【愛媛】川之江高等学校(全日・定時)の校則

愛媛県に対する情報公開請求により開示された2022年度の校則を掲載しています。

全日制

「生徒心得」

教育の目的を理解し、学校の規定をよく守り、校内外を問わず高校生らしい身だしなみ、態度を忘れず、学校生活の向上を図りましょう。

1校内生活

(1)互いに敬愛の心で接し、気持ちよく挨拶をしよう。
(2)5分前登校を心掛け勉学を始める教室の雰囲気作りに協力しよう。
(3)授業中私語は慎み、積極的に学習しよう。
(4)公共物は必ず責任者の許可を得てから使用しよう。
(5)清掃は責任を持って、丁寧に敏速に行いー後始末をきちんとしよう。
(6)全校集会は速やかに時間内に集合整列しょう。
(7)本校規定の制服を着用しよう。
(8)頭髪は高校生らしい品位のある髪型にしよう。

2交通安全

交通ルールを守り、規範を示そう。
(1)徒歩通学
道路の右側を安全に留意して通行し、歩道・横断歩道・歩道橋を渡ろう。
(2)自転車通学
ア交差点では通行に注意し、日没後はライトを点けよう。
イ片手運転や二人乗り・ながら運転をせず、雨天時は雨具を着用しよう。
ウ並進をせず、左側一列進行を守り、常に安全を確認しよう。
(3)列車・バスによる通学
乗客に迷惑にならないようにし、安全に注意しよう。

3交際

学友としての公正明朗な交際を心掛けよう。

4校外生活

(1)本校生徒としての自覚を持った行動をしよう。
(2)夜間の訪問や外出はしない。また、友人宅への外泊はやめよう。
(3)海外旅行、キャンプ、集会、※選挙運動や政治的活動への参加等は所定の届出により,あらかじめ学校に届け出て実施しよう。
※ 18歳の誕生日前日より前における選挙運動や下記のような恐れのある活動については認められないので留意しよう。
ア違法なもの、暴力的なもの。
イ学業や生活に支障があるもの。
ウ学校教育の実施に支障があるもの。

「学校生活に関する規定」

1登下校時

(1)登校後は無断外出を禁ずる。外出する場合は外出許可証を付ける。
(2)生徒は原則として午後5時までに下校しなければならない。

2欠席(欠課)

(1)欠席する場合は、ホームルーム担任に届け出る。
(2)始業または授業開始時刻に遅刻した場合は、職員室でその理由を入室許可カード・遅刻カード及び遅刻指導記録表に記載した上、入室許可カードに押印してもらい、授業担当者に提出しなければならない。
(3)早退する場合は、ホームルーム担任または養護教諭に届け出る。
(4)忌引する場合は、ホームルーム担任に届け出る。なお、その日数は下記の通りである。
ア一親等(父母)5日
ィ二親等(兄姉、祖父母)3日
ウ三親等(伯叔父母、曽祖父母)1日
(4)非常変災及び感染症(インフルエンザなど)で出席できない者は欠席扱いとはしない。

3特別指導

(1)学校生活の秩序を乱し、生徒としての本分に反した者に特別指導を行う。
(2)特別指導にあたっては、職員会議で審議し、学校長が決裁する。

4身だしなみ規定

(1)登校時の服装
ア冬服
(ア)男子黒の標準詰襟学生服上下(日本被服連盟マーク入り)を着用する。
・上着の下には白カッターシャツ、もしくは無地(白、紺、グレー、黒、茶)のトレーナー等を着用すること。
(イ)女子本校規定の冬用制服を着用する。
・スカート丈は膝の中心とする。
・ベスト、セーターは上衣から出ない長さのものを購入する。
・ベージュのストッキングや黒のタイツ(80デニール以上)を着用してもよい。
イ夏服
(ア)男子白半袖カッターシャツ(開襟シャツは不可)、黒の長ズボンを着用する。
(イ)女子本校規定の夏用制服を着用する。
・スカート丈は膝の中心とする。
ウ合服(1年中着用可)
(ア)男子白長袖カッターシャツを着用してもよい。
(イ)女子冬用スカート、シャツ、ベストの組み合わせのみ。セーターは不可。
工靴下
(ア)男子色は白(ワンポイント可)とする。長さは、くるぶしが隠れるものか踵と膝の中央程度のもの。
(イ)女子本校規定の靴下とする。
オズボンには必ずベルトをすること。色は黒、紺、茶の華美でないものとし、材質がエナメルや多数の穴あきのものは不可。
カ指定の名札を制服の左胸に付ける。
キ通学時は、本校指定のスクールバッグを使用する。
ク通学靴は、指定の黒色革靴もしくは体育時に使用するグランドシューズとする。
ケ登下校に限り、手袋、マフラー、ジャンパー、コートの着用を認める。校内では着用しない。
コジャンパー、コートは同一色の華美でないもの(黒、紺、ダークグレー、ダークブラウン)とする。ただし、登下校の際、交通事故等に十分留意すること。
(2)体育時の服装
・学校指定のものを着用する。
(3)頭髪
ア男子
(ア)前髪は、眉にかからない。
(イ)横髪
・耳にかからないように自然な形で短く散髪し、側面は生え際が見えるようにする。
・ビンの長さは、耳の穴の中央ラインとする。
・側面は横から見て2層にならないようにする。
(ウ)後髪は、襟にかからないように自然な形で短く散髪する。
(エ)特殊カット(ツーブロック、ソフトモヒカン、マッシュなど)は不可。
イ女子
(ア)前髪は、眉にかからない。ピンで留めて眉にかからないようにすることは可。
(イ)横髪は、後髪より長くしない。
(ウ)後髪
・冬服、合服は、制服の襟の中央ラインを超えないこと。
・夏服は襟にかからない。
・規定の長さを超える場合は、一つまたは二つに束ねること。
・束ねる位置は耳より下とする。横髪はたらさない。
(エ)特殊カット(段カットなど)は不可。
(4)その他
次の項目は、特に注意すること。
1髪の染色、2眉毛の加工、3ピアス、4化粧(アイプチ)、5違反制服
※1については、痛みの理由にかかわらず、地毛との色が変わった場合は指導の対象となる場合がある。

