【北海道】札幌東陵高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

「生徒心得」は、基本的生活習慣を確立し、自主的活動を推進するための最も基本的な「ルール」です。「生徒心得」の趣旨を理解して、実りのある学校生活にしてください。

I 校内生活

1 日常生活

(1) 登校は、午前7時20分から認める。
(2) 下校は、一般の生徒は午後5時、課外活動等で残っている生徒は午後7時 30分までに行う。
(3) 午前 8時から 8時 30分の一般登校時間と午後3時20分から4時までの一般下校時間以外は、生徒玄関のオートロックを自分で解錠して入校する。
(4) 午前8時30分までにホームルームに入る。
(5) 遅刻した場合は職員室により、担当の先生に身分証明書を提出し、所定の手続きをとる。提出した芽分証明書は、帰りのHRで担任の先生から返却してもらう。また、登校した時間の次の休み時間に担任の先生に申し出る。
(6) 早退、欠課または一時外出するときは、身分証明書を提出し、所定の手続きをとる。
(7) 欠席の場合は電話で連絡をする。
(8) 休業日は、担当の先生の指示に従い、生徒玄関のオートロックを自分で解錠して入校する。

2 校内規律

(1) 校舎、施設、校具を大切にし、清掃を徹底して、気持ちよい学校環境を維持する。
(2) 始鈴着席を厳守する。
(3) 授業の終始の礼は厳正に行う。
(4) 来客、職員と出会ったときは会釈する。
(5) 始業時から放課時まで、校地外に出てはいけない。
(6) 所持品には、学校名、年次、氏名を明記する。
(7) 遺失物、拾得物は速やかに生徒指導部に届け出る。
(8) 私物を校内に置いたままにしない。
(9) 学習に必要ないものは持ちこまない。
(10)携帯電話の学校敷地内への持ち込みは原則禁止だが、防犯上等で必要な生徒に限り認める。但し、敷地内では電源を切り、カバンの中で保管して自己管理を行い、使用は厳禁とする。また、自転車及びバス等の公共交通機関乗車中の使用は禁止する。
(11)校内において、生徒間の物品の売買、寄付行為、金銭の貸借は禁止する。
(12)男女交際は、友人としての節度を保ち、他人の誤解を招くような言動を慎む。
(13)校内に本校生以外の者を伴わない。必要あるときは担任または関係先生の許可を受ける。
(14)校舎、施設を何かのことで破損した場合は、速やかに担任に申し出る。

Ⅱ 校外生活

1 校外生活

(1) 東陵生であることを常に自覚し、服装、言動等に品位ある態度をとる。
(2) 身分証明書を常に携行する。
(3) 特別の場合以外、外泊は禁止する。
(4) 夜間の外出は午後 9時までとする。
(5) 下記の項目にあるような風紀上好ましくない場所(法律、条令で禁止)への出入りを禁ずる。
ア パチンコ、馬券場、ビリヤード、雀荘等
イ ディスコ、深夜喫茶等
ウ バー、パブ、スナック、居酒屋等
(6) 登山、宿泊を伴う海水浴、キャンプ、サイクリング、旅行等の場合は、保護者またはそれに準ずる引率者が必要であり、計画書の提出と許可を必要とする。
(7) 校外活動への参加については、所定の手続きをとる(諸届一覧表参照)。

2 通学

(1) 登下校中の態度、言葉づかいに留意し、高校生らしさを失わない。
(2) 地下鉄、バスで通学の際は、交通規則を遵守するとともに、乗降時のマナーに留意する。
(3) 混雑が予想される本校前でのバス乗降については、きちんと整列し、事故防止につとめる。
(4) 自転車通学希望の生徒は必ず保険(死亡・後遣障害、賠償責任)に加入した上で、許可を受ける。

