【東京】八王子北高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

生徒心得

服装・頭髪規定

通学時及び校外教育活動では本校所定の制服を着用し常に高校生としての品位を保つよう心がけること。

制服

学校指定の制服を着用すること。女子は男子用のネクタイの着用可。購入は任意。男女ともにスラックス,スカートの着用可及び冬用替えスカートの着用可。購入は任意。

原則として以下のように制服着用期間を守ること
冬服 10月1日~5月31日
併用期間 5月25日~31日
夏服 6月1日~9月30日
併用期間 10月2日~10日
※夏服期間に限り学校指定のポロシャツ着用を可とする。ただし、あくまでも略装であり学校が正装の必要を認めた場合は正装すること。

必要に応じてセーター,ベスト,カーディガンの着用をしてもよい(無地:紺,黒,グレー,白,茶,ベージュのVネック)ただし、式典及び学校行事等学校が統一の必要を認めた場合は紺,黒,グレーのみが着用可となる。また冬服着用期間は通学時には上着を必ず着用すること。

式典及び学校行事等学校が統一の必要を認めた場合は女子は正スカート、リボンまたはスラックス、ネクタイを着用すること

変形した制服を着用しないこと。

コートは紺,黒,グレのピーコート・ダッフルコート・ステンカラーコート・ダウンジャケットのいずれかを選び着用すること

コートを着用する場合は通学時のみとし校舎内では着用しないこと

やむを得ない理由で制服が着用できない場合は保護者から異装届を担任に提出し生活指導部の許可を受けること

ピアスなどのアクセサリー化粧などはしないこと

頭髪は常に清潔にすること。パーマ・染毛・脱色・付け毛など不必要な加工や非常識な髪型であると生活指導部が判断したものは高校生としてふさわしくないのでしないこと。

頭髪・ピアス等について

 本校では以下のような実態に基づき高校生の染毛は社会的に容認されていないと判断し、染毛は元の自然な色に戻し、ピアスは外すように指導している。
染毛,ピアスをした生徒がいる学校は…
 ① 「怖い学校」という印象を近隣の方々、特に学校見学に訪れた中学生に与えてしまう。
 ② 上級学校からの推薦枠や企業からの求人が減るなど、生徒の進路実現に悪影響を与える。
またアクセサリー,化粧,パーマ,脱色,つけ毛など高校生としてふさわしくないと判断したものも指導の対象としている。

アルバイト

原則としてアルバイトはしないこと。
やむを得ない事情がある場合は保護者の承諾のもとに担任に申し出て相談をし学校に届出を行うこと。

タイトルとURLをコピーしました