【東京】桜町高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

生徒心得

服装

本校は高校生としての自覚を持ち快適な学校生活を送るための服装規定がある。休日・休業日も含め登下校の時及び校内では特別の指示がある場合を除き本校指定の制服を着用する。

制服規定
  1. 男女制服は本校指定のものとする。男子は指定のネクタイ、女子は指定のリボンを着用しワイシャツ、ブラウスは白で無地のものとする
  2. 夏服(原則として6月1日~9月30日)
    ・上衣,ネクタイ,リボンは着用しなくてもよい
    ・ズボン(男子)・スカート(女子)
     本校指定のもの
    ・ワイシャツ・ブラウス
     白で無地のものとする
    ・ベスト,セーター,カーディガンでの登校可
     本校指定のもの(購入は任意とする)か規定に定められたものとする
  3. 防寒着等の規定
    ・ニットベスト及びセーター類は黒,紺,グレー,白,茶の単一色とする。Vネックのみ可。トレーナー,パーカーは不可
    ・コートは華美でないもの。コート類は制服の上に着用すること。
  4. その他
    ・通学靴は男女とも黒か茶の短靴、または運動靴
    (ブーツ、サンダル等は不可)
    ・校内履き—本校指定のもの
    ・体育館履き—本校指定のもの
    ・靴下—華美でないもの
    ・頭髪—染色,脱色,パーマ等の頭髪への加工を禁止する
    ・装身具,化粧,香水等は禁止する
    ・制服の加工は禁止する
    ・高校生としてふさわしい身だしなみを心がける
タイトルとURLをコピーしました