【神奈川】横浜緑ケ丘高等学校の校則

神奈川県から情報提供された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

標準服(制服)に関する規定等

標準服

※Ⅰ型とⅡ型は混合して着用しないこと

[Ⅰ型標準服](色は紺、左襟にバッジ、ブラウスは白)
スカートまたはスラックス 次の4点のいずれでもよい
・ボックスプリーツ 前3本、後3本
・24本プリーツ
・ジャンパースカート 
 えりぐり型
 かざりベルト(別ベルト)
 プリーツおさえミシン(ウエストより10cm位)
 前3本,後3本のボックス・プリーツ
・スラックス
 前ファスナー
 脇ポケット
 ベルトループあり
上着
前ダブル打ち合わせ
テーラードカラー
フラップポケット
後中心裾まで縫い合わせ
脇も裾まで縫い合わせ

[Ⅱ型標準服](色は黒の詰め襟)
指定ボタン付き

服装・持ち物

(1) 登下校時は標準服を着用する。
(2) 本校所定の標準服を着用する際は、Ⅰ型、Ⅱ型 (p.6 参照)ともに左襟にバッジをつける。
(3) Ⅱ型標準服(p.6 参照)は詰襟の学生服。本校のボタンをつけること。
(4) 夏季(6 月~9 月)には上着を用いなくてもよい。ただし、その場合は白シャツを着用する。更衣の前後や夏季気候不順の場合には上着の着用は任意。また、カーディガン・セーターの着用も認める。
(5) 校舎内の履き物について特に指定はないが、防災上の観点から、かかとを覆う靴の使用が望ましい。
(6) 体育館内では、本校所定の体育館シューズ(p.4 参照)を用いる。
(7) 授業用の体育着(p.4 参照)は、本校指定のものを着用する。
(8) 所持品には必ず学年・氏名を明記する。必要以上の金品を持参しない。特に教室を離れる際や部活動中の貴重品の取り扱いには充分留意する。遺失物は速やかに係職員ならびに学級担任に届け出る。ロッカーには各自で鍵を用意するのが望ましい。

タイトルとURLをコピーしました