【埼玉】川口高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

生徒の自己実現と本校の発展を期するため、生徒心得を定める。

服装・身なり

  1. 服装・身なりは集団生活における秩序と規律を守るために清潔・質素を旨とする。
  2. 服装は、「服装規定」及び「服装規定細則」による。

言葉遣い・態度

  1. 姿勢を端正にし、生徒らしい活発さと気品のある行為・行動をとる。
  2. 正しい言葉遣いに心がけ、特に年長者や先生には失礼な態度をとらない。

所持品

  1. 所持品・制服類全てに必ず記名し、貸借しないように努める。
  2. 学校に不必要な金品を持参しない。必要により持参した場合には、十分管理し、紛失・盗難を防止すること。万一、紛失・盗難にあったときはすぐに HR担任に届け出る。
  3. 身分証明書・生徒手帳は必ず携行する。

保健衛生

1. 規則正しい生活を送り、健康の保持増進に努める。
2. 校内の清掃・美化に努める。

生活一般

校内生活
  1. 挨拶を励行する。
  2. 時間に余裕をもって行動し、 5分前行動を実践する。
  3. 登校後は、許可なく校外に出ない。
  4. 授業や集会においては私語を慎み、場の秩序を乱さない。
  5. 携帯電話は朝読書から帰りのSHR終了まで使用禁止とする。
  6. 校内の行事や諸活動に積極的に参加し、自ら努力するとともに運営に協力する。
  7. 欠席・遅刻をする場合は、必ず保護者に学校へ電話連絡をしてもらう。
  8. 施設・備品等は大切に使用する。
  9. 政治・宗教的な活動は公教育の場としてふさわしくないのでしてはならない。
校外生活
  1. 常に本校生徒としての自覚を持って行動すること。喫煙・飲酒は厳禁とする。
  2. 高校生として、風紀上好ましくない場所には立ち入らない。
  3. アルバイトは、原則として認めない。特別な事情がある場合には、「アルバイト許可願」を提出し、許可された場合に限り行うことができる。
  4. 夜間の外出及び外泊は、厳に慎む。
  5. 学校が実施する以外で、保護者の引率のない泊を伴う旅行は、保護者と連署の上、「旅行届Jを担任に提出する。この場合、運賃の学割証明書を申し込む者は、学割証明書発行願をもって旅行届に代えることができる。
  6. 交通安全
    (1)登下校の際や日常生活において、交通規則を守り、自己の安全とともに他人の安全にも十分配慮する。
    (2) 原動機付自転車・自動二輪車・自動車による通学・学校活動への参加は禁止する。
    (3) 原動機付自転車・自動二輪車の免許取得・購入・運転を必要とする場合は校長に申し出る。
    (4) 詳細については、自動二輪車・普通自動車等の交通安全に関する規定を参照。
  7. 長期休業中は、学校で示す生活指針に従って行動する。
  8. 災害・事故・伝染病などが発生した時には、直ちに学校へ連絡する。
  9. 集会・行事等に参加する場合や各種団体に加入する場合には、保護者や担任と相談することが望ましい。

生徒のアルバイトについて

  1. アルバイトは、学業専念や健全な生活を送る観点から原則として禁止する。ただし、以下に掲げる事情が発生した場合には、本人・保護者の連署を以て許可を願い出ることにより許可する場合がある。
    1. 家庭の経済状況が困難であるため、生徒本人のアルバイトによる補填が不可欠である。
    2. 家業の後継者として、見習い等が必要である。
    3. 必要な免許を取得するための実務経験が必要である。
    4. その他、校長が特に必要と認めた場合。
  2. アルバイトの許可を希望する者は、アルバイト許可願(所
    定用紙)に必要事項(事業所名・業務内容等)を記入の上、
    担任を通して提出すること。条件を審査後、許可された者に
    はアルバイト許可証(所定用紙)を交付する。

