【東京】田無工業高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

生徒心得

服装・頭髪・所持品

(1)本校の制服
・生徒は下記の本校指定の制服を着用する。
(男子)ブレザー,ズボン,ネクタイ
(女子)ブレザー,スカートまたはズボン,リボンまたはネクタイ
・ブレザーの下は,白ワイシャツまたはブラウスを着用する。
・女子は,本校指定のベストを着用してもよい。
・下記(2)の場合を除き,登下校時を含めて,必ず上記の指定された服装をすること。
(2)夏季の略装
・6 月 1 日より 9 月 30 日の間は,下記の略装を着用してもよい。
・(1)の内,ブレザーとネクタイ(リボン)は着用しなくてもよい。
・半袖の白ワイシャツ(ブラウス)の代わりに,白のポロシャツ(半袖)を着用してもよい。
・女子は,ベストを着用しても良い。(色は、セーター、カーディガンに準ずる)
・寒いときはブレザーを着用してもよい。
ブレザーを着用せず,セーターやカーディガン等を着用することは禁止する。
・夏季略装時のポロシャツは上記の「夏季の略装」に定められた期間以外は着用してはいけない。
(3)冬季の防寒着
・通学用に防寒着・マフラー等を着用するときは,華美なものはさける。防寒着・マフラー等は,校内
では着用しないこと。
・ブレザーの下に着てよいものは,Vネックのセーター・ベスト・カーディガンとする。(色は、白・ベージュ・グレー・紺・黒の単色に限る。)
・パーカーのブレザー内着用は禁止する。
(4)その他の服装
・通学用の靴は黒の革靴か運動靴とする。校舎内では指定のサンダルを,体育館や武道場では指定の体育館履きを使う。
・靴下・ベルト等は,華美なものは着用しない。
・体育および実習の授業中は,別途定められた服装をすること。
・細部については生活指導部の指示に従うこと。
(5)禁止事項
・ワイシャツ・ポロシャツの裾をズボン(スカート)から出してはいけない。
・制服に故意に手を加えて変形させてはいけない。
・ピアス・ネックレス・指輪等の装身具をつけることは禁止する。
・校内で帽子等を着用してはいけない。(実習帽を除く)
(6)頭髪
・頭髪はいつも清潔にし,特殊な髪型にしない。
・パーマ・染色・脱色は禁止する。
・頭髪は,全体に短くする。(女子生徒は,この限りではない)
・細部については,生活指導部の指示に従うこと。
(7)所持品とその管理
・所持品には必ず氏名を記入し,自己管理すること。
・貴重品その他学校生活に不必要な品物を持参しない。
・携帯電話の授業中の使用は厳禁する。その他の携帯電話に関する規定については,生活指導部の指示に従うこと。
・個人ロッカー・下駄箱は,必ず施錠すること。

礼 儀

ア.授業の始めと終りには起立して礼を行う。
イ.教職員,来客に対して礼を失しないようにする。(会釈の励行)

清掃整備

ア.清掃は毎日放課後に行い,実施後は必ず監督教員の点検をうける。
イ.校舎,校具などの公共物を大切にし,常に校内外の美化につとめる。
ウ.窓ガラスなど器物施設破損の場合は,破損屈を生活指導部に提出し弁償することがある。

届・願書

ア.欠席,遅刻,早退,欠課の場合はそのつど手帳に記入し,担任に届けでる。
イ.欠席の場合は,電話連絡をする。
ウ.姓名,住所,保護者などに変更があったときは担任に届けでる。
エ.本校では原則として生徒のアルバイトを禁止する。止むを得ない理由のある場合は保護者の許可のもと、担任とよく相談すること。なお、アルバイトを行う際には、以下の事項について留意するこ
と。アルバイトにより健康を害したり,学力低下,欠席,遅刻,早退,その他の事故や問題行動を絶対におこさないこと。

タイトルとURLをコピーしました