3 アルバイト

(1) アルバイトは特別な事情がある場合以外は認めない。
(2) アルバイトをする場合は、所定の手続きを厳守する。
ア保護者を通じ担任に申し出る。
イ アルパイト許可顆を捷出する。
(3) アルバイトの内容については、次の事項に十分配慮する。
ア危険度のないもの。
イ 風紀上問題のないもの。
ウ 就業時間は、午後 9時までに帰宅できる範囲とする。
工 学業に支障がないようにする。
(4) 以下の期間は許可を受けたものもアルバイトを禁止する。
ア 各定期考査 1週間前から定期考査中。
イ 各考査後の評価、評定で 2科目以上「 1」のある生徒は、それが解消されるまでアルバイトを禁止する。ただし、評価回復の見込みが認定された場合は、教科担任、担任、生徒指導部の審議を経て、禁止を解除する。

4 交通安全

(1) 自動車、バイクの免許取得は認めない。ただし、自動車の免許取得に関しては 3年次の家庭学習期間に入ってから認める。
(2) 無断で免許取得した場合は、特別指導を行う。
(3) 自動車、バイクヘの安易な同乗はしない。

5 服装

(1) 次の場合は、制服を着用する。
ア 休業日を含む登下校。
イ 対外行事、他校訪問。
(2) 次の場合は、ジャージの着用も認める。
ア 休業日の部活動における登下校。
イ 対外行事、他校訪問で必要と思われる場合。

Ⅲ 制服

1 男子制服

(1) 本校制定のボタンをつけた黒の詰襟上下学生服を着用する。また、次の基準を守る。
ア 胸ボタン 5個、袖ボタンは 2個とする。
イ 上衣の襟の高さは 4cm程度とする。
ウ 上衣丈は身長 160cmで 68cm、身長 180cmで 78cmを標準とする。 印
エ 袖口はストレート型で幅 14cmを標準とし、袖口をラッパ状にしたり、割ったりしたものはいけない。
オ 上衣が前合わせのダブルのもの、ウエストのしぼり過ぎのもの、脇ポケットが斜めのものはいけない。
カ ズボンはストレート型、またはスポーツマンタイプとする。
キ その他東陵生としてふさわしくないものは禁ずる。
(2) バッジを必ず上衣の左襟につける。
(3) 夏の略装 (6月中旬から 9月中旬までの間)は次の定めに従う。
ア 上衣を着用しない場合、シャツは白ワイシャツまたは白開襟シャツとする。袖は長袖、半袖のどちらでもよい。

2 女子制服

(1) 濃紺サージ指定型セーラー服を着用し、同色の共ネクタイを胸元で結び、左胸ポケットに指定のバッジをつける。
ア 衿、ネクタイ、カフスには 3mm幅の白線を 2本入れる。
イ スカートは 24本車ひだ腰スカートで、(長さは膝皿の下部の 2cm下から測り、この部位より下に測って 10cmの範囲)の長さを基準とする。
ウ 胸当てはなく衿あき 8cm以内とし、上衣丈はウエストラインより 6cmを基準とし、それ以上は短くしない。
(2) ストッキングについては、黒・肌色とする。
(3) スラックスを着用してもよいが、その場合は制服と同色でストレート型、裾幅 21~23cmのものとする。
(4) 夏季制服は指定型白セーラー服(長袖、半袖どちらでも可)を着用し、ネクタイは制服と同じものを用いる(着用期間は男子に同じ)。
(5) カーディガンについては、本校指定のものに限り着用を認めるが、セーター類は禁止する。

3 男女共通の服装心得

(1) オーバー、コート、ジャンパー類については学生らしいものとし、色は黒、紺、グレー、茶を基調としたものとする。また、流行を追ったもの、奇をてらったものなどは禁止する。なお、ジャンパー類については、模様・絵の入っているもの、革、合成皮革のものは禁止する。
(2) ソックスの着用については、 1年を通して白・黒・紺・グレーの無地のみを認める。
(3) 本校指定の学生服は指定店以外で購入できない。

4 その他(頭髪・靴・私服・持物等)

