【福島】塙工業高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒の生活指導について

福島県立塙工業高等学校 生徒指導部

1 学校生活について

(1) 登校時刻
特別の指示がない限り、制服を着用し、カバン(教科書等の学用品を入れて)を所持して、8時 05分までに登校させてください。
(2) 下校時刻
平日の放課は 15時 30分です。
本校では、全生徒が必ず部活動に所属します。放課後の活動を充実させましょう。
(3) 持ち物
学用品以外の物を、持参させないでください。
例:ドライヤー、音楽プレーヤー、化粧品、ゲーム類、マンガ・雑誌等
◎本校では、校舎内における携帯電話等の情報端末機器の使用を原則禁止しています。ただし、教育活動を目的とする場合、教員の指導・監督の下、指示があるときのみ携帯電話等の使用を認めます。なお、放課後、校舎外において保護者との連絡等において使用を認めております。
◎弁当はできるだけ持参させてください。
(4) 頭髪・服装
男女とも望ましい頭髪、服装を指定して、指導しております。特に、変形制服の着用、頭髪の着色(脱色も含む)や変形、化粧、ピアス等の装飾品を身につけることを厳禁としています。
(5) 諸経費
学校で必要な経費の徴収については、必ず文書で連絡致します。わからない時は必ず、学校へ問い合わせてください。

2 諸届け・願いについて

次の場合は、学校への届けや願いが必要です。
(1) 遅刻・早退・欠席
遅刻・早退・欠席は、学習の遅れの原因になりますので、日頃から体調管理には気を配ってください。やむを得ない場合には、必ず保護者が連絡してください。 (朝 7時 30分以降)
(2) 旅行など
宿泊を伴う旅行、遠距離の旅行、登山、キャンプ、海水浴等をする場合は所定の旅行承認願いを提出し、事前指導を受けさせてください。
(3) アルバイト
学校は勉学・修養の場であるため、アルバイトはできるだけさせないでください。ただし、経済的理由等により、やむを得ずアルバイトをさせる場合には、アルバイト承認願いを提出し、許可証の交付を受けてください。
なお、就業は午後 8時までとし、午後 9時までには帰宅させて下さい。身体に危険を伴う職種や生活指導上問題のある職種(パチンコ店、ゲームセンター、喫茶店、酒席に持する業種や性風俗に関する業種など)は絶対にさせないでください。特別な指導の対象になります。
(4) 下宿(間借り、アパートも含む) …事前に保護者より連絡してください。
(5) その他の願い
◎大会参加(公欠) ……生徒手帳にあります。記入して提出させて下さい。
◎集会参加、異装 ……職員室に専用用紙があります。先生に申し出て下さい。
◎バイク通学、自動車学校入校等……当該学年や該当時期に用紙の配付.説明等があります。

3 交通事故・違反の防止について

(1)小・中学校の頃に比べ、通学距離や通学時間が長くなり、通学方法も複雑になります。自転車の運転・公共交通機関では乗車マナーを守るよう、十分に注意させてください。
(2)バイク使用や運転免許取得は原則として禁止しています。無許可での運転免許取得やバイク運転、無免許運転は絶対にさせないでください。
(3) 4 + 1ない運動
高校生の交通死亡事故をなくすために、福島県PTA連合会などの決議に基づいて推進しています。
☆高校生は
1 バイクや車の免許を取らない。
2 バイクや車を持たない。
3 バイクや車を運転しない。
4 バイクや車に乗せてもらわない。
☆親は
+1 子供の要求には負けない。

4 学校への送迎について

学校への車による送迎については、校舎前駐車場まで乗り入れを認めますが、交通安全に十分留意し送迎を行ってください。登下校時にはたくさんの生徒が徒歩で移動を行っています。スピードの出しすぎには十分注意してください。また、生徒を降ろす際には周囲の安全を確認してから行ってください。

5 非行防止について

日頃より家庭での会話を欠かさず、望ましい考え・行動ができるよう配慮してください。 『良いことは良い、悪いことは悪い』という、毅然とした保護者の態度が望まれます。また、次の点に十分注意して、接し、観察してください。
未然防止・早期発見が非行防止のカギを握ります。子ども達に関心を持ちましょう。

・友人関係に留意する。 (特に有職・無職の青少年との交際など)
・勉強部屋は、保護者の目の届く所に設ける。 (たまり場となり、問題行動が誘発されます。)
・所持品や服装・頭髪に留意する。
・帰宅時間や、言葉遣いの変化に留意する。
・夜間の外出 (21時以降)や、友人宅への外泊を認めない。
・喫煙・飲酒を絶対に許さない。特に、喫煙は薬物乱用への移行につながる恐れがあります。
・家族の一員として、できるだけ家事の手伝いをさせる。
・ 目的意識や進路意識を早期に持たせ、学習活動や部活動、資格取得に専念させる。

6 特別な指導について

生徒が校規に違反したり、非行を起こした場合には指導を行います。指導の際には、保護者若しくは保証人が学校に召喚されます。指導には問題行動の程度により、説諭、訓戒、特別な指導、停学があります。著しい性行不良の者や学力劣等の者、怠学による出席不良の者、生徒の本分に反し、学校の秩序を乱した者については退学を命ずることがあります。また、校長が教育上指導を必要とすると判断した場合には、特別な指導の対象となります。

◇お子さんに心配な点がある時、非行や事故を起こした時は、速やかに担任または学校へ連絡してください。本校は、健全な生活態度と高い知識や技能を身につけさせ、一人ひとりを大切にした厳しい指導を、保護者の方々との連携を密にして行っております。些細なことでも、気軽に学校へご連絡・ご相談してください。

7 いじめ防止について

本校では、いじめ防止対策推進法にのっとり、学校いじめ防止基本方針を制定し、いじめ防止に取り組んでいます。
いじめの定義
「いじめ」とは児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。
く具体的ないじめの様態(例) >
1冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる。
2仲間はずれ、集団による無視をされる。
3ぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたりする。
4金品をたかられたり、隠されたり、盗まれたり、壊されたり、捨てられたりする。
5嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする。
6パソコンや携帯電話等で誹謗中傷や嫌なことをされる。

このようないじめ行為があった場合、学校全体で組織的に対応していきます。また、いじめを見ていたり(傍観者)、同調していたりした生徒(観衆)に対しても自分の問題として捉えさせ、いじめを受けた者の立場になってその辛さや悔しさについて考えさせ、相手の心のなやみへの共感性を育てることを通じて、行動の変容につなげる指導をおこなっていきます。
詳しくは、塙工業高校ホームページの「学校いじめ防止基本方針」をご確認ください。
https://hanawa-th.fcs.ed.jp/
《学校の電話番号 0247-43-2131》

タイトルとURLをコピーしました