【埼玉】春日部東高等学校の校則

情報公開請求で開示された2021年度の校則等のうち服装等の一部項目について内容を整理し掲載しています。

生徒心得

生徒心得は,学則第22条に基づいて定めたもので,学校の規律と秩序を維持し,よい校風を樹立するため生徒はこれを守らねばならない。

一般的事項

  1. 学問を通して真理を追求し,人格の完成を目指して努力する。
  2. 敬愛と協力によって明るい学校生活を営み,互いに人格向上に努める。
  3. 校則や社会の規則を尊重し,社会人として望ましい資質を養う。
  4. 諸活動を通して,ねばり強い精神力と,たくましい体力を養う。
  5. 校舎内外は常に整理整頓し,美化に努める。
  6. 喫煙飲酒,暴力行為等は,理由の如何を問わず,学校内外の別なく厳重に禁止する。

登・下校

  1. 制服に本校のバッジを着用する。
  2. 交通規則を守り,他人の迷惑にならぬよう心がげる。なお,自転車通学は許可制とする。
  3. 通常は 8時20分までに登校する。(各学年で推奨する登校時間がある。)
  4. 登校後の外出は,担任の許可を得る。
  5. 下校時刻は午後 5時を原則とし,教師の指導下にあるときは,下記まで延長できる。夏期 (3月~10月) 19: 15, 冬期 (11月~ 2月) 18:45
  6. 自動車・バイクでの登校は一切禁止する。

校内生活

  1. 教科学習には予習・復習をして真剣にとりくむ。
  2. 欠席・遅刻・早退は必ず担任に連絡する。
  3. 授業に遅れたときは担当教師に申し出て着席する。
  4. 教科外活動には積極的に参加し,自主的に活動する。
  5. 特別教室,特定の物品を使用するときは,担当教師の許可を得る。使用後は整理・整頓して報告する。
  6. 学校の施設・備品等の公共物は大切に使用し,紛失・破損した場合は,すみやかに担当教師に申し出て指示を受ける。
  7. 所持品には,全て学年・組・氏名を明記する。(学習・部活動に必要の無いものを持ち込まない。学習用具は毎日持ち帰る。)
  8. 金銭・貴重品は常に身辺から離さない。やむを得ない場合は担任等に預ける。
  9. 物品等の拾得・紛失・盗難の場合,ただちに担任又は係教師に届け出る。
  10. 校内での集会・掲示並びに雑誌・パンフレット・ビラ等の配布又は署名については,担任・顧問を経て,生徒指導主任・校長の許可を受ける。
  11. 火気を取扱うときは,必ず担当教師の許可を受ける。

校外生活

  1. 本校生徒としての自覚をもち,服装・言動に注意する。
  2. 外出の際は,行き先・用務又は目的・帰宅時刻・連絡方法等をあらかじめ家人に告げておく。又,夜間外出は家庭の承諾を受ける。
  3. 外泊は原則として禁止する。やむを得ず外泊する場合は必ず事前に保護者の了解を得る。
  4. 学校外の団体・研究会・集会・クラブ等への加入,又は出席する場合は担任・顧問を経て生徒指導主任・校長の許可を受ける。
  5. 泊を伴う旅行・登山・キャンプ・海水浴・スキー・スケート等をする場合は,保護者・担任・学年の指導を受け,校長の許可を受ける。
  6. 生徒として,ふさわしくない娯楽場・飲食店等への出入は禁止する。
  7. アルバイトは原則として禁止する。ただし,やむを得ぬ場合は,保護者と連署で校長の許可を受ける。
  8. 家族,又は近隣に災害や不慮の事故が発生した場合は,すみやかに学校へ連絡をして,指示を受ける。

頭髪

  1. 清潔を旨とし,高校生としてふさわしい標準型とする。
  2. カール及びパーマ類は禁止する。
  3. 原則として着色・脱色は禁止する。
  4. 男子の襟及び耳にかかるような長髪は禁止する。
  5. 女子は肩より長い場合は結ぶ。