(1) 頭髪は清そに整え、華美にならないように心がけ、 髪型は下記のように保つ。
ア 男子の髪の長さは目にかからない、横は耳をかくさず、後ろは襟にかからないようにする。女子の場合も標準的なものとし、華美な感じを与える装飾をほどこさない(ピン、リボン等は禁止)。
イ 男女ともに、パーマ、カール、染色、脱色などの加工を禁止する。
(2) 通学用の履物は学生用のかかとの低い標準的なものとする(かかと 5cm以内、つまさき2cm以内)。下駄、草履、サンダルなどの類は使用しない(靴箱に入るものとする)。
(3) 上靴と外靴の区別を厳守する。上靴は本校指定のものとし、必ず記名する(部活動や外で行う体育時に使用するものは別に定める)。
(4) 持ち物については次の項を厳守する。
ア 許可されているもの。
(ア)学生カバン(合成皮革のものも可)
(イ)スポーツバッグ
(ウ)リュック(肩ひもが独立でベルト帯のもの)
(5) 制服が破損等により一時期制服以外で登校せざるを得ない事情がおきたときは異装願を担任に出し、許可された服装を着用する。
(6)私服の場合でも高校生らしさを保てるものを着用する。
(7) 学校生活に関係のない装飾、化粧の類は禁止する。

◎付則 本心得は、平成15年11月17日一部改正。
2 平成17年4月7日、 IDカード導入に伴い、一部改正。
3 平成18年4月1日、機械警備・携帯電話の取扱いに伴い、一部改正。
4 平成21年3月18日、自転車保険義務化、アルバイト規制に伴い、一部改正。
5 平成25年4月1日一部改訂。

学校生活の諸注意

令和2年4月6日
北海道札幌東陵高等学校
生徒指導部

1. 登下校

(1) 一登校時間よりも早く登校 る事が発生した際には、 7時 20 より認める。
(2) 8時から 8時 30 の一般登校時晶と下校時間以外は、職員玄関より入校する
(3) 下校は、一般生徒は 17時、課外活動等で残っている生徒は 19時 30分までに行う。
(4) 休業日は、担当の先生の指示に従い入校する。
(5) 通学路は歩道を通行し、住宅街を通る場合はマナーに注意する。
私有地や横に広がっての通行、ゴミ、空き缶の投げ捨ては絶対に行わない。
(6) バス・地下鉄等の交通機関でのマナーを遵守する。
(座席を占領したり、背負っているリュックで道を塞いだりしない。)
(7) 保護者等の自動車での送迎時は、安全確保のため、敷地内に進入しない。
但し、けが等で歩行が困難な場合は、敷地内への進入を認める。
(8) 登下校中に音楽を聴きながら歩いたり自転車に乗車したりしない。

2. 遅刻・早退について

(1) 原則、 8時 30分のチャイムが鳴った時点で、教室に入室していない者は遅刻とする。
(2) 遅刻をする場合は必ず学校へその旨を連絡することとし、事前連絡のない遅刻は寝坊扱いとする。
(3) 一年を通して「遅延が認められるバス」が遅延してきた場合は、遅刻扱いにしない。 「遅延が認められるバス」以降のバスで遅延した場合は寝坊による遅刻の扱いとする。
(4) バスは指定された便より早い便を利用するように心がける。
(遅い便は混んで乗れないことがある。)
(5) 遅刻した場合はまず職員室に立ち寄り、所定の手続きをとってから教室に入室する。入室をした次の休み時間に担任に申し出る。
(6) 早退する場合は担任の許可を得て早退し、帰宅後、無事に到着したことを電話で連絡する。
○ 寝坊等の遅刻は 7回になったら作文指導をする。
○ 寝坊等の遅刻は 10回になったら指導部長面談。
また、遅刻の回数が極端に多い生徒に関しては健康安全部とも協議し、指導する。
○ 寝坊等の遅刻が 15回になったら保護者来校のうえ、担任、教頭により指導する。

