【埼玉】松山高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

1 登下校について
(1) 登校は所定の時刻に遅れないようにし、また、所定の下校時刻までに校門を出る。(登校時刻はバイクは10分前、自転車は5分前とする。
(2) 自転車通学者は自転車を所定の場所に整頓し、旋錠する。バイク利用者もこれに準ずる。
(3) 交通道徳は進んで守る。
(4) 下校時は生徒の品位を汚すような場所に出入りしない。
(5) 下校時刻は20時30分とする。

2 学業及び考査について
(1) 授業中は常に積極的な態度で臨み、お互い良い学習環境を作るようにする。
(2) 授業時刻に遅れぬように心掛ける。
(3) 考査には自己の全力を尽くし、正々堂々と受験する。

3 欠席・遅刻・早退・欠課・外出・忌引について
(1) 病気または事故等のため、欠席した場合、及び早退・遅刻の場合は、所定の届書をホームルーム担任に提出する。なお、病気欠席が1週間以上の長期にわたる場合には、医師の診断書を添える。
(2) 欠課の場合は、ホームルーム担任に申し出る。
(3) 放課前外出するときは、ホームルーム担任に申し出て外出の許可をうける。
(4) 親族が死亡した場合、忌引届をホームルーム担任に提出し、次の表に掲げる期間、服喪のため忌引を受けることができる。

死亡した者忌引日数
父・母5日
祖父母・兄弟姉妹3日
伯(叔)父母・甥・姪1日

校長は、前項の規定にかかわらず、必要があると認めるときは、表以外の親族が死亡した場合にも、必要な日数の忌引きを認めることができる。

4 学校施設の愛護について
(1) 学校の施設・設備その他公共物は大切に扱う。誤って破損紛失などをした場合は、速やかに関係教師に申出て指示をうける。
(2) 合宿などで施設・設備を使用する場合は、合宿規程にしたがう。
(3) 火災には特に留意し、火気を取扱う場合は関係教師の許可をうける。

5 団体集会、掲示等について
(1) 部活動等において他校生と交流を要するときは、関係教師に申出て校長の許可をうける。
(2) 学校内外で集会を要する場合は、関係教師に申出て校長の許可をうける。
(3) 校内において印刷物の掲示、配布または物品の販売、募金等をしようとする場合は、あらかじめ
関係教師に申出て校長の許可をうける。

6 服装・頭髪等について
(1) 服装は詰襟・黒地・所定のボタン付標準型学生服(公認マークの入ったもの)とし、バッジ(学年により色別)を左襟につける。制帽の着用は自由とする。
(2) 夏季(5月1日から10月31日まで)は、上着を着用しなくてもよい。その場合、バッジはシャツの左胸につける。
(3) オーバー及びコートをやむを得ず着用する場合は、学生らしく派手でないものとする。
(4) マフラー着用に際しては以下のことを守る
・華美なものでないこと(黒・紺・灰・茶色系統のものが望ましい)
・着用は登下校時のみとする。
(5) Yシャツの色相は白とし、衿付の物を使用する。
(6) セーターの色相は、学生らしく派手でないものとする。
(7) 登下校の際、履物は実用的で地味な革靴又は運動靴とし、それ以外のものを用いるときは、ホームルーム担任の許可をうける。
(8) 校内においては、上履きと下履きの区別を明瞭にし、上履きは本校所定の上履き(学年により色別)とする。なお、体育館においては体育館シューズを着用する。
(9) 体育の時間は、所定の体育服装(学年により色別)を着用する。
(10) 頭髪は端正、清潔なものとし、パーマや染髪・脱色は禁止する。

7 所持品について
(1) 所持品は努めて質素を旨とし、勉学に不必要なものは持って来ないようにする。
(2) 所持品にはすべて記名しておく。
(3) 金銭、物品の貸借は行わない。
(4) 盗難にあったり物品を拾得又は紛失したりした場合は、直ちにホームルーム担任に申し出る。
(5) 特別教室等に移動の際は、貴重品をすべてもっていく。

8 清掃について
(1) 清掃はホームルームの分担区域を毎日行い、終了後は、監督教師に報告し点検をうける。
(2) 清掃用具の管理は清掃委員があたる。

9 校外生活について
(1) 校外であっても、常に本校生徒であることを自覚し、言動、服装に留意する。
(2) 夜間の外出は必ず家庭の承諾をうける。
(3) 生徒の品位を汚すような場所に出入りしない。
(4) 外泊については保護者の了解を得る。

10 その他
必要な事項については学校の指示をうける。なお、保護者・保証人心得も参考にする。

タイトルとURLをコピーしました