【福島】二本松工業高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

頭髪指導の確認事項について

下記の基準で頭髪検査を始業式と考査最終日に実施しています。
※ 再三指導時に改善が見られない場合は、保護者同伴での指導となる。

1 髪の長さ

<男子>
1 前髪は、眉より上の長さにする。
2 後ろ髪は、ワイシャツの襟までの長さにする。
3 横の髪は、耳にかからない長さにする。
4 もみあげは、耳たぶのラインより下がらない長さにする。
<女子>
1 前髪は、眉より下に出ない長さにする。

2 加工の禁止

1 茶髪(着色・脱色等)は禁止。
2 アイロンやドライヤーのかけすぎにより変色した場合も黒く染め直すこと。
改善した形跡があっても、髪の根元と色が違っていたり部分的に色が落ちてきている場合は何度でも黒く染め直すこと。
スプレーでの改善は認めない。
2 ムース・ワックス等の整髪料で髪型を変形しないこと。
3 パーマ・カール・奇抜な髪型・流行性の強い髪型にしないこと。
(* ツーブロック・モヒカン・アシンメトリーなどの禁止)
4 エクステンション・アクセサリー等をつけないこと。

3 その他

カラーコンタクト・眉そり・つけまつ毛・化粧・マニュキア等は禁止する。
(* 色付きのリップクリームについても禁止)
ピアスは禁止する。着用に限らず穴を開けることも禁止する。
ネックレス・ブレスレット・指輪・その他のアクセサリー類の着用を禁止する。
本校生としてふさわしくないと判断されるものは直すこと。

冬季服装の指導について

基本原則
本校指定の制服以外は認めない。
制服以外を着用した場合は、生徒指導部で一定期間保管する。
※ 再三指導時に改善が見られない場合は、保護者同伴での指導となる。

1 常に学校指定の制服を正しく着用する
2 ネクタイ・リボンの常時着用
3 スラックスを下げて着用しない。スカートをまくる等短くして着用しない
4 カーディガンを着用する場合は、下記の項目を守ること
(1) 登下校時を含め、ブレザーの中に着用すること。
※ブレザーを着ずにカーディガン姿の場合は没収とする。
(2) 色は、紺・黒・白・グレー・茶・ベージュとする。
(3) 丈が極端に長くない(ブレザーから、はみ出さない)こと。
(4) ネクタイ・リボンが隠れる丸首や、フード類でないもの。
※トレーナー、パーカーは禁止とする。
(5) 夏季制服のベスト(本校指定)は可とする。
5 コート・オーバーは華美なものを着用しない。次のものは禁止とする。
革ジャンパー・革コート
ジーンズジャンパー
背や胸に文字や絵柄の入っているもの
パーカー等
6 シャツの襟(首回り)からインナーが出ないようにする。
7 ベルト・靴下は華美なものは着用しない。

夏期服装の指導について

1 長袖ワイシャツ(本校指定、水色、裾は入れる)
2 半袖ワイシャツ(本校指定、水色、裾は入れる)
3 ネクタイ(男女)、リボン(女子)は、はずしてもよい
4 ポロシャツ (本校指定、白色、本校マーク N T入り)
ベスト(本校指定、白色・紺色、本校マーク N T入り、女子希望者)の着用可
5 スラックス(本校指定、夏季用、ネーム入り)
6 禁止事項
腰パンの禁止(制服だけでなく体育時・実習時もジャージ、作業ズボン等)
スカートのまくり禁止(ベルトを使用していた場合ベルトを一時預かる)
シャツ出し禁止
カーディガンやトレーナー等は着用しない
シャツのボタンは、 2つ以上外さない。
ワイシャツ・ポロシャツを脱いで授業を受けない。
サンダル (Crocs等も)での登下校はしない。
シャツ・ポロシャツの襟(首輪まり)と袖からインナーを出さない。
ベルト・靴下は華美なものは着用しない。(注意を受けたら改善すること。)

アルバイトについて

1 アルバイトは原則禁止
2 家庭の経済状況等を考慮しやむを得ない場合は保護者の責任のもと条件付きで許可
3 許可条件
〇家庭での経済的な理由から、学業に要する費用を得るとき。
〇学業や部活動など学校生活に支障がないこと。
〇自動車、バイク等を運転する作業でないこと。
〇居酒屋等酒類を提供する業務でないこと。
〇客室(旅館、ホテル、カラオケなど)に出入りする作業や、遊技場(パチンコ、麻雀など)や、スナック等での作業でないこと。
〇危険な作業や健康を害する作業でないこと。
〇定期試験中および試験 1週間前はアルバイトをしない。
〇赤点を取った場合、アルバイトは辞める。
〇午後 9時には帰宅できる時間帯である。
〇許可証の有効期限は 3月 31日で失効し、継続する場合は「アルバイト継続届」を提出する。
〇新入生については、学校生活に慣れるため 1学期中は許可しない。
4 上記条件に違反した場合、特別指導の対象となる。

タイトルとURLをコピーしました