【千葉】富里高等学校の校則

このページに掲載している校則は2021年度のものです。情報が古くなっている可能性が特にございます。

千葉県から交付された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

(1)生徒心得

本校の校馴「開拓・協和」の精神に則り,勉学に励むとともに,思いやりや品位のある豊かな人間性を培うよう努め,よりよい校風と伝統を樹立するため,生徒心得を次のように定める。

一般心得

1 基本的生活習慣を確立し,良き社会人となる基礎を身につける。
2勉学に励み,知性と教養を高める。
3積極的に勤労に参加し,奉仕の精神を身につける。
4 学校行事・生徒会活動等を通じ,自主的態度を養う。
5 礼儀を重んじ,教職員・来客にはもちろんのこと,生徒同士も挨拶をする。
6 行動は明朗・活発にし,常に心身の健康に留意する。
7 定められた時刻を守り,欠席・遅刻・早退の無いようにする。
8 友情を深め,互いに協力する。
9服装を正し,清潔に心がける。
10 学校の諸規程を守り,教職員の指導に従う。

通 学

※ 常に服装を整え,交通道徳・交通法規を守り,安全に心がける。
1 通学に際しては,制服を着用する。 (服装・頭髪等に関する規程)
2 始業時刻 5分前までに登校し,下校時刻までに下校する。
3 生徒会活動・部活動等で下校が遅れる場合は,関係職員の許可を得る。
4 登校してから下校するまでの間は,原則として校外に出てはならない。
(必要やむを得ない場合は願い出て許可を得る。)
5 自転車通学については許可制とする。 (自転車通学に関する規程による。)

校内生活

※ 各自が集団の一員であることを自覚して,快適な学校生活が営めるように心がける。
1 欠席・遅刻をする場合は,始業時刻までに保護者が学校へ連絡するとともに,所定の様式により届け出る。
2 早退・欠課をする場合は,所定の様式により学級担任に申し出て許可を得る。
3 施設・器具は大切に扱い,破損・紛失した時は,直ちに関係職員に申し出てその指示を受ける。
4 校舎内外の清掃美化に努める。
5 教務室・教科準備室・事務室・保健室・特別教室等については,必要な場合以外入室しない。
6許可なく団体を組織したり,集会を開いたり,文書を配布または掲示したり,あるいは金品を集めたりしない。
7 所持品はすべて学年・組・氏名を明記する。
8 貴重品は,特に紛失しないように注意し,紛失・拾得した場合は直ちに関係職員に届け出る。
9 不必要なものを持ち込まない。

校外生活

※ 社会道徳を守るとともに,高校生としての品位を保つように心がける。
1 外出の際は,必ず家人に行き先・用件・帰宅時間を知らせておく。
2 外泊はしない。やむを得ない事情がある場合には,保護者の許可を受ける。
3 夜間の外出は禁止する。 (県条例により禁止されている。)
4 宿泊を伴う旅行等は,保護者と連署で届け出る。
5 原付・自動二輪・乗用車の運転は禁止する。また,みだりに他人の車に同乗しない。
(免許取得については,運転免許取得に関する規程による。)
6 アルバイトは原則として禁止する。 (特別な事情のある場合には,アルバイトに関す
る規程による。)
7 事故その他緊急なことが起こった場合は,直ちに学校に連絡する。

その他

1 不健全な盛り場・娯楽場・飲食店等には入らない。
2 問題解決の手段として,暴力を用いてはならない。
3 男女交際は,互いに人格を尊重し,明朗・清純で,高校生らしい節度を守り,少なくとも他人の誤解や非難を受けることのないようにする。

(2) 服装・頭髪等に関する規程

服装はその人の人格を現わすものである。質素・端正・清潔に心がけ,高校生としての品位を保つように心がける。
①頭髪
髪型は高校生らしい簡素なものとする。
髪の加工,眉の変形,化粧等は禁止する。
○男子
・パーマ・アイパー・リーゼント・オールバック・サイドバック・脱色・染色・そり込み・チック・ポマード・スプレー等による頭髪及び特異な髪型は禁止する。
・もみあげは長すぎたり、短すぎたりしない。耳の穴の下限を最長とする。
・前髪は眉までとし,後髪は制服の襟にとどかない長さとする。
○女子
・パーマ・ドライヤー・こて等による人工的なウェーブ,及び脱色,染色は禁止する。
・ヘアピン・ゴムひも等は黒・紺・茶を使用してもよいが,その他のアクセサリーは禁止する。
・前髪は眉までとし、後髪は長い場合は黒・紺·茶のゴムで1つか2つに束ねる。
② 服装
○授業を含め,制服で校内生活を送ることを原則とする。
○制服は学校指定のものとする。ただし,一切,加工・変形してはいけない。
○ワイシャツは白無地とし,開襟シャツはいけない。
○ネクタイ・リボンは学校指定のものとする。
○夏期 (6月 1日~ 9月 30日),下着としてTシャツを着用する場合は白無地ワンポイントのものに限る。ワイシャツの上にベストを着用する場合は,学校指定のものに限る。
冬期期間,制服の下に防寒用としてベスト・ Vネックセーター・カーディガン・学校指定のベストを着用してもよい。色は紺・グレー・黒・白・ベージュの無地またはワンポイントのものとする。
○男子
・ズボンの裾は太さ20~26cmとし,股下巾のゆとりは4~10cm (つまんで2~5cm) とする。
・靴下は白・黒・紺・グレーを基調としたものとする。
・ベルトは着用し,色は黒または茶で装飾のないもの,太さは2.5cm以上のものを着用する。
○女子
・スカート、スラックスの選択制とする。 (併用可)
・スラックス着用の際は、ネクタイとする。
・スカートの丈は膝の皿の上端とする。
・靴下は白・黒・紺の無地又はワンポイントのものとする。 (メッシュ・模様編み・ルーズ型・柄入りは禁止)ストッキング着用の場合は無地で肌色か黒のものとし、ソックスを併用してもよい。
○靴 通学靴は以下のものとする。
・黒または茶のローファー
・スポーツシューズ
③ 通学バック
○市販の機能的なバッグとする。
○中学校のバッグや他校の指定バッグ,紙袋やブランド品などは禁止する。

