【東京】蒲田高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

生徒心得

服装

学校に登校する場合は、休業日や長期休業中も含め必ず制服を着用すること 。衣服や頭髪等は人格と教養を象徴するものであるから、良識的で清潔・端正 ・質素を旨とし、必ず制服を着用すること。なお、服装の基準についての細目は別に定める。

制服
  • 男女とも、ブレザー型。
  • 定められたボタンをつける。
  • 制服は原則として、スラックスならネクタイ、スカートならリボンを着用すること。
  • ワイシャツ ・ブラウス ・ポロシャツ・セーター・ベストは指定のもの(左袖校章刺繍マーク入)とする 。
  • 指定外のセーター ・ベスト等の防寒着をブレザー内に着用してはならない
  • 靴下は、派手でないものを用いること 。
  • 制服をだらしなく着用しないこと。 具体的に 「シャツをスラックスから出したり、スラックスをまくり上げたりずりおろしたりしないこと」 「スカートを短く加工したり、スカートの下にスウェット類を着用したりすることをしないこと」
略用

5月1日から 10月31日までを略装期間とし、男女とも上着、ネクタイ・ リボンは着用しなくてもよい。

防寒着

コート、マフラー などは、通学にふさわしいものを用い、派手な色や特に変わった形のものは用いないこと 。パーカー等を防寒着 としてブレザー内に着用してはならない。

通学時の履物は黒、茶革靴または色・柄等の派手でない運動靴とし、サンダルは禁止する(サンダルでの登校は再登校の指導になる)。校舎内は定められた上履きを用い、下履きと厳に区別する 。

頭髪

頭髪は常に品よく清潔を保つこと 。特異な髪型 ・エクステ ・染色・脱色・加工は禁止する

体育の服装

定められた体育着、運動靴(体育館履き)を用いる

異装

やむを得ず定められた制服を整えることができない場合は、 HR担任に願い出て生活指導部の許可を受ける

装飾品等

ピアス ・イヤリング・ネックレス ・ブレスレット・カラーコンタクト等の装飾品の着用・アクセサリーや化粧等(色付きリップを含む)を禁止する。

タイトルとURLをコピーしました