればよい制服。
(2) 正装について。
ア 男子の正装は、上が指定標準学生服の上衣を、下は指定標準学生服のスラックスをそれぞれ着用する。
イ 女子の正装は、上が指定上衣・指定ブラウス・’指定リボンを着用する。上衣の中に指定共布ベストを着てもよい。また、下は指定スカートまたは指定スラックスを着用する。
(3) 略装について。
ア 男子の略装は、上が白 Yシャツまたは白開襟シャツを着用する。この上に、指定ニットセーター・指定ニットベスト(以下、これらを「指定セーター等」という)のいずれかを着てもよい。また、下は指定標準学生服のスラックスを着用する。
イ 女子の略装は、上が指定共布ベストまたは指定セーター等・指定ブラウス・指定リボンを着用する。また、下は指定スカートまたは指定スラックスを着用する。
(4) 次の場合は、正装を着用する。
ア 儀式(入学式・卒業式等)。
イ 進学・就職試験を受験する場合。ただし、学校が指示する場合や受験先か服装の指定等を受けた場合は、指示・指定された服装とする。
(5) 次の場合は、正装または略装を着用する。
ア 学校に登校する場合(登下校時を含める、期間指定のない通年)。
(6) 着用する服装を学校が指定する場合がある。
(7) 男女共通の服装等について。
ア セーター類を着る場合は、指定セーーター等を着用する。指定セーター等以外は着用できない。
イ 正装の上着の中に指定セーター等を着用する場合は、上着のすそ・そでからそれを出さないように着用する。
ウ 教室内で授業中に、防寒対策としてひざ掛け等を使用することは認める。ただし、定期考査等の試験中は、不正防止のためにひざ掛け等の使用を禁止する。
工 靴下・ストッキング・タイツ・靴・コート類・マフラー等は、派手なものを禁止する。
オ 装身具(ピアス・指輪・ネックレス等)の着用は禁止する。
力 化粧等は禁止する。
(8) 制服の購入・修繕、着用、加工について。
ア 本校「指定」の制服は、指定制服取扱店(以下「取扱店」という)で購入・修繕する。
イ 製品指定がない略装の制服は、定められた条件を満たす製品を取扱店または一般の商店等で購入する。
ウ 制服は、体型に合ったものを着用する。
工 本校「指定」の制服の一部は、取扱店で次のような加工を行う。
(ア) 「校章プレスバッヂ」は、学年色の校章を埋め込む。・
(イ) 「校章刺しゅう」は、プルーの刺しゅう糸で校章を刺しゅうする。
(ウ) 「個人ネーム」は、ブルーの刺しゅう糸で姓のみを漢字で刺しゅうする。
(エ) 「N刺しゅう」は、紺の刺しゅう糸で「N」を刺しゅうする。
オ 中学時着用または譲り受けた制服は、下記仕様に適合する場合に着用を認める。
(9) 男子の制服仕様について。
ア 指定標準学生服の上衣は、日被連マーク付の黒色標準学生服、襟はラウンド埋め込みカラー。左襟に校章プレスバッヂ、校章入り指定ボタン(前ボタン 5個、そでボタン各 2個)、左前すそ裏に校章刺しゅう、左内ポケヅトに個人ネームの各加工をする。学年章は付けない。
イ 指定標準学生服のスラックスは、標準ワンタックスポーツマン型またはワンタックストレート型の日被連マーク付黒色スラックス。すそはシングル、左前先から左 5センチのベルド下に校章刺しゅう、校章刺しゅうの下に個人ネームの各加工をする。
ウ 白Yシャツまたは白開襟シャツは、製品指定をしない。ただし、すそ丈がスラックスに収まるもの。
(10) 女子の制服仕様について。
ア 指定上衣は、黒色シングルスーツ型。左襟に校章プレスバッヂ、指定ボタン(前,ボタン 3個、そでボタン各 2個)、右前すそ裏に校章刺しゅう、左内ポケットに個人ネームの各加工をする。学年章は付けない。
イ 指定ブラウスは、白色。長そでと半そでがあり、どちらを着用してもよい。
ウ 指定リボンは、学年色のリボン。
工 指定スカートは、黒色スカート、前 6本・後 6本のひだ付き。丈は床上25センチからヒザ下までの範囲、プリーツ縫い止まりは15センチ以上、左前 1プリーツのウエスト部分に校章刺しゅう、この校章刺しゅうの下に個人ネーム、すそ裏に校章刺しゅうの各加工をする。
オ 指定共布ベストは、黒色前開きシングルベスト。胸ポケットに校章プレスバッヂ、指定ボタン(前ボタン 3個)、右前すそ裏に校章刺しゅう、―左内ポケットに個人ネームの各加工をする。
力 指定スラックスは、ストレート型黒色スラックス、ワンタック(前側)・ダーツ2×2本(後側)、脇ポケット(タテ型、後側には付けない)、ベルトループ(5本)付き、前ファスナー、ホック付き。左前先から左 5センチのウエスト部分に校章刺しゅう、校章刺しゅうの下に個人ネームの各加工をする。
(11) 男女共通の制服等の仕様について。
ア 指定セーター等とは指定ニットセーターまたは指定ニットベストのことを指し、ニッケ(日本毛織株式会社)製スクールニッドの灰色ニットセーターまたはニットベスト。左胸の部分にN刺しゅうの加工をする。
イ 上履きは、入学年度により製品・色を指定する。
ウ 学年色には紺色・緑色・赤色があり、入学年度により指定する。
(12) やむを得ない理由で制服が着用できない場合は、異装届を学級担任に提出し、指定ジャージ等の着用許可を受ける。
(13) 次の場合の服装は、指定ジャージ等の着用を認める。
ア 休業日における部活動等に参加する場合。
イ 部活動等の大会に参加する場合。ただし、その当日に授業を受ける場合は、指定ジャージまたは各部活動等で統一指定したジャージに限る。
(14) 頭髪は、清楚で清潔感を感じる髪型を心がけ、次の点に注意する。
ア パーマ・ウェーブをつける髪型・付け毛・染色・脱色は禁止する。
イ 前頭部(ひたい)の剃り上げは禁止する。←時代に即し変更に向けて検討中
ウ 派手なヘアピン類は禁止する。

