【埼玉】鳩山高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

登下校

1 始業時刻10分前までに登校し、登校後は終業まで許可なく外出してはならない。
2 最終下校時刻は午後5時とする。ただし担任または顧問の指導する場合はその限りではない。
3 自転車で通学する者は、願い出て許可を受け、所定の登録票(ステッカー)を付ける。バイク等による登下校は禁止する。
4 登下校の途中で無益に時間を費やさず、安全に心がける。
5 休業日に登校する場合は、必ず事前に願い出て許可を受ける。
6 校舎は機械警備であるため、施錠後は校舎内に入れないので注意する。

礼儀

1 来校者に出会ったときは会釈し、対応には敬語を使い失礼のないようにする。
2 学校の内外に問わず、本校職員に出会ったときは、あいさつをする。
3 校長室、事務室、職員室等へ入るときは、ノックし、入退室の際は会釈する。
4 礼儀を守り、言葉遣いや行動は粗野にならないようにする。

校内生活

1 校舎内外は常に清掃し、整理美化に努める。
2 上履き・下履きの区別をはっきりする。
3 学校の施設・備品等を大切にし、破損・汚損・紛失等をしないように努める。もし、これらのことが起こった場合は直ちに学級担任又は係の教師に届ける。
4 盗難予防のため、各自の所持品には必ず記名し、その保管には十分注意する。
5 物品の盗難・紛失又は拾得した場合は、学級担任又は係の教師に届け出る。
6 授業の初めと終わりの礼は、正しく行う。
7 教室では静寂を旨とし、専心勉学に励み、学友に迷惑をおよぼすことのないように心がける。
8 遅刻して教室に入るときは、教師にその理由を申し出て指示を受ける。
9 教科書その他必要な教材を忘れたときは、担当教師に申し出る。
10 登校後の外出・早退及び欠課をする場合は、学級担任の許可を受ける。
11 欠席・遅刻・早退をする場合は、事前に所定の届出書に記入(保護者捺印)して学級担任に届け出る。やむを得ない場合は、事後に届け出る。
12 校内へ、学習上不必要なもの、特に遊びに類するもの(マンガ本・トランプ等)を許可なく持ち込まない。
13 教科書類は持ち帰る。
14 職員室・事務室・保健室・特別教室等には、必要な場合以外は、みだりに出入りしない。
15 校内における各種集会・印刷・配布・掲示・放送・販売等の行為は、事前に係又は学級担任を経て校長に願い出て許可を受ける。

校外生活

1 許可なくして校外の団体・研究会・集会・行事等に加入又は参加しない。必要がある場合は、学級担任を経て校長の許可を受ける。
2 生徒としてふさわしくない娯楽場・飲食店並びに喫茶店への出入りは禁止する。
3 旅行・登山・キャンプ・海水浴・スキー・スケート等を行う場合は、保護者の承認を得て、学級担任に届け出て指導を受ける。
4 飲酒・喫煙・薬物の乱用、その他法にふれる行為をしない。
5 生徒間でみだりに金銭、物品等の貸借、売買行為をしない。
6 校外において事故その他緊急なことが起こった場合は、直ちに学校に通報する。休業日又は夜間の場合は担任(学年主任)とする。
7 問題解決の手段として、いかなる場合でも暴力を用いてはならない。

服装

服装は別に定める「服装規程」に従うこと。事情により同規程に従い得ない場合は、学級担任に異装願を提出し、許可を受ける。

服装規定

男 子
(1)上 着…本校指定のものを必ず着用する。本校指定の校章を左襟に必ずつける。
(2)ズ ボ ン…本校指定のものを必ず着用する。
(3)ワイシャツ…標準的な白ワイシャツを着用する。
(4)カーディガン…着用する際は、本校指定のものとする。(※上着の下に着用する。)
(5)コート…色については、黒・紺・茶・グレー系統とする。
種類については、スクールコート(Pコート・ダッフルコート等)とする。ただし、部活動単位で揃えているものはこの限りでない。
(注)ジーンズ地のコート、ジャンパー、パーカーは禁止とする。
(6)通 学 靴…黒・茶の革靴、または運動靴・カジュアルシューズとする。
(7)靴下…白・黒・紺・グレー系統の無地のものでワンポイントまでは認める。
ただし、生徒としてふさわしいものとする。
(8)ベ ル ト…黒・茶系統の無地のものとし、華美でないものとする。
(9)帽 子…防寒及び防暑用のもので華美でないもの。
また、マフラー、手袋等も華美でないものとする。