3. 自転車通学について

(1) 自転車通学は、自転車保険に加入し、自転車通学届を提出し許可を得て行う。
(2) 自転車通学の場合は交通道徳・道路交通法を遵守し、事故につながるおそれのある走行をしない(携帯電話の使用・並走・ニ人乗り・傘差し・無灯火・イヤホン)。
(3) 自転車は年次ごとに指定された場所で、 2箇所以上施錠し整理して並べる。ステッカーは必ず貼らなければならない。
(4) 北海道自転車条例の自転車利用者の責務の趣旨を十分理解して乗車する。
(2) の道路交通法違反については、生徒指導部で厳しく指導する。

4. 身だしなみ

服装や頭髪は、常に進路面接等に対応でさる状態を保つことを念頭におく。

(1) 制服

ア男女共通
(ア) ワイシャツ・ブラウスの裾はスラックス、スカートの中に入れる。
(イ) ワイシャツ、ブラウスの下のインナーは見えないようにする。
(ウ) ブレザーの中に指定以外のものを着ない。
(エ) ブレザーの袖をまくらない。
(オ) ブレザーのボタン、カーディガンのボタン第 1~4ボタンは留める。
(力) 朝と帰りの SHRではブレザーを着用する(夏期略装期間以外)。
(キ) 原則、登下校の際はブレザーを着用する(夏期略装期間以外)。
(ク) 職員室等に入室する時は、ブレザーを着用する(夏期略装期間以外)。
(ケ) 制服の加工は一切禁止とし、改造により復帰できないものについては卒業まで預かる。
イ男子 (ア)校内外を問わず、.ワイシャツ着用時はネクタイをする。ネクタイはしつかり上まで締め、結び目を緩めたりしない。
(イ)スラックスのかぎホックは必ず留めることとし、ベルトを緩めたり、スラックスを腰ではいたりしない。
(ウ)スラックスの裾をたくし上げない。
(エ)ベルトは必ず締めることとし、華美なものは使用しない。
(オ)ソックスは白黒紺グレーを基調としたものが望ましい。
ウ女子
(ア)校内外を問わず、ブラウス着用時は必ずリボンをする。
(イ)スカートの長さは膝の皿の下 2cmを標準とする。
(ウ)スカートのウエスト部分を折り曲げての着用、ベルトを使用しての着用はしない。
(エ)スカートの裾をたくし上げない。
(オ)ストッキングの色については、黒、肌色とする。
(力)ソックスは一年を通して「白、黒、紺、グレー」の無地のものの着用を基本とし、小さなワンポイントの入っているものは認める。冬期間、防寒のためにスニーカーソックスを履く場合は、履いていることが目立たないようなものとし、ストッキングと同調色基本とする。ワンポイントや縁にラインの入っているものは認める。
(キ)ソックスは緩みのないようにして履く。
(ク)制服の下は肌着を着用することが望ましい。
(ケ)女子スラックスを着用する場合は男子の規定に準ずる。ただし、襟元はリボンとする。
また、男子スラックスの着用は認めない。
工夏季略装
(ア)ブレザーを着用しない場合、指定のシャツ、ブラウスまたは指定のポロシャツを着用すること。
(イ)ポロシャツを着用する場合は裾をスラックス、スカートの外に出してよい。
(ウ)ポロシャツは白、サックスブルーどちらを着用してもよい。
(エ)ポロシャツの第ニボタン、ボタンダウンは必ず留めることとする。
(オ)ポロシャツの上に指定のベスト、カーディガンを着用してもよい。その際はポロシャツの裾をスラックス、スカートの中に入れること。
(力)ポロシャツの上にブレザーを着用してはいけない。
(キ)登下校時に防寒や防滴のため、ブレザーを着ずにジャンパー・ウィンドブレーカー等の着用を認める。