3 届出・許可に関すること

(1) 次の場合には所定の用紙に必要事項を記入し、保護者承諾書を添付し学級担任に届け出て、学校長の許可を受ける。
ア 登山・キャンプ等を行う場合。
イ会合・集会等を行う場合。
(2) 次の場合には所定の用紙に必要事項を記入し、学級担任に届け出る。
ア 遅刻または外出による途中入室の場合。
イ 住所等を変更した場合。
(3) 次の場合は許可を得る。
ア 休業日等に学校の施設・設備を使用する場合。
(4) アルバイト(長期休業中は除く)は原則禁止とするが、特別な事情によりアルバイトを行う場合は、「アルバイト許可願い」を提出し、学校長の許可を受ける。願い出用紙は本校のアルバイト規程を保護者と事業所責任者が了承し、必要事項を記入の上、学級担任に提出すること。
アルバイト許可基準
ア 理由が考慮すべき特別な事情であること
イ 学校のアルバイト規程を守ること
ウ 前期末評価で「 1」又は「 2」、学年末評定で「 1」を有していないこと
エ 欠課時数が危険段階に達した科目を 3科目以上有していないこと ..
オ生活態度が良好であること
カ アルバイトの内容が次の事項に該当しないこと(禁止事項)
(ア) 1年生の夏期休業前のアルバイト
(イ) 午後 9時までに帰宅できないアルバイト
(ウ) 定期考査 1週間前とその期間中(考査最終日は含まない)のアルバ イト
(エ) 酒類を主どした飲食店でのアルバイト
(オ) 危険を伴うアルバイト
(力) 自動車・ニ輪車等を使用してのアルバイト
(キ) 風紀上好ましくないアルバイト
キ 特例として、就職内定者の研修に関わるアルバイトについては禁止事項を除き本規程を適用せず、就職活動の一環として取り扱う。
附則 本心得は、 2008(平成20)年 2月29日に一部改定する。
本心得は、 2009 (平成21)年 4月 8日に一部改定する。
本心得は、 2011 (平成23)年 4月 8日に一部改定する。
本心得は、 2017 (平成29)年 2月 8日に一部改定する。
本心得は、 2018 (平成 0)年 2月 1日に一部改定する。

車両規程

1 自転車通学に関すること

(1) 自転車通学を希望する者は、所定の用紙による通学許可願を提出し、次の条件を満たす場合に許可する。
ア 自転車通行ルール等を守り、安全運転を行う。
イ 本校が実施する車両点検に合格する。
ウ 学校では、車両を指定された駐輪場に施錠して置く。
工 学校指定のステッカーを車両に貼る。
オ 任意保険に加入することを原則とする。
力 車両の貸し借り・改造は禁止する。
キ 空き地や商店などに無断で駐車しない。
ク 盗難等にあった場合は、直ちに学級担任・学校に申し出る。
ケ 違反や事故は、直ちに学級担任・学校へ連絡・報告し、学校の指示に従う。