服装

服装はその人の人格を象徴するもので,常に高尚・質素・清潔で本校生徒としての品位を保ち,登下校,他校訪問等の際は正規の服装を着用する。

〔男子〕
1.制服
(1) 学校規定のものとし,所定のバッジを着用する。
(2) 上着丈の長いもの,襟幅の高いもの,両脇チャック・背割れのものは禁止する。
(3) ズボンはベルトを使用し,裾の細いもの,又は太いもの,及び腰まわりが太くなっているものは禁止する。
(4) ベルトは黒・こげ茶・濃紺で,平らで光沢のないものとし,細いものや布製のものは禁止する。
(5) 夏期 (6月 1日~ 9月30日)は上着を着用しなくてもよい。

  1. シャツ…白無地のワイシャツとし,夏期は半袖・開襟でもよい。校章(アイロンマーク)は胸ポケットに着用。
  2. コート類… Pコート及び黒,紺色の無地のもの。
  3. セーター・トレーナー
    1) セーターの着用は10月~ 3月,防寒のために許可する。
    2) セーターは学校指定のものとする。
    3) 校内では上着を略して着用することができる。
    4) 上着を略し,セーターでの登下校は認めない。
    5) 購入は希望者とする。
    6) トレーナーの着用は認めない。
  4. 靴下…黒・紺・白で無地のもの(ワンポイント可)正装時(式や特別な式)は,白とする。
  5. 通学靴…黒の皮靴
  6. 上履…学校規定のもの(学年色)

〔女子〕
1. 制服
(1) 学校規定のものとし,所定のバッジを着用する。
(2) 夏期 (6月1日~ 9月30日)は上着を着用しなくてもよい。ただし布地ベストまたはニットベストは必ず着用する
2.シャツ…白無地のワイシャツとし,夏期は半袖・開襟でもよい。
3.コート類… Pコート及び黒濃紺を原則とする。
4.セーター・トレーナー…男子に同じ。
5.靴下
(1) 黒,紺,白で無地のもの(ワンポイント可)正装時(式や特別な式)は,白とする。
(2) ストッキングは黒またはベージュのものとする。(ハイソックス・ルーズソックス不可)(ハイソックスとはふくらはぎを半分以上越えるものとする。)
6.通学靴…黒の革靴
7.上履…学校規定のもの(学年色)

その他
1 マフラーは,華美なものは禁止。着用の場合に,必ずコートの中に入れる。
2 ニット帽は防寒用でも禁止する。
3 ネックウォーマーは,華美なものは禁止。
4 耳当(イヤーマフラー)は禁止。
5 カッパは,耐久性のあるものとする。
鞄……男女共,学校指定のバッグとする。

諸願.届

  1. 諸願・届はすべて校長あてとし, HR担任に提出する。
  2. 諸願・届の様式は別に定める。
  3. 次の場合は,それぞれ理由を記し,届け出る。
    (1) 欠席 (2) 遅刻 (3) 早退 (4) 忌引 (5) 生徒・保護者の氏名・住所変更 (6) 保証人の変更 (7) 拾得物(8) 紛失物 (9) 盗難 (10) 破損
  4. 次の場合は,学校の所定用紙に理由・目的等を記し,願い出る。
    (1) 休学 (2) 復学 (3) 転学 (4) 退学 (5) 旅行許可(6) アルバイト許可 (7) 異装許可 (8) 諸証明書下付
    (9) 生徒出張許可 (10) 学校施設使用許可(休業日)
  5. 諸証明書は,下付願を事務室へ提出して交付を受ける。
  6. 出張が許可された場合は公欠となり,出席扱いとなる。公欠とは次のような場合をいう。
    (1) 部活動の公式な会合及び試合出場
    (2) 就職・進学の受験等
    (3) その他,校長が承認した場合

その他

  1. 休業日に登校した場合には下記の事項に従う。
    土・日曜日,祝祭日等の休業日に学校を使用する場合には,学校施設使用許可願を提出し,許可を受ける。
  2. 身分証明書(生徒手帳)は常に携帯し, もし紛失した場合は,すみやかに HR担任に届け出る。
  3. 考査については,別に定める「考査心得」に従う。
  4. 上記に定めるものの他,学校の指示に従う。
タイトルとURLをコピーしました