【埼玉】深谷商業高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

第 1条 (学校生活の目標)
生徒は学校生活を通して、平和的な国家および社会の有為な形成者として必要な資質を養い、健全な個性の確立に努めなければならない。次に掲げる生徒心得は現在の生徒を対象として具体的に当面の指標を示したもので、逐次改善してその完璧を期すべきものである。本校生徒は各自の自覚と反省とによってこれを実践しなければならない。

第 2条(服装)
服装は、別に定める服装規程を遵守する。

第 3条(礼儀)
1. 礼儀は相互敬愛の精神のあらわれであるから真心をこめてこれを守り、生徒としての品位を保つよう心がけなければならない。
2. 学校の内外を問わず先生及び長上に会った時は礼をする。又廊下等で会った時は軽く会釈する。
3. 生徒間においてもお互いに礼儀を重んじ、親しみ合い、かりにも粗暴な行為があってはならない。
4. 公衆道徳を正しく守らなければならない。

第 4条・(校内生活)
1.欠席、欠課、遅刻、早引等の場合はそれぞれ定められた形式により届け出なければならない。なお、忌引きについては学則第29条によるものとする。
2. 朝のホームルーム始業時までに登校しないときは、遅刻とする。登校後は放課後まで許可なくして校外に出てはならない。やむを得ず外出する場合は目的、外出時間等を外出許可証に記し、担任の許可を得る。
3. 放課後は各自の用事が終わり次第直ちに下校する。
4. 許可なくして団体を組織し、集会を催し、文書を発行し、あるいは金品を徴収したりしてはいけない。
5. 授業料その他の納金は指示の期限(学則23条)内に必ず納める。
6. 常に校内の美化をはかり、校内にゴミ等を捨てないこと。各HRに指定された受持区域の清掃は当番がこれに当たり完了後は監督教師の点検を受ける。
7. 週番は週番規定によりその任務を果たさなければならない。

第5条 考査時は次の受験心得を守ること。
1.机の配列は 6列とする。
2. 物品の貸借は禁ずる。
3. 筆記用具以外は教室の外におくこと。(下敷使用は担任の許可を得ること。)
4. 考査開始後30分以上経過した場合は、入室できないものとし無断欠席とみなし、その科目は零点とする。但し、交通機関の遅れ・降雪等の明確な理由がある場合は見込み点又は再考査の措置を執る。
5. カンニング等の不正行為はしてはならない。(生徒懲戒規定10条)
6. 携帯電話・電子機器等は電源を切り、所持しない。

第 6条 (校外生活)
1. 不健全な場所、溜場等の出入りはさけなければならない。
2. 登下校共に交通道徳を守り特に電車バスで通学する者は危険な行為や乗客に迷惑をかけるような振舞をしてはならない。
3. 風紀委員会の注意を素直に受入れ、かりにも本校の風紀を乱すようなことがあってはならない。
4. 一般社会の人々及び他校生徒と交渉をもつ場合はその私的たると公的たるとを問わず本校生徒としての誇りを持って良識ある行動をとる。
5. 外出の場合は行動予定を家庭に明らかにし、不慮の災害にあわないようにする。
6. 男女の交際は相互の家庭から了解を得られる健全なものとする。
7. アルバイトは原則として行わない。但し、行う場合は家庭の指導及び責任のもとで行ない、事前に所定の用紙に記入のうえ学校に届け出る。なお、職場の風紀や安全には十分注意する。
〔アルバイトをするうえでの注意事項〕
1. 職種、職場の決定は十分注意し保護者と相談する。
2. 夜間 8時以降深夜にかからないこと。
3. アルコールを主として扱う仕事、職場もさける。
4. 往復に危険のないこと。
5.定期考査一週間前はアルバイトは自粛し学業に専念する。