(2) 男女共通の服装心得

(ア)オーバー、コート、ジャンパー類については学生らしいものとし、奇をてらったものは禁止する。なお、革製(スウェード、合成皮革も含む)のものも禁止する。色については黒・紺・グレー・茶を基調とするものを着用することが望ましい。部活動等で購入しているウインドブレーカー等の着用は認める。
(イ)パーカーやスウェット、 トレーナーは外套として認めない。
(ウ)上靴のかかとを踏まない。
(エ)通学用の履物は学生用のかかとの低い標準的なものとする(サンダル等は使用しない)。
(オ)ひざ掛けは基本的に認めない。やむを得ず必要とする場合は「異装届」を提出する。 (教室を空ける際は、前後の扉を閉めるなどの室温管理をする)
○ ズボン・スカートの違反者は注意のうえ反省文指導。
○ ウエストを折り込む等の方法で短くしたものは、注意のうえ反省文指導。
(下校時に違反があった場合は次の日に指導)

(3) 頭髪など

ア 男女共通
(ア)頭髪は清楚に整え、華美にならないようにし、常に進路面接等にも対応できるような髪型にするように心がけること。
(イ)染色・脱色・ウェーブ・パーマは厳禁とする。
(ウ)ピアス・ネックレス・指輪・ミサンガ・カラ ーコンタクト等の装飾品は禁止する。
また、ピアスホールはふさがるまで確認する。
イ男子
(ア)前髪の長さは目にかからない、横は耳にかからず、後ろは襟にかからないようにする。
(イ)上部と側部の長さが極端に違わないようにする。
(ウ)整髪料等をつけ髪型を故意に固定することは禁止する。
(エ)眉毛を加工したり、ひげをのばしたりしない。
ウ女子
(ア)ヘアピンは黒または紺の目立たないものとし、大きいものや髪飾り、リボンは禁止する。
(イ)ヘアピンを多数使用する、髪にくせをつける、前髪を折り返す等のヘアアレンジは認めない。
(ウ)髪を縛る場合は後頭部で縛るようにし、根元できちんとゴム紐で一つか二つに結ぶこと。ゴム紐は黒・紺・グレー・茶などとし、派手なものは禁止する。髪の毛を団子状に束ねること、束ねた髪を折り返して再度束ねること、編み込み、くるりんば等の特殊な結び方は認めない。
(エ)眉毛を加工しない。また、マスカラ、ファンデーション、口紅、マニキュアなどの化粧は絶対しない。
(オ)色つきのものや、無色であっでも光沢の出るリップクリームの使用は禁止とする。
(力)無色透明以外の日焼け止めの使用は禁止とする。
○ 頭髪の違反者(染色・脱色等)は黒染めや散髪により改善をする。黒染めの場合は、それによる傷みや黒染めが落ちてきた場合は、黒染めを繰り返すことになる。また指導は、下校して改善させる場合がある。
○ 上記以外の頭髪の違反者は期日を指定して改善する.上部と側部の長さが極端に違う等の髪型にした場合は、段差が自然になるよう改善する。
○ ネックレス・イヤリング・ピアス・指輪等は預かりとする。

5. 職員室等への入室

(1) 服装は体育活動中や部活動中を除きブレザーを着用し身だしなみを整え入室する。夏季略装許可期間の際は、その略装規定のとおりとする。
(2) 入室時はノック、扉の開閉、気を付け、挨拶「失礼します」、礼、(用件)、立ち姿勢、言葉遣いに十分注意する。退室時は挨拶「失礼しました」、礼、扉の開閉を十分注意する。

6. 携帯電話・スマートホン・ネットモラルについて

(1) 携帯電話は、必要な生徒に限りかばんの中に入れて学校敷地内の持ち込みは認める。その際、敷地内では電源を切り、かばんの中で保管して自己管理を行い、使用は厳禁とする。また自転車乗車中や歩きながらの使用は禁止する。公共交通機関や公共の場ではその利用マナーを守る。
(2) インターネット上や SNS等に他人の誹謗中傷等の書き込みは絶対にしない。
(3)個人を特定することができるような SNSの利用は禁止とする。
(例:ブログやツィッター、フェイスプック等)
(4) インターネット上で知り合った人とは絶対に会わない。