5携帯電話・スマートフォンの校内持ち込みに関する規定

下記の規約を遵守する。
(1)校内では、電源を切ってバッグの中に入れること。校内での使用は禁止する。
※ただし、授業で使用する場合、指導教師の指示がある場合のみ、指示の範囲内での使用を認める。
※携帯電話・スマートフォンの盗難、紛失、破損等は、すべて自己責任とする。
※スマートウォッチについても同様とする。
(2)マナー違反(歩きスマホ、自転車運転中の使用など)は校外であっても、指導の対象とする。

6自転車通学規定

(1)自転車通学は許可制とする。
(2)ドロップアップハンドル・アップハンドル・片足スタンドの自転車は使用してはならない。
(3)許可自転車以外の諸車は通学に使用せず、また校内に乗り入れない。
(4)自転車は常に整備点検を怠らないようにする。
(5)自転車は指示された場所に整頓する。
(6)自転車通学生については、総合保険もしくは、何らかの保険に必ず加入する。
(7)ヘルメットを着用する。

7運転免許取得規定

3年生で特別な理由がある場合にのみ、保護者及び学校の許可を得て取得することができる。ただし、冬季休業中、家庭学習期間中に限る。

8アルバイトについて

アルバイトは原則禁止とする。ただし、 3年生のキャリア形成アルバイトについては、許可条件を満たした者に限り認める。

9施設の利用

(1)生徒が学校の施設、器具、用具などを使用したい時は;必ずその管理教師もしくは責任教師に申し出て、所定の手続きにより許可を受けねばならない。
(2)施設、設備等を使用中に破損した時は、必ず責任教師に届け出る。故意に破損した者は、公共物破損により特別指導を受けねばならない。
(3)日曜・祝日等開校日以外の日における施設の使用は原則として禁止する。ただし、部活動などで使用する場合は、関係教師の監督のもとに使用するものとする。

10掲示

掲示物は係教師の指導指示を受け所定の場所に掲示する。

11その他

学習に不必要なものを学校に持ち込まない。

定時制

生徒心得(新学期説明会用)

川之江高等学校定時制生徒としての誇りを持ち、学業に励み、心身の鍛錬に努め、将来立派な社会人として大いに活躍することを期す。また生徒としての本分をよく理解し、互いに協力し合って、一人一人が上記の目的達成に努めなければならない。

1服装・態度

(1)学生らしく清潔感のある服装を着用し、生徒としての品位を保つように心がける。
1露出度の少ない服を着用(タンクトップ・キャミソール等禁止)
2ピンヒール、スリッパ禁止
3ピアス、マニキュア、装飾品等禁止
4式典(卒業式・始業式・終業式等)ではフォーマルな服装を着用(華美でないもの)

2校内生活

(1)登下校の時間を厳守し、登校後は許可なく校外に出ない。
(2)授業中は私語を慎み、積極的に学習に励む。
(3)校内の施設用具を使用する場合は必ず責任者の許可を得、大切に扱う。
(4)飲食は定められた時間に教室でとり、後始末をきちんと行う。
(5)金銭の貸借はしない。
(6)スマートフォン等の校内持ち込みは可であるが、1時間目から授業終了までは電源を切る。

3交通安全

(1)登下校の際は、交通ルールを守り、事故のないように注意する。
(2)原動機付き自転車(排気量50cc以下)、自動二輪、普通自動車の免許を取得した者は必ず学校に届け出る。
(3)原動機付き自転車(排気量50cc以下)、普通自動車は、1年生から学校の許可を得て通学用具として使用することができる。
*車体は常に整備し、自賠責保険・任意保険に加入しておく
(4)通学用具(自転車、原付、普通自動車)等の運転には特に注意し、所定の置き場に整頓し、施錠する。
(5)校内への乗り入れの際には、必ず校門前で徐行し、周りを注意しながら原則時速10km以下で走行すること。
(6)交通事故が発生したときは、速やかに関係機関や学校に連絡する。
(7)以上の規定について違反した者には、特別指導を行う。

4校外生活

(1)社会人であると同時に高校生であることを忘れず、自分の言動や行動には十分注意する。
(2)地域社会の一員として、社会規範の励行に努める。
(3)不健全娯楽、未成年者の飲酒喫煙、薬物乱用などの反社会的行動には絶対関わらない。
(4)交際は生徒としての本分を忘れず、誤解を招くような行動を慎む。
(5)良き友を選び、悪い誘いは断固として断わるだけの勇気を持とう。

5諸届け

(1) 欠席・遅刻の連絡は始業時間までに、必ず学校に連絡する。
(2) 遅刻・早退は出欠カードに理由を記入し、教頭先生に届け出た後、教科担任又はホームルーム担任に提出する。
(3) 生徒調査書記載事項(住所、勤務先など)に変更があった場合は、必ず届け出る。
(4) 旅行、キャンプ等の場合は、その都度学校に届け出る。
(5) 選挙運動や政治的活動へ参加する場合は、必ず届け出る。

タイトルとURLをコピーしました