【千葉】沼南高柳高等学校の校則

千葉県から交付された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

本校生徒は沼南高柳高校生であることの自覚に立ち,校則を守り,校訓を常に念頭におき学業にいそしみ,規律ある生活を送り,よい伝統と美しい校風をうちたてる。

1.一般心得

礼 儀:両親,来賓,教職員目上の人に対し心のこもった礼をすること。また,友人とは努めて挨拶を交わすこと。特に,朝と帰りの SHRでの挨拶はきちんと気持ちよく行うこと。
言葉遣い:はっきりと,丁寧に行うこと。
行 動:沼南高柳高校生としての誇りを常に持ち,何事にも積極的に対処すること。
反省:指導を素直に受け,反省する心を忘れず,人格の向上に努めること。

2.登・下校

(1) 通学に際しては,常に生徒手帳及び身分証明書を携帯し,休日であっても本校所定の制服を着用すること。(01装規程参照)
(2) 登校は時間の余裕をもって行うこと。(定刻 5分前には登校すること)
(3) 登下校にあっては交通法規を守り,他に迷惑をかけないようにし,安全第一に考えること。なお,ククシーでの登下校・乗用車等での送迎は禁止する。やむを得ない場合のみ,保護者による乗用車での送迎を認める。
(4) 自転車通学を希望する者は担任に申し出て登録をし,本校所定のステッカーを添付し,住所・氏名を明記すること。学校では定期的に自転車点検を行うので,必ず受けること。ブレーキ,ライト,鍵の整備を怠らぬよう注意すること。
(5) 不正乗車(電車・バス等)は絶対にしてはならない。
(6)通学途上において事故(交通事故,痴漢,恐喝等)に遭遇した場合は,直ちに警察 (110番)と学校に連絡すること。

3.校内生活

(1) 校内においては何よりも挨拶(会釈)を忘れないこと 。
(2) 遅刻者は職員室にて遅刻入室許可証をもらい,所定の事項を記入し,印を受けてから教室に行くこと。入室したら担任又は授業担当者の許可を得てから着席すること。許可証はその際提出すること。なお,やむを得ない遅刻(通院,事故等)については, (4)の欠席同様確実に学校に連絡すること。
(3)早退希望者は担任に申し出,早退許可証を得ること。帰宅後ただちに学校へ電話連絡し,帰宅した旨を伝えること。
(4) 当日急に欠席する場合は, 7時50分から 8時15分迄の間に保護者が直接学校へ電話をする。
(5) 外出希望者は,担任に申し出.外出許可証を得ること。
(6) 授業や特別活動に必要な物以外は一切学校へは持ってこないこと。
(7) 所持品には必ず記名すること。金品を紛失したり拾得した場合,担任に連絡し,生徒指導部に届
出ること。(盗難・紛失物届)
(8) 常に校内の清潔,整頓に心がけ,公共物を大切にすること。施設備品を破損した場合,担任に
届け出て学校の指示に従うこと。(破損届)
(9) 校内の掲示物に注意すること。生徒が校内に掲示したり文書を配布する場合,関係職員と生徒指
導部の許可を得ること。
(10) 下校時刻 (16時40分)を守り,用事のない生徒は早目に下校すること。ただし,特別活動等の生
徒に対しては次の時刻とする。
4月~10月…19時 11月~ 3月…18時30分
なお,下校の際は戸締りと消灯を忘れないこと。

4.校外生活

(1) 交通法規,交通道徳を重んずること。
(2) 外泊を伴う旅行は所定の用紙に記入し届け出をする。(旅行届)
(3) アルバイトを行う場合は所定の用紙に記入しアルバイト許可証を得ること。(アルバイト許可願)
(4) 未成年者立ち入り禁止の場所,不健全な場所(パチンコ店,酒類を扱う店)への立ち入りをしない
よう心がけること。夜間の外出,夜遊ぴは厳に慎まなければならない。特に23時以降, 4時までの
外出は厳禁とする。

5.その他

(1) 飲酒,喫煙,暴力,恐喝,不純異性交遊,無免許運転,薬物乱用などの違法・不良行為は,絶対にしてはならない。
(2) 事件・事故等に遭遇した場合.できる限り相手の連絡先等を確認する。
(3) いかなる行為によっても.自らの身体を傷つけてはならない。

