【千葉】印旛明誠高等学校の校則

千葉県から交付された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

生徒諸君が,真剣に学業を修得し,豊かな情操と健全な自治の精神を養うとともに,進んで校風の刷新と充実につとめ,秩序ある学校生活を実現するための次の規定を定める。

5 校外生活

(1) 校外にあっては、とくに服装やマナーに留意し、本校生徒としての品位を守り、他の模範となるように心がけなければならない。
(2) やむを得ない場合以外は夜間の外出はしない。とくに午後 11時以後、家族(保護者)の伴わない単独外出は、条例でも禁止されているので注意すること。
(3) 風紀上問題の起こりやすい場所への出入りはしない。
(4) 通学途中の生徒の事故は,居合わせた生徒はただちに学校と家庭に連絡をとり,適切な処置をとること。
(5) 友人や知人宅への外泊は原則として禁止する。やむを得ない事情があって外泊する場合も,保護者の指導と監督が確認されるものでなければならない。
(6) 外出する際はかならず保護者の許可を得るとともに,場所(行先),帰宅時間,同行者などを連絡しておかなければならない。
(7) アルバイトは、家庭の生計の維持や学業の継続に欠くことのできない場合、アルバイト許可願を担任に提出し,校長の許可を得なければならない。

服装(→服装規定)

服装は各自の品性や学校の風紀が自然に表れるものである。常に本校生徒としての品位を失わないように心がけ,次の規定を守らなければならない。
※衣替えの期間夏服 5月 1日から 10月 31日 冬服 1 1月 1日から 4月 30日
(1) 男子の制服
1上着
本校指定の(以下指定)のブレザーを着用する。また、着用の際にはネクタイをつけること。
2ズボン
指定のズボンを着用し,変型は認めない。
3ワイシャツ
指定のワイシャツを着用し,正装時は必ず指定ネクタイを締める。
4セーター・ベスト
指定のものを着用する。
(2) 女子の制服
1上着
指定のブレザーを着用する。また、ブレザー着用の際にはネクタイまたはリボンをつけること。
2スカート
指定のスカートを着用し,変型は認めない。
3ワイシャツ
指定のワイシャツを着用し,指定ネクタイ・リボンを着用する。(正装時は指定ネクタイ)
4セーター・ベスト
指定のものを着用する
(3) 学校の指定する日及びその日の服装
入学式および卒業式、その他式典等学校の指定する日は、指定のブレザー・ワイシャツ・ネクタイを着用し、女子は指定の紺のハイソックスを着用する。
(4) 靴下
男子は派手でないもの、女子は紺のハイソックスを着用する。女子は、ストッキングを着用する場合、黒または肌色とする。
(5) 防寒着
防寒用のコート・ジャンパーを着用する場合は、華美でないものとする。
(6) 履物
靴は男女とも黒か茶の学生用革靴または運動靴とする。校舎内の上履は指定の体育館シューズを使用する。
(7) 頭髪
男女とも高校生らしい髪型とし,パーマネントやカールなどは禁止する。また,染毛したり脱色したりすることは禁止する。
(8) アクセサリー
ピアス,イヤリング,指輪,プレスレット,ネックレス等の着用は禁止する。
(9) 化粧
化粧は禁止する。(リップクリームを使用する場合は,無色のものとする。)
(10) 鞄
登下校の際には,以下の条件を満たすバッグを所持しなければならない。手ぶらでの登校は禁止する。
1教科書・ノート・体操服等が入る大きさのもの。
2他校(中学校・高校)の校名がついているもの、ビニール袋・紙袋は禁止する。
(11) 異装
異装する場合は、担任を通じて「異装許可願」を生徒指導部に提出し許可を得なければならない。

服装規定

第 1条 この規程は,生徒に正しい服装を指導することを目的とする。
第 2条 生徒の服装は以下の通りとする。
    生徒心得の服装欄と同様

アルバイト規定

第 1条 この規定は,無許可のアルバイトを防止し,生徒のアルバイト状況を把握することを目的とする。
第 2条 アルバイトは許可制とする。アルバイトを希望する場合は、担任を通じて、次の書類を生徒指導主事に提出し,校長の許可を得る。
(1) アルバイト就業許可願(所定の様式)
(2) アルバイト条件同意書(所定の様式)
第 3条 アルバイト許可基準は以下による。
(1) 時期は原則として長期休業中とする。
(2) アルバイトを行う理由が適当であること。
(3) 生活態度ならびに学習成績に特に問題が無いこと。
(4) 業務内容が F記のものでないこと。
1 高校生にふさわしくない,風俗営業・飲酒などに関係する業務。
2 有害,危険な物質を取り扱う業務。
3 高所など、危険な場所での業務。
4 夜21時以降におよぶ業務。
第 4条 定期考査 1週間前および定期考査中は,勤務しない。
第 5条 この規定に違反した場合は,許可を取り消し,特別指導の対象となる場合がある。

タイトルとURLをコピーしました