(3) 自転車通学に関する規程

①自転車通学を希望する生徒は、自転車許可証を提出し、許可を得る。
②自転車通学の許可を得た生徒は、通学許可証のステッガーを自転車の後部フェンダーにはる。
③自転車は所定の場所に整頓して置き、必ず施錠する。 (2重ロック)
④自転車通学者は、交通道徳・交通法規を守る。特に、 2人乗り、並行走行、無灯火走行、傘をさしての走行など危険な乗車は絶対しない。
⑤ライト、ブレーキ等の整備を完全にして安全に心がける。
※自転車通学希望者は,入学後,指示に従って手続きをしてください。

(4) アルバイトに関する規程

1 アルバイトは原則として禁止する。
(詳細は,生徒手帳参照のこと)

(5) 運転免許証取得に関する規程

1 運転免許証の取得は,原則として禁止する。(詳細は,生徒手帳参照のこと)

(6) 防寒具

防寒具は,登下校時の防寒を目的とするもので,正しく制服を着用した上から着ること。
着用する場合は,次の1,2より選択すること。
1 ピーコート,ダッフルコート型コート及びウインドブレーカー
(色は紺・黒・グレー・とし,丈は膝を越えない物とする。)
2 部活動で統一した防寒具(学校の許可を得た物)

(7)携帯電話等の使用について

① 校内への持ち込みは許可する。
② 始業時間から放課まで,校内では電源を切っておく。
③ 校内で使用し指導された場合は,一時預かる。
④ 再三の指導があっても改善しない場合は特別指導とする。
⑤ その他
◎電車やバスなどに乗車中は電源を切るかマナーモードにする。
◎公共の施設では電源を切るようにする。
◎自転車に乗りながら使用しない。
◎メールやブログで他人を誹謗中傷しない。
◎出会い系サイトや有害情報へのアクセスはしない。

(8) 制服等の取扱店

品名取扱店
1制服 (夏服,冬服)
ネクタイ・リボン
(a)やまぐち洋副苫
富里市十倉 1381 (県道43号線沿)
tel 0476 (93) 1044
(b)そごう千葉店学生服売り場 (6階)
千葉市中央区新町 1000
tel 043(245) 2111
(c)カンコーWEST
成田市囲護台 2-1-5(JR成田駅西口)
tel 0476(22) 0543
(d)洵アイカワ
富里市七栄 299-8(国道 296号線沿)
tel 0476(93) 0035
(e)ボンベルタ成田店学生服売り場 (3階)
成田市赤坂2-1-10 tel 0476 (26) 2111
2上履用サンダル
3体育用品
・体育用ジャージ(上)
・体育用ジャージ(下)
・半袖体操シャツ
・ハーフパンツ
・体育館シューズ
(有)岡田スポーツ
(佐倉店)
〒285-0025
佐倉市鏑木町 1200番地
TEL 043 (484) 0361
FAX 043 (484) 0362

(9) 気象警報発令時の登校について

1 午前 6時の時点で,印旛地区(地区内の市町のいずれでも)に下記 (1)~(3) の警報が発令されている場合は,自宅待機すること。
(1)大雨警報と暴風警報の両方
(2)大雪警報
(3)暴風雪警報
2 午前 6時から午前 10時までの間に上記警報が解除された場合は,午前 11時 30分をめどに登校する。登校する場合には,危険がないか十分に注意・確認すること。
3 午前 10時の時点で,上記(1)~(3)の警報が継続されている場合は,学校は臨時休業とするので自宅で学習すること。その際,授業,部活動は行わず,生徒は欠席扱いとしない。
4 印籐地区以外に居住する生徒は,その地区に,上記 (1)”‘(3)の警報が発令されている場合,自宅待機とする。解除された場合は, 1~ 3に基づいて行動すること。
※ 警報の発令の有無は,公共機関(気象庁 ・NHK等)のニュースやホームページで確認してください。
※ 生徒の皆さんは,安全に十分配慮させ時間に余裕を持って登校してください。

タイトルとURLをコピーしました