【東京】拝島高等学校の校則

東京都教育委員会第4回定例会にて「ツーブロック禁止」など6項目の校則に関する自己点検結果が報告されていますが、当サイトでは2021年7月に開示された文書に基づき校則を掲載しているため、情報が古くなっていることがございます。ご了承ください。(参照: 都立高等学校等における校則等に関する取組状況について | 東京都教育委員会)

東京都に対する情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について掲載しています。

生徒心得

その他

(1)宿泊を伴う旅行は保護者の承認を得て所定の手続きに従って事前に担任に届け出ること。(願・届の項参照)
(2)自宅学習期間中は自主的に学習活動を行い,旅行・アルバイトなどをしないこと。
(3)諸願・届については「諸願・届」の項に示す規定に従うこと。
(4)アルバイトは好ましくないが,止むを得ない場合は職種・場所・時間等について十分検討し,保護者の承認を得て担任にアルバイト届を提出すること。原則テスト1週間前は禁止。(願・届の項参照)

制服

服装や身だしなみは,その人の人格,教養を端的に示すものであるといわれる。本校では,良識と規律あ
る充実した学校生活を送って欲しいという願いから「制服」を定めた。高校生としての品位を保ち,学校生活にふさわしくとの観点から,次のように規定した。

1.制服
(1)制服は本校指定の型とし,ブレザー,スラックス,スカート,ネクタイ,リボン,は指定のものとする。女子制服冬用スラックスを平成28年度より設定。(年間を通して着用を可とする)ただし,スラックスを購入し着用する場合は,同時にネクタイを購入し着用すること。
(2)ウエストを太めに採寸する,スカート丈を短くするなど,通常を逸脱する制服は一切禁止する。(逸脱した場合は再購入する)
(3)白いYシャツを着用すること。

2.服装について
(1)特別な事情によりやむを得ず異装する時は,生徒手帳により異装顔を提出すること。
(2) 休日等に登校する際も特別な事情がない限り,制服を着用しなければならない。

3.制服の着用期間
冬服期間:10/1~5/31
夏服期間:6/1〜9/30
移行期間(5/20〜6/10,9/20〜10/10)については上記どちらの着用規定も認める。

夏服期間注意事項
(1)ブレザーは不要。夏ズボンと夏スカートは必着用。
(2)ポロシャツは禁止。白いワイシャツ(白ボタン)のみとする。
(3)ネクタイ・リボンは必着用ではない。ただし,式典行事・外部の来校者参加の行事の際は必着用。

冬服期間注意事項
(1)ブレザーにリボン・ネクタイ。冬ズボン・冬スカートを登下校時は必着用。
※第1ボタンを隠すようにきちんとする。
(2)防寒者のベスト・カーディカン等は着用可。ただし,上着の下に着用すること。
(色は白・黒・紺・ゲレー ・ベージュ(茶)の5色に限る。また,デザインはシンプルなもの。首回りはVネックのものとする)
(3)登下校時は必ずブレザーを着る。
(4)冬期服装はパーカー・スウェット・他校のジャージ・レッグウォーマーを禁止とする。
(5)レッグウォーマーやタイツの上からの靴下などは禁止。(登下校時のみ可)
(6)スカートの下にズボン等を穿くのは禁止。
(7)ジャンパー・コート類または,防寒者のフード付の型は,ブレザーの上からならOK。(例,ダッフルコート)は登下校において着用を認める。ただし,学生生活にそぐわない華美なものは禁止する。

夏時期.冬時期共通
(1)男子生徒の腰パン禁止。(ベルトの色・バックルも派手なものは禁止)
(2)指定外のネクタイ・リボン,上着ワイシャツ等は禁止。担任が預かり保管。
(3)ワイシャツの下に着るTシャツやキャミソールも派手な色ものは避ける。

頭髪・装飾・みだしなみ
(1) 男女共本校生徒として品位ある髪型とし,パーマ・染毛・脱色・エクステンション・過度なデザインカット等は禁止する。
(2)ドライヤー・アイロン等の使用で著しい頭髪の色の変化は認めない。
(3)カラーコンタクトの着用,マニキュア・化粧等はしてはならない。
(4)装身具は禁止する。 (例,ピアス,イヤリング,指輪,ネックレス,ペンダント,プレスレット等)
(5)本校生徒として品位あるみだしなみを心がける。

通学靴
革靴または運動靴とする。
禁止例(エナメル靴・ブーツ・ハイヒール・サンダル・げた等)

通学カバン
学生生活にそぐわないようなものは禁止する。

タイトルとURLをコピーしました