交通安全について

1.自転車通学について

(1) 自転車通学は登録制なので,自転車通学届を担任に提出し,ステッカーを購入し,自転車に貼る。
また,自転車に住所・氏名を明記する。
(2) 自転車を利用して通学する者は,自転車保険等に加入することが好ましい。
(3) 高柳駅からの自転車の使用は認めない。
(4) 自転車は非常に不安定な乗物であることを自覚して,次の事項を守り,常に安全に心がける。
1 交通法規を正しく守る。
2 自転車は指定された場所に順序よく置く。
3 盗難防止のため,鍵は必ずかける。
4 自転車の整備点検に心がける。(変型自転車の使用は認めない)
5 雨天時は必ず雨合羽を着用し,雨傘をさしての片手運転はしない。
(5) 学校は自転車の整備状況等について定期的に検査を行う。また,学校の指示及び交通法規等に違
反した者は,使用を禁止する場合がある。

2.電車.バス通学について

(1) 電車,バス等の乗物内では高校生としての節度をわきまえて静粛にし,他の乗客の迷惑にならないようにする。
(2) 電車,バスの乗降は整然と行い,入口付近で立ち止まらない。
(3) 雨天や雪等,天候が悪いときは交通の遅延を考えて,早めの電車やバスに乗るようにする。

3.オートバイ,乗用車の運転免許証について

(1) 原付・自動二輪・普通自動車の購入及び免許証取得を禁止する。やむを得ぬ事情がある場合は特
別に許可することがある。
(2) 無免許運転や,無免許の者が運転する車輌への同乗は厳禁とする。
(3) 3年生に限り,学業成績等に問題が無い場合,次のとおり自動車学校の入校を許可する。
1就職内定者 (11月1日より)
2 進学先決定者及び就職未定者 (2学期期末考査終了後)
3 それ以外の者(学年末考査終了後)
その際,自動車学校入校(申し込み)許可証の交付を受けること。ただし,免許の取得は卒業後とする。

アルバイトに関する規程

アルバイトは学習活動及び健全な生活習慣の確立を阻害することが多いので,積極的に認めるものではな
い。しかし,必要が生じた場合は保護者と担任と十分相談の上,学校の許可を得てから行うこと。(アルバ
イト許可願)なお,アルバイトを行うときには家庭がその監督・指導等の責任を負うこと。
1.次のいずれかに該当する場合は原則とて許可しない。
(1) 21時以降の就業
(2) 身体に危険性のある業務
(3) 風紀上問題がある業務
(4) 学習成績の不振者
(5)生活行動に問題のある者
(6) その他校長が不適当と認めた場合
2.報酬を得ないで従事する家業及び親戚の業務の手伝いについても,この規程の趣旨を理解して行うこ
と。
3.許可された者であっても考査 1週間前から考査終了までのアルバイトは認めない。また学校生活
に支障を来すようであれば許可を取り消す。

服装及び頭髪に関する規程

1.服装及び頭髪等は常に本校生徒としての本分をわきまえ,質素・端正・清潔に留意すること。
2 本校制服(男子:ブレザー・スラックス・ネクタイ,女子:ブレザー・スカートもしくはスラックス・
リボン)は,学校指定業者のものを着用すること。なお,制服の変形や改造は認めない。女子のスカー
卜丈の基準は,膝顕にかかる程度とする。
3.夏季,冬季それぞれ定められた制服を着用する。
(1)夏季とは6月 1日から 9月30日までを原則とし,それぞれ前後 1ヶ月を移行期閏とする。
(2) 冬季の服装は
男子の場合…ブレザー,白の無地ワイシャツ,ネクタイ,スラックス
女子の場合…ブレザー,白の無地ワイシャツ(ブラウス可), リボン,スカートもしくはネクタイ,スラックス
夏季の服装は
男子の場合…白の無地ワイシャツ(開襟シャツ可),スラックス
女子の場合…白の無地ワイシャツ(ブラウス・開襟シャツ可),スカートもしくはスラックス
(3) 冬季コート類は高校生として適当と認められ,華美でないものとする。
(4) 通年でシャツの上に指定のニットベストの着用を認める。指定以外のベストの着用は認めない。
(5) シャツの下へ着用するT シャツ等は,華美でないもの.シャツの襟・袖からはみ出ないものとする。
(6) 靴下・ストッキングは.標準的でで華美でないものとする。
4.冬服着用期間(移行期間も含む)において,シャツの上に防寒用ニット類の着用は,指定のセーターニット・ベストのみとし,パーカー類の着用は一切禁止とする。また,ブレザーを着ずに指定のセーターを単独で着用しての登下校は認めない。
5.頭髪は清潔,端正を心掛け高校生としてふさわしい頭髪とする。なお,パーマ,着色,脱色,付け毛(エクステンション)は禁止とする。
6.ピアス,ネックレス,ブレスレット,措輪.マニキュア,化粧,カラーコンタクトレンズ等は禁止とする。
7.通学時カバンを持参すること。なお,ポーチ,エコバッグのみでの通学は禁止とする。
8.その他の服装頭髪等に関する事柄は,適宜指導する。

タイトルとURLをコピーしました