服装規定

  1. 服装に関しての一般的な心得
    集団生活における秩序と規律を守り、健康で自主的な高校生活を過ごすために、服装・容姿は清潔・質素を旨とし、高校生としてふさわしいものとする。
  2. 服装等及び容姿に関して
    服装は、本校指定のものとする。また、それらを改造してはならない。
    制服及び容姿は、別表1及び 2の「男子服装規定細則」「女子服装規定細則」のとおりとする。
  3. その他
    (1)更衣は、 6月 1日(夏服)・ 10月 1日(冬服)をもって行う。
    (2) 週休日・祝日・長期休業中に登校する場合も制服を着用する。
    (3) 制服類には、紛失防止のため全てに記名をする。

別表1 男子服装規定細則

10月1日~ 5月31日
指定の上衣を着用。マーク入りのシャツ(長袖・半袖どちらでも可)を着用。
6月1日~ 9月30日
マーク入りのシャツ
(長袖・半袖どちらでも可)を着用。
指定のスラックスを着用。
ネクタイ指定のネクタイを着用着用しない
セーター着用する場合は指定のセーターまたは同型,無地紺色のセーターとする。
校章制服上衣左胸のエンブレムシャツ左胸マーク
コート着用する場合は紺・黒系統のPコートまたはダッフルコートに限る
靴下白・黒・紺等の華美でない単色のものとする。。ワンポイントは可。
ベルト華美でないものとする。
[下履き]黒・茶の短靴または運動靴とする。
[上履き]校舎内は指定の学年別上履きとする。つま先に記名する。
[体育館履き]体育館内は指定の学年別体育館履きとする。つま先に記名する。
頭髪清潔で簡素なものとし、染色・脱色・パーマなど手を加えてはならない。
ツーブロック等は禁止する。
装身具ピアス・ネックレス・ブレスレット・サングラス・カラーコンタクト・指輪等は一切禁止する。
更衣6月1日から夏服、10月1日から冬服とする。ただし5月,10月には移行期間を設けることがある。移行期間については生徒指導部が指示する。
備考男子服装規定に違反している場合は特別指導をする。

別表2 女子服装規定細則

10月1日~ 5月31日
指定の上衣を着用。
マーク入りのシャツ
(長袖・半袖どちらでも可)
を着用。
6月1日~ 9月30日
マーク入りのシャツ
(長袖・半袖どちらでも可)
を着用。
指定のスカート。または、希望により指定のスラックスを
着用。スカート丈は膝頭にかかる程度とする。
リボン指定のリボンを着用着用しない
セーター着用する場合は指定のセーターまたは同型,無地紺色のセーターとする。
校章制服上衣左胸のエンブレム。シャツ左胸マーク
コート着用する場合は紺・黒系統のPコートまたはダッフルコートに限る
ベスト着用する場合は本校指定のベストとする。
靴下白・黒・紺等の華美でない単色のものとする。(ルーズソックス・ニーハイソックスは禁止とする。)冬季は黒または肌色無地のストッキングを着用しても良い。ワンポイントは可。
ベルト使用禁止とする。
[下履き]黒・茶の短靴または運動靴とする。
[上履き]校舎内は指定の学年別上履きとする。つま先に記名する。
[体育館履き]体育館内は指定の学年別体育館履きとする。つま先に記名する。
頭髪清潔で簡素なものとし、染色・脱色・パーマ・エクステンションなど手を加えてはならない。
装身具ピアス・ネックレス・ブレスレット・サングラス・カラーコンタクト・指輪等は一切禁止する。
更衣6月1日から夏服、10月1日から冬服とする。ただし5月,10月には移行期間を設けることがある。移行期間については生徒指導部が指示する。
備考女子服装規定に違反している場合は特別指導をする。化粧は禁止する。

日課表

校時時間
〈予冷〉8:30
職員朝会8:25~8:35
朝読書8:35~8:45
SHR8: 45~8: 55
第 1時限8:55~9:45
第 2時限9:55~10:45
第 3時限10:55~11:45
第 4時限11:55~12:45
〈昼休み〉12:45~13:25
〈予鈴〉13:25
第 5時限13:30~14:20
第 6時限14:30~15:20
SHR15:20~15:25
〈清掃〉15:25~15:35
タイトルとURLをコピーしました