第 7条 (その他)
1. 品性を害する図書、新聞、雑誌等を所持し、これらを読んではいけない。
2. 建物、備品等を愛護し、破損した時は直にHR担任に申し出て事由によっては弁償の責を負う。
3. 拾得物又は紛失物は速やかにHR担任に届出る。
4. 校舎、校具その他学校備品を使用する場合はHR担任を通じ校長の許可を得なければならない。
5. 飲酒・喫煙・シンナー乱用は絶対にいけない。
6. みだりに金銭及び物品を貸借し、又は、物品を売買してはならない。

第 8条 授業以外の登校についても生徒心得及び交通安全規程を適用する。

服装規定

服装や容姿はその人の人格、教養を象徴するものであるから端正にし華美に流れないようにする。

男子服装

(1) 制服
ア.上着・スラックス
本校所定のものを着用する。10月 1日から翌年 5月31日の間は上着を着用して登校すること。ただし、 5月 1日から 5月31日・ 10月 1日から 10月31日の間は移行期間とし、本校所定のワイシャツまたは本校指定のベストでの登校も可能とする。
イ.シャツ
本校所定のもの[左胸(半袖)及び左袖(長袖)にイニシャル「FC」付きのワイシャツ]を着用すること。もしくは長袖または半袖の白色単色のワイシャツ(ボタンダウン不可)を着用すること。また半袖を着用する場合は、夏期とする。
ウ.バッジ
上着の右襟に本校所定の学年章のみをつける。
(2) 靴下
白色・黒色・紺色で無地のソックスを着用する。
(3) コート
着用する場合は、黒色・紺色・グレーで無地の通常のスクールコート及びピーコート・ダッフルコート系とする。ジャンパー系は禁止。
(4) ベスト・セーター・カーディガン
上着の下に着用する場合、黒色・紺色・グレーで無地とする。上着のかわりに着用する場合は、本校指定のベストのみ可能とする。その他のものは認めない。
(5)履物
ア.靴
革製の黒色・茶色又は布製で、かかとの低いものとする。エナメル製のものは、はかない。
イ.上履
本校所定のものとする。
(6) ベルト
黒色・茶色とし、極端に細いものは着用しない。
(7) 装身具
(ネックレス・指輪・ピアス等のアクセサリー)着用しない。また、化粧・マニキュアもしない
(8) カバン
学生カバン・スポーツバッグ等、通学用として端正なものを持参する。紙袋は、持参しない。
(9) 頭髪
清潔で高校生にふさわしいものとする。パーマ・カール・脱色・着色等は、しない。

女子制服

(1) 制服
ア.上着・スカート・スラックス
本校所定のものを着用する。10月 1日から翌年 5月31日の間は上着を着用して登校すること。ただし、 5月 1日から 5月31日・ 10月 1日から 10月31日の間は移行期間とし、本校所定のワイシャツまたは本校指定のベストでの登校も可能とする。スカート丈は、ひざがしらの範囲とし、一切の加工は禁止する。
イ.シャツ
男子と同じとする。ただし、女子については本校所定の夏期用ワイシャツは 2種類ある。
ウ.バッジ
上着の左胸に本校所定の学年章のみをつける。

(2) 靴下
男子と同じ。ストッキングを着用する場合は、肌色・黒色で無地とし、ソックスは着用しなくてよい。
(3) コート
男子と同じ。
(4) ベスト・セーター・カーディガン
男子と同じ。
(5) 履物
男子と同じ。
(6) 装身具
男子と同じ。
(7) カバン
男子と同じ。
(8) 頭髪
男子と同じ。
リボン・ヘアーピン等をつける場合は華美でないものとする。

付則

(1) 所持品には、学年・組・氏名等を明記しておく。
(2) 体育の授業は、本校所定のものを着用する。
(3) 在校中に限らず登下校の際(長期休業中も含む)も本規定を遵守する。
(4) ジャージ(運動着)等での登下校はしない。
(5) 特別の事情で異装する場合は、学校の許可(所定の異装許可願提出)または指示による。
(6) 制服(上着・スラックス・スカート・シャツ・ベスト)は、本校指定店より購入(手直しも含む)する。手直しの場合は、学校の許可(所定の許可願提出)による。

タイトルとURLをコピーしました