【北海道】阿寒高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

登校・下校

1 定められた時刻を厳守する。
(1) 始業時刻 8時40分
(2) 下校時刻 16時45分
生徒会・部・及び学級活動で居残るときは,当該教師に届け出て許可を受けること。
2 身分証明書は必ず身につけて登校すること。
3 自動車・オートバイなどを運転しての通学は認めない。
4 自転車による通学は許可制とし,許可の条件は別に定める。
5 バスの乗降には注意し,交通道徳を守ること。
6 路上での飲食は禁止する。

欠席・遅刻・総体

1 欠席・遅刻及び早退が事前にわかっている場合は,前もって担任に連絡すること。
2 病気のため引き続き 7日以上欠席するときには医師の診断書を提出すること。
3 遅刻・早退があった場合は,所定の用紙に担任及び教頭の認印を受けること。
4 遅刻及び早退で入退出する場合は,手続きをした届け出用紙を教科担任に提出し許可を受けること。

服装

1 身沿しなみは常に端正・清潔・質素であること。
2 服装は男女共に本校が定めた制服を着用すること。(詳細は別に定める)
3 授業中は制服の上にコート等を着用しないこと。
4 やむなく異装しなければならないときには,担任及び生徒指導部長に異装届しナを提出して許可を得ること。ただしこの場合,体育授業用(学年指定)のジャージを着用すること。
5 頭髪は高校生としての品位を保つようにすること。(パーマ・染色・脱色等は禁止する)
6 指輪及びピアス, 不ックレスなどの装飾品は身につけず,化粧品(色つきリップ)は使用しないこと。
7 通学時の履き物は,華美な色・形のものは避ける。
8 カラーコンタクトレンズの着用を禁止する。

所持品

1 所持品には必ず記名すること。
2 登下校には教科書・ノート.参考書類が十分に入る学生カバンまたはバッグを用いる。
3 必要以上の金銭や学校生活に不必要な物品を持参してはならない。
4 携帯電話は持ち込み可であるが,始業時から終業時まで必ず電源を切っておくこと。また,マナーを守る習慣を身につけること。
5 納入すべき金銭は登校後すみやかに納入すること。
6 遺失物・拾得物は直ちに届け出ること。
7 金銭・物品・教科書等の貸借は努めて避けること。また学校の許可のない募金行為は厳禁とする。

校内生活

1 始業の合図がなったら着席し,授業態勢を整えて静かに先生を待つこと。
2 自習時間は他人の迷惑にならないよう静かに勉強する。
3 校内では定められた時間:場所以外での飲食をしないこと。
4 公衆電話については,授業に支障がないように使用し,急を要する電話以外は昼休み,放課後に使用
すること。
5 登校後は放課後まで校地外へ出ることを禁ずる。やむを得ず校外へ出る用事のあるときは担任及び生
徒指導部長の許可を得てから外出すること。
6 生徒に関する呼び出しはしない。ただし急を要する場合は事情によって取り扱う。
7 校内での掲示及び刊行物の発行は,生徒指導部の許可を得て行うこと。
8.校内外を問わず集会を行う場合は,生徒指導部の許可を得て行うこと。

校外生活

1 常に身分証明書を所持すること。
2 みだりに夜間外出をしないこと。ただしやむを得ないときは午後9時までに帰宅する。
3 外泊は原則として認めない。ただしやむを得ないときには所定の手続きにより,事前に学校の許可を
受けること。
4 私事旅行は必ず前もって届け出ること。
5 事故があったときには直ちに学校へ届け出ること。
6 公衆道徳を守り,高校生らしく行動すること。
7 アルバイトを希望するものは必ず所定の手続きをして許可を得ること。
8遊技場,アルコール飲料などを主とする飲食店,社交場その他生徒として好ましくない場所に出入り
しないこと。

服装規定

本校の制服は正装と冬服と夏服の 3通りとする。夏服期間はおおむね6月~9月第2週までとするが,儀
式(始業式・終業式・卒業式)などのときは,正装とする。
1.男子の制服は学校指定のブレザー,スラックス,ネクタイ,及び市販の学生用白ワイシャツとする。
2.女子の制服は学校指定のブレザー,ベスト,スカート,ネクタイ,及び市販の学生用白ブラウス(角襟),紺ハイソックスとする。
3. 上靴は学校指定のものとする。
4.ワイシャツ・ブラウス着用時はネクタイを必ず着用すること。
5. 男子は,必ずベルトを着用すること。
6.女子のスカートの丈は購入したときに合わせた位置(膝頭)とする。
7.女子のストッキング・タイツは無地の黒,紺,または肌色とする。また,スカートの下にジャージな
どのズボン類を着用することは認めない。
8.女子のスラックス(任意購入)は,正装時以外であれば通年着用してもよい。
9.ブレザーの中にジャージ類やカーディガン類を着ることは認めない。
10. クリーニング等で制服以外のものを着用するときは,指定ジャージを着用すること。その場合,必ず担任に「異装届」を提出すること。
11:特に理由なく,制服を購入したときの状態から改造してはならない。
12.高校生として恥ずかしくない服装に心がけること。
正装
男子 ブレザー,ワイシャツ,ネクタイ,スラックス,ベルト
女子 ブレザー,ブラウス(白),ネクタイ,スカート,ベスト,紺ハイソックス
正装の他,学校指定ニットベストおよびセーター(任意購入)の着用も可とする。

注意)夏服にブレザーを着用してもかまわない。

アルバイト規定

1 学祀ヒ活を第一とし,生活態度,授業態度等において指導を受けている者については,制限を加える
2 アルバイトは原則午後9時までとする。
なお,平日のアルバイトは,学習や生活に支障をきたさないようにすること。
3 希望者は保護者の同意の上,事前に「アルバイト届け」を提出し,指導をうけること。
4 勤務の際は必ず「身分証明書」を携帯し,常に身分を明らかにできるようにしておくこと。
5 宿泊を伴うアルバイトは認めない。
6 次の職種のアルバイトは許可しない。
ァ 酒席にでる業務
ィ 遊戯的接客業での業務
ゥ 車両を利用するもの
(運転中の機械の清掃や修繕など危険な機械や装置を扱う業務)
エ 重量物取り扱い業務。
ォ 毒劇薬や有害物質または爆発性・発火性・引火性物質を扱う業務
7 試験1週間前及び試験期間中のアルバイ卜は禁止とする。
8 学習成績不振者(赤評価の所有者)は原則として認めない。
9 届け出の有効期限はその年度末までとし,新年度も継続する場合は,改めて提出すること。
上記の条件に満たない場合は,指導の対象とする。

タイトルとURLをコピーしました