【東京】王子総合高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

生徒ハンドブック

服装

  1. 本校指定の制服をきちんと着用してください(指定されていないものは着用不可)
  2. 着用の際には清潔を旨とし常に王子総合高校生としての品位を保つよう心がけましょう
  3. 校章はブレザーの左襟に常につけます
  4. 夏季略装着用期間の目安は6月1日から9月30日とします。。(夏季及び冬季移行期間や期間変更の場合は生徒指導部から別途通知)
  5. セーターやベストを着用する場合は学校指定(校章入り)のものを着用してください。なおブレザーの下にはシャツ及び指定のセーター、ベスト以外の着用を禁止します
  6. コート類に関しては高校生としてふさわしいものとします(ただし、コート類の下には必ず制服を着用してください)
  7. 気温の低い時期におけるタイツの着用については黒のみ着用可とします
  8. 染髪,パーマ,本校の生徒としてふさわしくないヘアスタイル,髪に手を加える行為,化粧,マニキュア等は一切禁止です
  9. ピアス(透明ピアスも含む),ネックレス,指輪等の装飾品については学校生活には不必要なので禁止です
  10. 授業中にコート等を制服の上に着用することは禁止します
  11. 異装の衣類や装飾品について発見した場合生活指導部で預かります
  12. ひざ掛けの使用は教室のみとします。集会等においてはその都度指示します。
タイトルとURLをコピーしました