女 子
(1)上 着…本校指定のものを必ず着用する。
本校指定の校章を左胸ポケットに必ずつける。
(2)スカー ト…本校指定のものを必ず着用する。
※スカート丈は膝の中心から上下5cmまでの範囲とする。
(3)カーディガン…着用する際は、本校指定のものとする。
(4)コート…男子の規定を準用する。
(5)通 学 靴…男子の規定を準用する。
(6)靴下…白・黒・紺・グレー系統の無地のものでワンポイントまでは認める。
ただし、生徒としてふさわしいものとする。
ストッキングは黒で無地のものとする。
(7)ベ ル ト…女子のベルトの着用は禁止する。
(8)帽 子…男子の規定を準用する。

注意事項
○学校生活に必要でないものは、禁止とする。
1アクセサリー類、カラーコンタクトの使用、化粧等は禁止とする。
2頭髪の染色、脱色、パーマ等、作為的に手を加えること、および生徒としてふさわしくない髪形は禁止する。(ヒゲ、モミアゲ等も含む)
リボン・ゴム・ヘアーピン類は黒・紺・茶とし、華美でないものとする。
○男女共、上履き、体操服上下及び体育館シューズ、グラウンドシューズは学校所定のものを使用する。
※制服着用期間は、冬服:10月~5月、夏服:6~9月、合服:5・6・9・10月とする。
男子は、夏服着用期間に限り、白ワイシャツでの通学を認める。なお、開襟シャツは認めない。

アルバイト

アルバイトは原則として禁止する。ただし、家庭の事情等により、やむを得ずアルバイトを実施する場合には、下記事項を勘案した上で、学業等にさしつかえない範囲内において届出をする。
1 本人の学業成績
欠点保有者は届出できない。なお全般的に成績不良である者は届出を認めない場合がある。
2 実施場所
健全なる場所であること。酒類を主として扱う飲食店、接待を伴う飲食店、パチンコ店をはじめとする遊技業、バイクや車を用いた配達業は届出できない。
3 開始時期及び期間
開始日は1年次の1学期終了以降とする。期間は年度ごととし、年度当初に再度届出をする。また、年度途中にアルバイト先を変更する場合は速やかに申し出ること。
4 就労時間
原則として、平日は 16 時から 20 時、長期休業中及び休日は 1 日 8 時間以内とし、夜は 20 時までの就労で 21 時までには帰宅することとする。
5 保護者の同意
アルバイトの内容、及び実施について保護者が同意し、就労にあたってはその責任は保護者が持つこととする。
6 目的・使途
アルバイトを実施しなければならない事情及び収入の使途が明確である。

携帯電話

1 携帯電話の校内での所持は認めるが、その使用については原則禁止する。
2 携帯電話の保管は、各自の自己責任で行う。
3 学校の指導指針に対して、違反が繰り返される場合には、携帯電話の一時預かりや校内所持の禁止を含め必要な指導措置が別途行われる。

その他

1 上記に定めるものの他、学校の指示に従うこと。
2 生徒がこの心得に違反した場合は、懲戒を受けなければならない。

諸届・諸願

1 様式は別に定める。
2 届書・願書はすべて校長あてとし、学級担任を経て提出すること。
3 傷病のため欠席・見学等が 1 週間以上にわたる場合は、届書・願書に医師の診断書か又はそれに代わるものを提出すること。
4 届書・願書には次のようなものがある。
(1) 諸届:欠席届、遅刻届、早退届、欠課届、忌引届、公欠届、見学届、住所(氏名)変更届、旅行届、紛失届、盗難届、拾得届、器具・施設破損届、アルバイト実施届
(2)諸願:休学願、復学願、退学願、再入学願、転学願、外出願、自転車通学許可願、休業日登校願、異装願、集会願、各種証明書交付願、生徒派遣・対外試合許可願、原動機付自転車通学許可願、教習所入所願、運転免許受検許可願・出席停止措置願

タイトルとURLをコピーしました