【群馬】桐生清桜高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

服装規定

(1) 学校指定の制服を着用すること。
(2)各制服に指定したボタン、ネクタイ、リボン、ベストなど使用すること。
(3) スラックスについて
・ウエストサイズは、適正ウエスト位置(へその下にベルトの上を合わせる)に合わせ、ジャストサ
イズとする。
・股下の長さは、靴下を履いた状態で、裾が床に着かないこととする。
(4) スカートについて
・適正ウエスト位置(ウエストの一番細いところ)に合わせる。
・裾は、膝にかかることとする。
(5) 校章もしくはワッペンを左胸に付けること。
(6) 夏期略装期間 (5月~ 10月)は、上衣・ネクタイ・リボンを着用しなくても良い。
また、学校指定のポロシャツを着用しても良い。
(7) セーター類を着用とする場合は、上衣の下に着用し、無地で色は白・黒・紺・グレー・茶色のものとする。
(8) コー卜類は、華美でないもの(白、黒、紺、茶、グレーを基本とする)とする。

※制服を着た上に着用する。校舎内では着用しない。
※ 制服の直しについては「制服直し証明書」が必要となるので、担任より 受け取り販
売店へ提出すること。

頭髪規定

(1) 長さについて
(男子)前髪が目にかからない。横は耳が隠れない程度。
*顔が見えるようにし、他人に不快感を与えないスタイルにする。
*アンバランスな長さや奇抜で極端なスタイルにはしないこと。
(女子)前髪:目にかからないこと。
全体:アンバランスな長さでないこと。
(2) 加工について
染色(黒色以外)、脱色、パーマ、アイロンなどの頭髪に対する加工は禁止とする。
(3) その他
1 頭髪は、パーマ及び着色・脱色してはならない。

2 アクセサリー類(指輪・イヤリング・ピアス・ネックレス類)は身につけてはならない。化粧(マニ
キュア・着色リップなど含む)やアクセサリー要素の高い髪留めなどは禁止する。

3 ひげは常に剃ること。
4 事情があり異装する場合は、異装届を担任へ提出し許可を得ること。

生活全般

1 言葉づかいや行動は、いつも本校生徒としての品位を傷つけないよう注意する。
(2) 校内で来賓・教職員に出会った場合は、挨拶・会釈をする。
(3) 互いの人格を尊重し、深い連帯の意識を持って信頼に満ちた明るい人間関係を構築する。
(4) 友人関係においても、良好な人間関係づくりに努める。
(5)校内に掲示するものは、教頭に申し出て、許可印を受け、所定の場所に掲示する。
(6)登校後は、授業終了まで外出してはならない。やむを得ない用事で外出する時は、担任の許可を得
て、外出許可証(担任捺印)を携帯する。
(7) 校内でのスマートフォン等の携帯端末の使用は、学習目的や緊急連絡以外の使用を禁止する。
(8)校内での物品販売は禁止する。
(9) 条例などで未成年者の出入りを禁止している場所に出入りしてはならない。
(10) 宿泊・旅行に際しては、担任に旅行届を提出し、学校の許可を得る。
(11) アルバイトは原則禁止とする。ただし、家庭の事情でアルバイトをせざるを得ない場合は、生徒指
導部庶務係と面談し届出を行うこと。
(12)外出の際は、行先を家族に告げること。夜間外出は、群馬県青少年健全育成条例により午後 10時以降午前 4時までの外出は、禁じられている。保護者同伴の場合以外は、遅くとも午後 9時までには帰宅すること。また、家族に無断での外泊をしてはならない。

タイトルとURLをコピーしました