【埼玉】大宮商業高等学校(全日・定時)の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

全日制

服装規定

制服(本校指定)

〈男子〉

  1. 冬服として、ブレザー・ズボン・レギュラーカラーの白無地ワイシャツを着用し、ネクタイをつける。なおセーター又はベストの着用は任意とする。
  2. 夏服としてズボンにレギュラーカラーの白無地ワイシャツ(半袖可)を着用し、ネクタイをつける。なおセーター又はベストの着用は任意とする。

〈女子〉

  1. 冬服としてブレザー、スカート又はスラックス、角襟ブラウス、セーター又はベストを着用し、リボンをつける。
  2. 夏服としてスカート又はスラックス、角襟ブラウス(半袖可)の上に必ずセーター又はベストを着用しリボンをつける。
靴下類
  1. ソックスは白・紺・黒・灰色でそれぞれ無地のものとする。小さなワンポイント程度のものであれば可とする。
  2. 女子でストッキング・タイツを着用するときは、紺・黒・肌色で無地のものとする。肌色のものを着用する場合には、1のソックスも着用する。また、紺・黒のストッキング・タイツを着用する場合には同色のソックスを着用してもよい。
通学用靴
  1. 靴はデザインの派手でない黒・茶の革靴とする。布製や革製等のスポーツシューズでもよい。
コート・マフラー
  1. コートは濃紺・黒・灰色のハーフコート・ピーコート・ダッフルコートとする。
  2. マフラーは色柄とも華美でない者とする。
着用上の留意点
  1. 学校の儀式や行事、あるいは指定する学年行事に際しては女子は濃紺のスカート又はスラックスとする。夏服時でも男子はネクタイ女子はリボンをつける。
  2. 制服は購入時のままで着用すること。改造等しないこと。
  3. 衣替えは6月1日,10月1日とする。ただし、移行期間を含めて夏服は5月1日から10月31日までとする。

その他

  1. 学業に不要なピアス・イヤリング・ネックレス・ブレスレット・指輪などのアクセサリー類はつけないこと。
  2. 化粧及び化粧に類することはしないこと。
    1. 眉毛を剃ったり眉墨を塗ったりしない。
    2. 色付きリップクリームを含めて口紅を塗ったりしない。
  3. 携帯電話・スマートフォンに関する規則を守ること。
    1. 原則として校内では使用禁止とし、電源を切りバッグの中にしまっておく。
    2. SNSなどに不用意な写真や個人情報なドアをアップしない。また私的な意見や書き込みをしてトラブルを生まないよう注意する。
  4. アルバイトは学校に「アルバイト許可願」を提出し、許可を得てから行う。無断で行わないこと。
    1. アルバイトは1年生の1学期終了時までは認めない。
    2. アルバイトは健全なものに限る(居酒屋,就業終了時間の遅いものは不可)
    3. 成績不良等により以降の就業を認めないことがある。

定時制

定時制生徒心得

学業について

(1) 平 常 授 業 日 の 日 課 表 は 、 次 の 通 り と す る 。
給 食 1 6 : 5 5 ~ 1 7 : 3 5
S HR 1 7 : 4 0 ~ 1 7 : 4 5
第 1 時 限 1 7 : 4 5 ~ 1 8 : 3 0
第 2 時 限 1 8 : 3 5 ~ 1 9 : 2 0
第 3 時 限 1 9 : 2 5 ~ 2 0 : 1 0
第 4 時 限 2 0 : 1 5 ~ 2 1 : 0 0
部 活 動 2 1 : 0 0 ~ 2 2 : 0 0
(2) 各学年とも履修した科目をすべて修得すること に よ っ て 、 進 級 及 び 卒 業 を 認 め る 。
(3) 授 業 時 間 中 は 、 そ の 授 業 に 集 中 し 、 欠 点 を 取 るこ と が な い よ う に 最 大 限 努 力 す る こ と 。

学校生活及び日常生活について

(1) 伝統ある本校定時制の生徒であることを常に自 覚 し 、 誇 り を 持 っ て 行 動 す る こ と 。
(2) 法 律 に 違 反 す る 行 為 、 校 則 に 違 反 す る 行 為 及 び道 徳 に 反 す る 行 為 は 決 し て し な い こ と 。
(3) SNSの 使 用 に つ い て は 、 各 自 が 十 分 に 注 意 する こ と 。 な お 、 S N S を 使 用 し て 他 人 を 誹 謗 中傷 す る こ と は 、 絶 対 に し な い こ と 。
(4) 挨 拶 の 励 行 に 努 め る こ と 。
(5) 欠 席 、 遅 刻 等 を す る 場 合 に は 、 必 ず 保 護 者 か ら学 校 に 連 絡 す る こ と 。 ま た 、 登 校 し た 後 、 早 退す る 場 合 に は 、 必 ず 担 任 等 の 許 可 を 得 る こ と 。
(6) 登 校 し た 後 、 許 可 な く 校 外 へ 出 る こ と は 認 め ない 。 や む を 得 ず 、 校 外 へ 出 る 場 合 に は 、 必ず担任等の 許 可 を 得 る こ と 。
(7) 授 業 等 の 中 抜 け は 認 め な い 。
(8) 部 活 動 が 終 了 し た 後 は 、 速 や か に 帰 宅 す る こ と 。特 に 2 3 : 0 0 以 降 は 、 補 導 の 対 象 と な る 場 合がある の で 、 注 意 す る こ と 。
(9) 体 調 不 良 等 で 保 健 室 に て 休 息 す る 場 合 は 、 原 則1 時 間 を 限 度 と す る 。
( 1 0 ) 制服 は 特 に 定 め な い が 、 高 校 生 ら し い 服装 の 着用 に 努 め る こ と 。
( 1 1 ) 校 内 で は 、 指 定 さ れ た 上 履 き を 着 用 し 、 上 履 きに は 記 名 を す る こ と 。 ま た 、 体 育 館 シ ュ ー ズ を体 育 館 以 外 で 着 用 す る こ と は 認 め な い 。
( 1 2 ) ア ル バ イ ト を 行 う に あ た っ て は 、 学 業 優 先 で ある こ と を 忘 れ ず 、 学 業 の 妨 げ に な る よ う な 職 種及 び 時 間 帯 の 仕 事 は し な い こ と 。

給食について

(1) 給 食 は 希 望 制 と す る 。
(2) 給 食 を 受 給 し て い る 生 徒 が 、 給 食 を 止 め る 場 合には、5 日 前 ま で に「 欠 食 願 」を 提 出 す る こ と 。また、 給 食 を 受 給 し て い な い 生 徒 が 新 た に 給 食を 希 望 す る 場 合 も 、 5 日 前 ま で に 「 夜 間 学 校 給食申込書 」 を 提 出 す る こ と 。

タイトルとURLをコピーしました