【福島】磐城桜が丘高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

1 登下校の心得

(1)交通道徳・乗車マナーを遵守すること。(交通自治会申し合わせ事項)
(2)始業時刻に遅れないように,余裕を持って登校すること。
(3)下校最終時刻を守ること。(原則として平日は午後6時30分とする。)
(4)通学中の事故は直ちに学校または家庭に連絡すること。

2 服装の心得

(1) 男子は標準型の学生服,女子は本校の定めた制服を着用し,制服の改造はしないこと。男子のズボンはノータックのものとし,長さ・幅とも体型にあったものとする。スカートの丈は,膝程度とする。
(2) 制服以外を着用する時は,異装許可願(書き方は規約集参照)を提出し,校長の許可を得ること。
(3) 夏期は男女とも本校指定のシャツ・ブラウスを着用すること。冬期 (11月~ 3月)にセーター類を着用する場合は,外から見えないように制服の中に着用すること。色は,黒・紺・茶・グレー・白とする。女子は冬期も指定のブラウスを着用すること。女子が冬期ズボンを使用する場合は,制服と同色のものとする。
(4) マフラーを着用する場合は,制服との調和に心掛けること。
(5) 年問を通じて,ソックスまたはストッキングを着用する。ソックスの色は男女共に白,黒,紺とし,ワンポイント模様のみ認める。ストッキングの色はベージュまたは黒色とし,色の範囲は購買部販売の範囲とする。
(6) コート類は,高校生らしい華美でないものとする。色は黒・紺・茶・グレー・白を基調とし,形は自由とするが,長さは上衣よりも長いものとする。
・教室では原則としてコートを着用しないこと。
・文字や絵などの模様が人っていないこと。
・毛皮・皮・人工皮革類のコートは認めない。
(7) 校章は男女とも左衿,女子がベストのみを着用する場合は,左胸につけること。
(8) 髪型は服装との調和に心掛けること。頭髪の加工はこれを禁ずる。パーマネント及び染色・脱色,男子の過長髪は認めない。
(9) リボン及び髪止めは,高校生らしい清楚なものとする。
(10) 下履は学生らしい派手でないものとし,靴の色は白・黒・紺・茶・グレーを基調とする。サンダルは認めない。
(11)上履は指定のものとし,氏名を記入する。
(12) 通学鞄は,機能性・耐久性があり,高校生らしい華美でないものとする。教科書類は,通学鞄に入れて登校すること。

3 校内生活の心得

(1)目上の人,来客に対して礼儀を正しくすること。
(2)自他共に勉学しやすい環境をつくること。
(3)生徒間においては節度をもって互いに接すること。
(4)授業・集会,その他すべてにおいて時間を厳守すること。
(5)早退・遅刻・欠課の場合は,当該教科担任に届け出て,その指示を受けること。早退の場合にはあらかじめ早退願いを提出し,ホームルーム担任より早退許可証(生徒手帳)により許可を受け,保護者が押印の後ホームルーム担任に提示する。朝のSHRに遅刻した場合は,入室許可証を得ること。
(6)登校後外出しないこと。やむを得ず外出する場合は,ホームルーム担任に届け出て外出許可証を受けること。
(7)ポスター等を貼るときは,生徒指導主事を経て,校長の許可を受け,所定の場所に貼ること。
(8)携帯電話は,校舎内・敷地内での使用を禁止する。

4 入室許可証の取り扱いについて

(1)入室許可証が必要なとき
1朝のSHR後に入室するとき。
ア 1校時開始前にはホームルーム担任へ人室許可証を提出すること。
イ 1~7校時には教科担任へ入室許可証を提出すること。
(2)入室許可証が不必要なとき
1 登校し,朝のSHRは受けているが外出・委員会等で1~7校時の教科授業に遅れたとき。
ア 教科担任に遅刻理由を説明すること。
2 登校はしているが保健室において治療及び就床しているとき。
ア 事前にホームルーム担任へ連絡を行うこと。
イ 事前にホームルーム担任へ連絡できないときは,養護教諭にホームルーム担任への連絡を願い出ること。
※取り扱い上の注意
1 許可印は教頭とし,教頭不在の時は職員室のいずれかの先生に申し出ること。
2 入室許可証の手続きは次のとおりとする。

