【東京】浅草高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

学校生活の心得

服装

(1)標準服
 《男子》ブレザー・スラックス・ネクタイ・白ワイシャツ
 《女子》ブレザー・スカート(スラックス)・リボン(ネクタイ)・白ブラウス
 *夏(6~9月)はブレザー及びリボン・ネクタイなし
(2)日常の学校生活における服装
 標準服、または、本校生徒としてふさわしい服装で登校すること。(スウェットは禁止とする。)
※ 「本校生徒としてふさわしい服装」とは、本校で授業を受ける者として教員及び外部講師等に対して礼を欠くことのない服装のこと。
(3)儀式等における服装
 入学式、卒業式、その他学校が指定した儀式等には、標準服、または、それに準ずる服装で参加すること。
※ 「標準服に準ずる服装」とは、儀式に参列するにふさわしいと考えられるような服装のこと。
(4)体育着
 本校の学習活動において体育着の着用が必要なときには、原則として本校指定の体育着を着用すること。

本校は一足制のため、上下履きの区別はないが、その日の授業や気候等に合わせ、適切な靴を使用すること。また、本校生徒としてふさわしく学校の施設を傷つけることのない靴を使用すること。サンダルやヒールのある靴類は禁止する。

体育館シューズ
体育館では指定の体育館シューズを使用すること。また、体育館以外の場所では体育館シューズを使用しないこと。

装飾品等

身に付けるものについては礼儀や安全に配慮し、本校で授業を受ける者としてふさわしくない装飾品等は身に付けないこと。具体的には、奇抜または派手な装飾品・化粧・サングラスなど、教員及び外部講師等に対する礼儀にはずれるものや、怪我の原因となる、または自分の体を傷つけるなど、保健衛生上好ましくないものは身に付けないようにする。

頭髪

ありのままの自分の髪を大切にし、地域の方など学校外の人から見て本校の生徒としてふさわしい頭髪を心掛ける。

アルバイト等

(1)学業優先
三部制の本校では、授業以外の時間にアルバイトまたは正規の社員として仕事に就くことを認めている。ただし、学業に支障をきたさないよう自己管理をしっかりとすること。
(2)法令等の遵守
アルバイト等の就業に際しては、本校生徒としての自覚を持ち、関係法令を遵守すること。

タイトルとURLをコピーしました