【東京】葛飾野高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

生徒心得細則

身だしなみについて

  1. 制服の着用上の留意点は以下の通りである。
    ①指定のブレザーを着用する。
    ②シャツやブラウスはズボン,スカートから出さない。
    ③シャツやブラウスの下には色シャツ,柄シャツ,ハイネック等そぐわないものを着用してはならない。
    ④スカートについては膝下に採寸されたものを着用し、加工してはならない。また、ウエストで巻いてはならない。
    ⑤ズボン,スカートの腰履きを禁止する。またズボンの裾折りを禁止とする。
    ⑥夏季(5~10月)においてはブレザー,ネクタイ,またはリボンを着用しなくてもよい。
    ⑦夏服は半袖シャツ,ブラウスとし長袖シャツ,ブラウスを着用してもよい。
    ※制服を無断で改変してはならない
  2. 頭髪について
    生来の自然な頭髪を原則とし、染髪や脱色,パーマ等により髪に加工を施さないこと。剃りこみ,モヒカン,過激な刈り上げ等学習活動にそぐわない髪型は禁止する。
  3. 靴,靴下について
    靴は下駄箱に収まる高さで安全性に留意し踵の入る物を履く(ブーツ,サンダル不可)。靴下は華美でないものとする。
  4. ベスト,セーター,カーディガンについて
    無地で色は紺色のみとする。
  5. 登下校時の服装について
    ①休日に部活動で登校する際は定められた制服または各部活動で統一された服装とする。
    ②防寒対策として登下校時のみ防寒着の着用を認める。

携帯電話・スマートフォンの利用について

校内では昼休みと放課後以外の使用を禁止する。

アルバイトについて

原則として禁止する。やむを得ない場合担任に報告をしアルバイト許可願いを提出すること。

タイトルとURLをコピーしました