【北海道】札幌北陵高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒指導の基準

1 服装について

(1) 制服の基準は以下のとおりである。下記に定めた本校指定の制服を着用すること。

男子・ブレザー(本校指定)
・スラックス(同上)
・ネクタイ (同上)
・白無地のワイシャツ(えり腰つき)
女子・ブレザー(本校指定)
・ベスト(同上)
・リボン(同上)
・スカート(同上、スカー・ト丈は膝が隠れる長さ)
・白無地で角または丸えり (えり腰付き)のカッターブラウス
・黒か紺または肌色のストッキング
・ソックスの場合は、黒・紺の無地(ただしワンポイントまで可)とし、長さはす
ねの半分以上を目安とする。
・冬季においてストッキングまたはタイツの上に防寒対策としてソックスを履く場
合は、黒・紺の無地とし、足首までの短いソックスとする(アンクル、くるぶし、
スニーカーソックス)。
・冬期間において、本校が指定する旧女子用スラックスの着用を認める(希望者は
ネクタイも可)
旧制服 (48-49期生)
男子・ブレザー(本校指定)
・スラックス(同上)
・ネクタイ(同上)
・ニットベスト(同上。白または紺)
・本校指定の青いワイシャツか、白無地のワイシャツ(えり腰つき)
女子・ブレザー(本校指定)
・ベスト(同上)
・リボン(同上)
・ニットベスト(同上。白または紺)
・スカート(同上、スカート丈は膝が隠れる長さ)
・本校指定の青いワイシャツか、白無地で角または丸えり(えり腰付き)の
カッターブラウス
・黒か紺または肌色のストッキング
・ソックスの場合は、黒・紺の無地(ただしワンポイントまで可)とし、長さはす
ねの半分以上を目安とする。
・冬季においてストッキングまたはタイツの上に防寒対策としてソックスを履く場
合は、黒・紺の無地とし、足首までの短いソックスとする(アンクル、くるぶし、
スニーカーソックス)。
・冬期間において、本校が指定する新女子用スラックスの着用を認める(希望者は
ネクタイも可)
新制服 (50期生)

(2) 夏季略装について
(旧)夏季賂装期間には、ブレザーを着用しなくてもよい。また、希望者には本校指定ポロシ
ャツの着用を認める。期間は別途定める。
(新)夏季略装期間には、ブレザー・ニットベストを着用しなくてもよい。ただし、女子が白
` 無地のカッターブラウスを着る場合はニットベストを着用しなければならない。また、
希望者には本校指定ポロシャツの渚用を認める。期間は別途定める。

(3) セーター・カーディガン・ベストの着用について
(旧)ニットのセーター・カーディガン・ベストは、ブレザーからはみ出さないように体型に
あったものを着用する。色は黒・紺・グレーの無地とし、ライン・柄物は禁止である。
着用時女子は、中に本校指定のベストを着用する。着用期間については別に定める。
(新)本校指定のニットのセーター・カーディガン・ベストは、ブレザーからはみ出さないよ
うに体型にあったものを着用する。着用期間については別に定める。

(4) オーバー、コート類について
高校生にふさわしい色、形のものを着用する。職員室入室時は着用してはならない。

(5) 履物について
ア、外靴は、安全面を踏まえ、サンダル等は認めない。
イ、上靴は、学校で指定したものとし、所定の場所に記名する。かかとを踏まない。
(6) 化粧、装飾品、装身具類について
化粧やピアス、ネックレス、指輪、マニキュア、つけ毛、カラーコンタクト等の使用は認め
ない。

2頭髪について

頭髪は、清潔、端正を旨とし、パーマ(カール・アイロン等を含む人工加工)や染髪等は認めない。

3校内生活について

(1) 午前 8時 40分のチャイムが鳴る前に入室していること。
遅刻した場合は、
ア、始業時前は、生徒手帳を遅刻指導の先生に提出する。
イ、始業時後は、職員室で各学年の先生から入室許可書をもらい、教室に入ること。
(2) 授業開始のチャイムが鳴る前に着席し、授業の始めと終わりの礼は起立して行なう。
(3) 始業時から放課後まで無断で校地外に出てはいけない。通院等特に外出の必要がある時は、
担任に届け出て許可を受ける。早退も同様とする。
(4) 挨拶・言葉遣いに心がけ、来客に出会った場合は会釈する。
(5) 校舎や校具は大切に扱い、学習環境の美化につとめる。
(6) 校地内におけるポスター等の掲示、印刷物の配布は生徒会指導部に届け出て許可を受ける。
(7) 完全下校時間は午後 7時 3 分とする。放課後残って活動する場合、所定の手続きをする。・
(8) 貴重品や金銭の管理につとめる。また、所持品には、学年、組、氏名を明記する。
(9) 学校生活に必要のない遊具類、雑誌、漫画等は持参しない(持参した場合は、担任預かり)。
(10) 拾得物や遺失物は速やかに係の先生に届け出る。
(11) 諸届けについては、別表(生徒手帳)のとおりである。
(12) 定期考査 1週間前から、原則として部活動は中止する。
(13)携帯電話は校地内での使用は禁止する。(授業で使用する場合は、教科担任の指示を受ける)
(14) 音楽プレーヤーの使用については下記の条件で使用を認める。
時間帯:放課後のみ 場所:教室、進路室のみ 条件:学習に必要な場合のみ
携帯電話(スマートフォン)は不可。
※校地内ではイヤホンを外す。廊下での使用、休み時間の使用は禁止。
通学時(自転車運転・歩行時)は安全確保の観点から使用しない。

タイトルとURLをコピーしました