【東京】高島高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

服装の決まり

校服

制服は下記のようにする。
ブレザー,ズボン,スカート,ネクタイ,リボン
夏用: 各学年,学校指定のシャツ
冬用: 白のワイシャツ
男子の制服の靴下は指定なし。
女子の制服の靴下は紺色・無地(ワンポイント可),長さは標準ソックス*以上とする。*標準ソックス…紺色・無地・長さ26cm
防寒着は華美でないものとする。またベスト,セーター,カーディガンは無地でVネックのものとし色は白・紺・黒・グレー・茶とする。スカートの丈については、ひざ上こぶしひとつ程度を目安としそれより短くしてはならない。
教育の場としての学校はまとまりを求めるとともに生徒各人で清潔で質素な着こなしを期待している。
服装は自己を表現する手だてであるとともに他人からその人がどう見られるかを示すものでもある。学校での勉学に適したきちんとして清潔で趣味のよいつりあいのとれた服装をするように心がけること。

更衣(ころもがえ)

6月1日より9月30日までは夏服とする。
但し,移行期間を設けその期間に限り,夏服または冬服どちらかの着用も許可する。

その他

靴は登下校にふさわしいものをはくこと。
頭髪は常に清潔で自然な状態を維持し染色・脱色等手を加えることを禁止する。ピアス,ネックレス,指輪,ブレスレット等の装身具類とメイクは禁止する。

タイトルとURLをコピーしました