生徒ー教頭(職員室)ー教科担任(教室)ーホームルーム担任(職員室)
生徒手帳を常に携帯すること

5 校外生活の心得

(1) 高校生としてふさわしくない場所には出入りしないこと。
喫茶店・カラオケボックス・遊技場・その他事故が誘発されそうな場所への出入りは自粛すること。なお,考査期間中の出入りは禁止する。
(2) アルバイトは原則として禁止する。特別な事情がある場合には,保護者連名の許可願を提出しホームルーム担任,生徒指導主事の承認を経て校長の許可を受けなければならない。
(3) 各種会合・習い事等で遅くなる場合は,保護者と連絡を取り,事故防止に努めること。
(4) 学割が必要な場合は,保護者連名の許可願を提出してホームルーム担任,生徒指導主事の承認を経て校長の許可を受けなければならない。

6 考査上の心得

(1)各教室の机の間隔を離して6列に配列すること。
(2)教卓上の「考査座表」に則り,出席番号順に着席すること。
(3)考査は公正な態度で受け,いやしくも不正な行為をしないこと。携帯電話等は教室に持ち込まないこと。
(4)物品の貸借をしないこと。やむを得ないときは先生の許可を受けること。
(5)鞄等の荷物は机の周囲に置かず,必ずロッカーに入れること。

7 生徒用ロッカー及び下足箱使用上の心得

(1) 教室内の物品を整理して,学習環境を整備するため,教室内の私物は,原則としてすべてロッカーに入れておくこと。
(2) 貴重品は,身につけるか,ホームルーム担任に預け,個人用ロッカーには入れないこと。
(3) 教科書・ノートなどは必ず家に持ち帰ること。

8 集会の心得

(1)入退場の際は,ホームルーム毎に整列し,敏速に行動すること。
(2)儀式又は集会においては静粛を旨とし,意義あるものとするように努めること。

9 自転車通学及び運転免許取得について

(1)自転車通学をする場合は,保護者連名の許可願を提出して,ホーム)レーム担任,生徒指導主事の承認を経て,校長の許可を受けること。
(2)「4プラス1ない運動」を遵守すること。原付.自動二輪車の免許取得は,原則として在学中はこれを禁止する。
(3)普通乗用卓の免許取得の取り扱いについては,次のとおりとする。
1 自動車学校への通校は,3年生に限り,就職内定者は冬休みから,それ以外は自宅学習期間からとする。
2 通校に当たっては,保護者連名の許可願を提出して,ホームルーム担任,生徒指導主事の承認を経て校長の許可を受けなければならない。
3 免許を取得した場合も,在学中(卒業まで)は運転しない。

10 部室使用上の心得

(1)原則として火気の使用は認めない。
(2)外部の人の出入りは,顧問教師の許可を受けること。
(3)部室の鍵は,顧問教師の指導を得て,開鍵・施錠すること。
(4)休日等の部室の使用は,顧問教師の許可を受けて使用すること。
(5)始業前及び昼休み,放課後の活動後において活動に関係のない利用は禁止する。

福島県立磐城桜が丘高等学校制服(略図)

女子制服
◎ベストを着用する。
◎ブラウス・・・衿の形は丸衿で,本校指定のものとする。ワイシャツは不可。

男子制服
◎標準学生服
◎左襟に校章をつける。
◎スカート丈・・・膝程度
◎左襟に校章をつける。

夏季制服について
女子服装は1~4のいずれかとする。
男子服装は5,6のいずれかとする。
女子服装
1 ベスト+長袖ブラウス
2 長袖ブラウス
3 ベスト+半袖ブラウス
4 半袖ブラウス
男子服装
5 長袖白のYシャツ(すそは中に入れる)
6 半袖開襟シャツ(すそは入れても出してもよい)
◎女子半袖ブラウス,男子半袖開襟シャツは本校指定のものに限る。
◎夏季服装期間については,特に規定しない。

タイトルとURLをコピーしました