7. 持ち物について

(1) 身分証明書は常に携行する。
(2) 貴重品は担任に預けるか、持ち歩き、盗難には十分注意する。
(3) 学校生活に必要のない物(マンガ・カードゲーム・ゲーム類・ミュージックプレーヤー類等)は持ってこない。
(4) 菓子類・カップメン等の持ち込みは禁止(特にガムは厳禁)とする。
〇持ってきたものは、預かりとする。

8. 校舎の使用

(1) 玄関のジュウタンの上には上靴・外靴で上がらない。
(2) 下駄箱の上には物を置かない。
(3)教室は常に清潔に保つよう清掃に努める。ゴミはきちんと分別し必ず指定のゴミ箱に入れる。施設の中でも特にトイレ・水飲み場は特にきれいに使用する。
(4) 校舎・施設は大切に使用し、破損等のないように心がける。破損等があった場合は速やかに担任、顧問等職員に申し出て、しかるべき措置をとる。
(5) 教科書等は教室に置かず持ち帰る。
(6) 売店の利用は休み時間内とする。
(7) 飲食はHR教室で行うこととし、特別教室や廊下では原則禁止とする。

9. アルバイトについて

(1) アルバイトは禁止とする。ただし、特別な事情がある場合を除く。
特別な事情がありアルバイトを希望者する者は、年次の先生と保護者を交え十分に話し合いをもち、アルバイト許可願を提出する。
(2) アルバイトの許可を得た者は、遵守事項を守り、学業に支障のないようにする。また、学校の指示に従う。
○ 無許可のアルバイトについては厳重に指導する。
○ 学業への悪影響、遵守事項に対する違反があった場合はアルバイトの一時禁止や許可を取り消すこともある。

10. その他

(1) 運転免許取得、運転、同乗は絶対にしない。

11. 預かった物の取り扱いについて

(1) 違反ズボン・スカート 指導部で卒業まで預かる
(2) 装飾品 担任が一時預かり (1週間)で指導する。
(3)マンガ 担任が一時預かり (1週間)で指導する。
(4) ミュージックプレーヤー等 担任が一時預かり (1週間)で指導する。
(5) ゲーム用品 担任が一時預かり (1週間)で指導する。

運転免許取得に関する申し合わせ事項

(普通運転免許取得届の提出資格)
第 1 条 取得届の提出が許されるのは次の場合に限る。
(1) 3年次で就職が内定した者で、就職先より免許取得の要請があった場合。
(2) 3年次で卒業見込みの者で、家庭学習開始以降に普通車免許取得を希望
する場合。
(普通運転免許取得届提出の手順)
第 2 条 取得届は次のような手順で提出する。
(1) 運転免許取得の必要が生じた場合、保護者は直接来校のうえ担任に申し出るか、担任と直接電話等で連絡を取ったうえで普通免許取得届を提出する。
(2) 普通車運転免許取得届は生徒および保護者の連名で担任に提出する。
(3) 担任は上記資格に該当することを確認して、生徒指導部長に取得届を提出する。
(自動車学校への入校)
第 3 条 第 1条第 (1)項の普通運転免許取得希望者に対しては、 12月から届の提出を受け付け、冬休みからの入校・通学を許可する。
2 第 1条第 2項の希望者は、 1月になってから届を受け付け、入校・通学は家庭学習開始以降とする。
(禁止事項)
第 4 条 普通車免許を取得した者でも、本校を卒業するまで運転をしてはならない。
2 学校の許可なく運転免許を取得した者については、学校の指導を受けるとともに、卒業まで運転免許証は学校保管とする。
3 学校の許可なく自動車学校に通っていることが判明したときは、学校の指導を受けるとともに、直ちに自動車学校等の通学を止める。
4 学校保管に伴う免許証不携帯で車両を運転した者は学校の指導を受ける。
5 原動機付二輸(バイク)および自動二輸免許取得は在校中いかなる理由があっても許可はしない。

◎付則 本規程は平成 4年 4月 7日より施行する。
2 平成 15年 11月 17日一部改正。
3 平成 19年 3月 28日一部改正。
4 平成 25年 4月 1日一部改訂。

タイトルとURLをコピーしました