2 自動車・二輪車の免許証取得・運転に関すること

次の各事項を希望する者は、所定の用紙による保護者からの申請・許可願を学級担任に提出し、学校長の許可を得る。許可を得ずに自動車学校等に通学し運転免許証を取得したり、車両を所持してはならない。
(1) 次の条件を満たす場合に、通学のための運転免許証取得と運転を認める。
ア 家庭の事情により通学時送迎が不可能である。
イ 自宅より通学可能な最寄りのバス停まで 5km(程度)以上ある。
ウ 校則違反をしていない。
工 許可する運転免許証は、原付免許 (50 cc未満)のみとする。
オ 運転は、登下校時の指定された区間・指定された期間のみとする。
力 学校の指定する交通安全教習会等に参加する。
キ 車両の管理・保管は保護者の責任で行う。
ク その他の条件は、上記 1 (1) ア~ケに準じる。
(2) 次の条件を満たす場合に、普通免許証(普通自動車)取得のための自動車学校通学を認める。
ア 校則違反をしていない。
イ 各教科の出席時数が自動車学校通学によって不足にならない。
ウ 成績不振教科がない。
工 入校許可の時期は、進路状況により次のようにする。ただし、誕生日によってはこの時期以降となることもある。
(ア) 就職希望者は、 10月以降とする。
(イ) 進学決定者は、進学決定後 (10月以降)とする。
(ウ) 進学希望者は、冬休み以降とする。
オ次の期間は、通学を禁止する。
(ア) 定期考査の 1週間前から終了までの期間。
(イ) 特別指導(停学)中や成績不振教科がある期間。
力 通学を許可する自動車学校は、中標津町内の自動車学校を原則とする。ただし、保護者の居住地の関係で他の自動車学校を認める場合がある。
(3) 次の条件を満たす場合に、家庭学習期間中からの普通免許証(普通自動車)の取得(早期取得)を認める。
ア 自動車の運転を、卒業式まで行わないことを確約できる。
イ 運転免許証は、原則として取得当日に自動車学校学校で預かってもらう(卒業後に返却してもらう)。
(4) 次の条件を満たす場合に、普通免許証以外の運転免許証取得のための自動車学校等への通学と運転免許証取得を認める。
ア 就職内定先企業における就業条件、または進学決定先で普通免許証以外の取得が必要と認められる場合。
イ その他の条件は、上記 (2) (3) に準じる。
(5) 次の条件を満たす場合に、公道以外で行われる自動車・ニ輪車の競技施設内における車両の運転を認める。
ア 地域の競技団体等に加盟・所属している。

附則 本規程は、 2008 (平成 20) 年 3月 17日に一部改定する。
本規程は、 2016 (平成 28) 年 2月 16日に一部改定する。

アルバイト規程

アルバイトは長期休業中を除き、原則禁止とする。、特別な事情によりアルバイトを行う場合は、「アルバイト許可願い」を提出し、学校長の許可を得ること。願い出用紙は、本校のアルバイト規程を保護者と事業所責任者が了承し、必要事項を記入の上提出すること。

1 アルバイト許可基準

(1) 理由が考慮すべき特別な事情であること
(2) 学校のアルバイト規程を守ること
(3) 前期末評価で「 1」又は「 2」、学年末評定で「 1」を有していないこと
(4) 夏季・冬季休業中の補習対象者ではないこと。補習対象者は次回の考査最終日まではアルバイトを許可しない。
(5) 欠課時数が危険段階に達した科目を 3科目以上有していないこと
(6) 生活態度が良好であること
(7) アルバイトの内容が次の事項に該当しないこと(禁止事項)
ア 1年生の夏休み前のアルバイト
イ 午 後9時までに帰宅できないアルバイト
ウ 定期考査 1週間前とその期間中のアルバイト
工 酒類を主とした飲食店でのアルバイト
オ 危険を伴うアルバイト
力 自動車・ニ輪車等を使用してのアルバイト
キ 風紀上好ましくないアルバイト
(8) 特例として、就職内定者の研修に関わるアルバイトについては、禁止事項を除き本規程を適用せず、就職活動の一環として取り扱う。

2 手続きについて

特別な事情によりアルバイトを希望する場合は、アルバイト許可願い(第 1号)を担任に提出し仮許可を得る。仮許可証の発行後、保護者及び事業所責任者が本校のアルバイト規程を了承したアルバイト許可願い(第 2号)を担任に提出し、正式な学校長の許可を得る。

3 アルバイトの停止及び許可取り消しについて

(1) 次の場合はすみやかにアルバイトを停止又は取りやめる。停止期間は次回の考査最終日までとするが、前期末評価が再評価されなかった場合は進級認定会議まで延長する。なお、停止期間中は長期休業中のアルバイトも認めない。ただし、 3学年の家庭学習期間中は卒業を認定された時点からアルバイトを再開してよい。
ア 前期末評価で「1」又は「 2」、学年末評定で [1」を有した場合
イ 夏季・冬季休業の補習対象者
(2) 次の場合はアルバイト許可を取り消す。ただし、長期休業中についてはアルバイトを認める。
ア 欠課時数が危険段階に達した科目が 3科目以上となった場合’
(3) 次の場合はアルバイト許可を取り消し、年度内の一切のアルバイトを認めない。
ア アルバイトに関する指導を受け、許可取り消しを命じられた場合 I
(4) アルバイトを停止または許可を取り消した場合、保護者及び事業所にアルバイトの停止または許可取り消しについて記した文書を送付する。

4 罰則について

無許可や上記 1 (6) に反する行為を行った場合は指導の対象とする

5 移行措置について

平成 24年度の 3年生については、原則禁止を適用せず上記 1 (1) の許可基準を満たさなくてもアルバイト許可願いを提出できる。その場合、年度初めの申請についてはアルバイト許可願い(第 1号)を省略することができる。

この規程は平成 23年4月8日より施行
この規程は平成 25年4月8日より施行

タイトルとURLをコピーしました